« Landslide | トップページ | Galveston »

2005年9月21日 (水)

It's Still Rock'n 'Roll to Me!

先週の続きで、911日という誕生日に責任を感じている(?)STYXのトミー・ショウの話。STYXって結成が72年くらいですけどまだやってるんですねえ。彼らを最後に観た、というか最後に日本に来たのが99年で、割と小さなライブハウスで観られたから、ライブのあとでサインをもらえたりちょっと話せたりしたんですね。

B000002gf601_sclzzzzzzz__1 STYXとして彼がその前に来日したのがアルバム Kilroy was Hereのプロモーションに来た82年で、当時はテレビでベストヒットUSA、ラジオでは赤坂局の深夜放送のサウンドストームDJANGOなんか、克也さん番組に出ずっぱりで、特にラジオのほうなんか克也さんが当時からよくやっているイントロクイズでアーティストの音楽的傾向を引き出すインタビューで彼がいじめられていたのを憶えていたので、そのことをトミーと話題にしてみたら、彼も良く憶えていたようでした。

B000002ll101_sclzzzzzzz__1  STYXといえばトミーとDennis DeYoungが二枚看板でしたが、そのKilroyのアルバムあたりから二人の意見対立が激しくなって解散状態になり、デニスはソロ活動に、トミーはソロを経てDamn Yankeesを結成。その後90年代初めにデニス中心で再結成し、数年後にトミーも加わる形で完全復活(ドラムのJohn Panozzoは逝去)、しかしまた内部で意見が合わなくなったのか、デニスの病気もあって彼はやめさせられる形になり、デニスとSTYXはそのバンド名の使用権をめぐり裁判になり完全に分裂。STYXはデニスそっくりの甲高い声のボーカル兼キーボードを新加入させて今に至っています。B00004xr6f01_sclzzzzzzz__1 B0002y4t3801_sclzzzzzzz__2

  最近では同じ中西部が拠点ということでREO Speedwagonと意気投合し合同ライブを頻繁にやっていて、最近もチケット売り上げをカトリーナ被災救援に寄付しているようです。STYXREOのジョイントライブはCDDVDにもなっていて、ベストヒットUSA世代には涙ものですね。他方デニスはSTYXの曲をクラシック風にシアトリカルにアレンジしたCDを発表したり、こちらも精力的です。

B000b5xzss01_sclzzzzzzz__1  このSTYXが辿った道のりは、今も生き残っている昔からやっているバンドの一つのパターンを作ってしまったような気がします。今 ZIP HOT 100Journeyの新曲が上がっていますが、やっぱりSteve Perry脱退後、彼にそっくりな声の後釜ボーカルを据えている。


 
B00003tkgk01_sclzzzzzzz__2B000002w9301_sclzzzzzzz__3    あと、やっぱりZIPのチャートに David Pack “Biggest Part of Me”というセルフカバーが数週間前まで入っていましたが、彼と彼のいたバンドAmbrosiaとの関係がデニスとSTYXとの関係を彷彿とさせます。80年代半ばにやはり解散状態になり、デビッドはソロに、もう一人の主要メンバーだったJoe Puerta Bruce Hornsby & the Rangeに参加(ベストヒットUSAにブルースとジョーがゲスト出演したときに、ブルースが「僕がアンブロージアのビデオに出演したことがバンドが解散した原因だ」なんて言ってました)。今またアンブロージアは再結成しましたが、やっぱりデビッドとの間でバンド名使用権に関して訴訟合戦があり、これもやっぱり、デビッドそっくりの声の後釜ボーカルを立ててライブに回っている。

  B0009w5j2s01_sclzzzzzzz__2            

B000002ljz01_sclzzzzzzz__1 CHICAGOPeter Cetera脱退の後、やっぱり声質音域がそっくりな Jason Scheffを入れたあたりから完成したパターンかなあ。他方、昔ながらのメンバーでできることに越したことはなく、そういうバンドもいろいろありますが、それに関する考察はまたの機会に回します。

B00000ddmh01_sclzzzzzzz__1  今回のタイトルは「昔の名前で出ています」にしようかとも思いましたが、悪乗りが過ぎますし、やっぱり洋楽に拘りたいので、いろいろあってもオジサンたちはまだロックンロールだ、ということで、ビリー・ジョエルのあの曲から頂きました。

|

« Landslide | トップページ | Galveston »

80年代」カテゴリの記事

スティクス」カテゴリの記事

ビリー・ジョエル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/1246326

この記事へのトラックバック一覧です: It's Still Rock'n 'Roll to Me!:

» We Will Rock You! [「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所]
23日のZIP HOT 100の「今日は何の日」で、「ピンボールの魔術師」Pin [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 20時57分

» Mr.Roboto★Styx/DennisDeYoung [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
ミスター・ロボット☆スティクス1983conceptalbumKilroyWasHereお勧めビデオクリップ♪Mr.Roboto★Styx/DennisDeYoungDomoarigato,Mr.Roboto,Mataah-oohimadeDomoarigato,Mr.Roboto,HimitsuwoshiritaiYou'rewonderingwhoIam-machineormannequinWithpartsmadeinJapan,Iamth...... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 20時38分

» 雨の曲(洋楽全般編) [3SIDES トゥ MUSIC]
なんか思ってたよりいろいろコメントいただいてありがとうございます! ほんとひとっつもコメントなかったらどーしようかと思った。。。 みなさまからいただいた「雨の曲」あとで整理しますね☆ 今度は洋楽全般?編です。 これまた思いつきでしか書いてないものなんで、 あとで「ああ!これが抜けてる!」とかあったりあとは なんだかへんな偏りを見せたりするかもしれません。 こりゃまた突っ込み、補足お願いします! ではいってみよー! ●Rainy days and Mondays ... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 01時39分

» 新譜レビュー2〜デビッド・パックの『TheSecretOfMovin'On』 [KINTYRE’SPARADISE]
人気blogランキングへアルバム名と曲名/『THESECRETOFMOVIN'ON』プロデューサー/デヴィッド・パック【デヴィッド・パックについて】デヴィッド・パックは1970年代の西海岸で主に活動した「アンブロージア」のメンバーであり、そしてソングライターでもあった。グルー...... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 09時43分

« Landslide | トップページ | Galveston »