« Wanna Be Startin' Something (2005年8月第一週) | トップページ | (I wanna be) Elected! »

2005年8月15日 (月)

Sukiyaki (2005年8月第二週)

二回目からちょっと湿りがちな話題になって恐縮ですが。8月半ばはいろいろと記念日があります。プレスリーの命日とか。今年は終戦60周年ということでこれもいろいろと盛り上がっているようですが。そしてやはり20周年となる日航機墜落の日も忘れられません。

 1985年当時、克也さんはTBSラジオで日曜昼12時から日航提供「JALミュージックツアー」をやっていて、事故のあと数ヶ月間、番組はタイトルからJALが消え、CM一切なし、しゃべりも静かになり、選曲もビルボードのナンバー1ヒットの特集や、ラブソング特集など、当たり障りのないものになったりして、大変でしたね。

B0000267kh01_sclzzzzzzz__1 あの坂本九さんも亡くなって二十年ということで。あの曲は、まずイギリスのあるレコード会社社長が来日中に聞いて気に入り、コピーを持ち帰ってジャズのインストロメンタルで録音させて自分の好きな日本食に因んで曲名を付けて中ヒット。その後ワシントン州のDJがそのタイトルで九ちゃんのオリジナルをオンエアし始めてローカルヒットになり、それがキャピトルレコードの社長の耳に届いて・・・という全く偶然のサクセスストーリーだったようですが、経緯はどうあれ、ピンクレディーもYMOもラウドネスも松田聖子もできなかった日本人歌手としてのアメリカでのナンバー1という偉業を彼は成し遂げたのです。宇多田も多分無理でしょう。

作詞は今、克也さんと土曜の朝の聴取率一位を争っている永六輔さん。彼が中村メイコとの恋に破れてあの歌ができたという話は本当でしょうか?B000002r0x01_scmzzzzzzz_ 82年に女性二人組Taste of Honeyのカバーがヒットして来日した際、まだ存命だった作曲の中村八大さんと彼は彼女二人からキス攻めにあって、八大さんは素直(すけべ?)に喜んだそうですが、永さんは歌詞を換えられちゃったからぜんぜん嬉しくなかったらしいです。

94年にカバーした4PMTaste of Honeyの曲だと思い、日本の曲だということは録音するときに知ったとのこと。それくらい世界に浸透している、日本の外に向けての国歌、といえるでしょう。小室哲哉も、できたら自分が作曲したかった嫉妬する曲、と言っていました。B000001fid01_sclzzzzzzz__1

御巣鷹山の墜落では、日本の洋楽ファンなら知る人ぞ知る悲しい損失がもう一つあるのですが、今日は長くなってしまったのでいずれ機会があれば。

|

« Wanna Be Startin' Something (2005年8月第一週) | トップページ | (I wanna be) Elected! »

60年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。(^^)
TB&リンクありがとうございます。
永六輔さんが中村メイコとの恋に破れてあの歌ができたという話、
初めて聞きました。
もし本当だったら、う~ん!ちょっと複雑

投稿: omiyage | 2006年11月27日 (月) 00時57分

omiyageさま、トラックバックお返事有難うございました
僕もこの記事を書くときに、永サンの話ははじめてききました。その後、周辺を当たってもあまり出てきません。本当のところはどうなんでしょう?
こちらこそリンクしていただいて有難うございました。

投稿: Prof.Harry | 2006年11月27日 (月) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/1245857

この記事へのトラックバック一覧です: Sukiyaki (2005年8月第二週):

» 私の好きな曲38、坂本九の「上を向いて歩こう(Sukiyaki)」(1963) [KINTYRE’SPARADISE]
バック・ナンバーはこちらでご覧になれます【世界で最も有名な日本の曲!】この曲は日本語曲として唯一米国の権威あるビルボード紙で1位を獲得している。多くの日本人アーティストが米国進出に挑んだが、ことごとく厚い壁に跳ね返された中でこの曲は『日本語で1位』とい...... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 22時42分

» ♪坂本九のゴールデン・ベスト [♪誰が聞くのか?]
昨日のディック・リーの記事で「ムスタファ」は「私にとっては幼い頃から慣れ親しんだ大好きな曲」と書きましたが、慣れ親しんだのはこのバージョンです。 「ムスタファ」繋がりで坂本九さんの記事を書くのも珍しいかも知れませんが、ホント大好きな曲です。 日本語のタイト..... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時48分

« Wanna Be Startin' Something (2005年8月第一週) | トップページ | (I wanna be) Elected! »