« Never Too Much | トップページ | This Song »

2005年11月24日 (木)

Lowdown

ボズ・スキャッグスのライヴに行ってきました。

彼は1944年生まれだから61歳なんですねえ。還暦過ぎたお爺ちゃん。1980年ころはポール・マッカートニーが40歳になるってだけで大騒ぎしていたように覚えていますが、その彼も60遥か過ぎて今、全米ツアーをやって稼いでいるんですから、もう何も驚かなくなりました。もちろん克也さんも。俺自身もいつの間にか他人のこといっていられない歳だし。

  会場はライブハウス。この間はドーム球場へ音楽を聴きに行きましたが、実は大きな会場は好きではありません。小さいほうが音はいいし、アーティストが間近に感じられるのがいい。うまくいけばサインも集めやすいし。

 ボズは80年代の全盛期にはつくば万博にも来たし、ジョー・ウォルシュやマイケル・マクドナルドとジョイントで球場ツアーなんてのもあったし、88年の来日までは武道館を張ってたし、深夜だったけど民放テレビで1時間特番でライブ中継もやってました。そんな彼だから近くで見られるのはうれしいけど、やはりこの手のライブにしては開場前から相当の列ができており、入るのに苦労しました。

B00000dcgy01_sclzzzzzzz_  全盛期では、彼の80年のアルバム Middle Manに因んで、「中年」のロック、大人の音楽、とか宣伝されてたのを憶えてるんですけど、ミドルマン、ってどう考えても、仲介者、とか、媒介人、だと思うんですけどねえ。当時、現長野県知事の「クリスタル」路線でオシャレ音楽をいっぱい売っていたCBSソニーだったから、仕方ないか。それから20年以上は経つわけだ。

B00000252c01_sclzzzzzzz_

B00000256401_sclzzzzzzz_  そんな、AOR(日本で言うアダルト・オリエンテッド・ロック、または、あまりに・おしゃれな・ロック)の代表格的な扱いを受けていた彼でしたが、それは70年代半ばからの、「スロー・ダンサー」「シルク・ディグリーズ」「ミドルマン」と繋がる路線で大成功してそうなったのであり、彼の本質はそれを越えた多様性にあると思うのです。

72a8d250fca03ccbb2132010l スティーヴ・ミラー・バンドから音楽活動を開始したのは有名な話で、「慣れ」を嫌いバンドメンバーをすぐ首にする変人スティーヴと高校以来10年も長く付き合う。成功する前は、日曜日の20日がたまたま命日でZIP HOT 100の「今日が何の日」でも取り上げられたデュアン・オールマンとも競演したし、ブルース、サザンロック、フィラデルフィア・ソウルなんかに色濃く影響された音楽を作っていたんですね。

B000089hc701_sclzzzzzzz_

B000av2g0q01_sclzzzzzzz__1 彼の最新作は、日本では1996年に出ていたアンプラグドアルバムのFade into Lightがアメリカでは今頃になって発売されたようですが、録音としては2年前の、ジャズのスタンダードのカバーアルバム But Beautifulでした。彼のいいところは、それら多岐にわたる音楽全てがしっかりした音楽に聞こえて、試行錯誤に聞こえないことです。それだけ多様な基礎を持っている人だといっていいんでしょう。

ライヴも、日本で人気があるAORっぽいものと、ジャズ、ブルース、ソウルっぽいもののカバーとを交互に演奏する選曲でした。AORっぽいものでも「シルク・ディグリーズ」からの曲が中心で、「ミドルマン」や、映画のサントラからの曲は皆無でした。アンコールも、Bewitched, Bothered, Bewilderedというジャズのスタンダード。こんな選曲は、実は彼が、自分が最も成功していた時期を今どう思っているかの微妙な表れとなっているのではないでしょうか。

彼の「シルク」からの最大のヒットLowdownには「物事の本質」という意味もあります。

ちなみにZIPの某DJが、女性を二人連れてきて観ていました。

|

« Never Too Much | トップページ | This Song »

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

シンガーソングライター」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは Prof・Harryさん。ブログ管理名「和登さん」→「こんな風に過ぎて行くのなら」に変更しました。ニックネームも「和登さん」→まりに変更しました。おのろけを少なくして 中身をよくしようという魂胆です。「Lowdown」が「物事の本質」という意味だとは 私みたいな女の歌かと思ってましたが・・・勉強になりました。

投稿: まり | 2006年11月18日 (土) 15時21分

和登さんあらためマリさん、コメントありがとうございます。僕は漫画のキャラクターである和登さんのほうが好きですけど。いずれにしろ本名とはかけ離れているのでしょうからどちらでもいいような気もするのですが。気分転換というところなのでしょうね。僕の場合は自分を創るのが下手で、僕を知っていたら特定されてしまうようなハンドルでやっています。それでなくても本名が出てきてるのに。危ない危ない

投稿: Prof.Harry | 2006年11月19日 (日) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/1268491

この記事へのトラックバック一覧です: Lowdown:

» Boz Scaggs『Middle Man』 [音楽の園 music of my mind]
AORブームの火付け役Boz Scaggsによる大人のダンディズム『Middle Man』♪ 発表年:1980年 ez的ジャンル:キマリすぎ系AOR 気分は... :高田純次を見てBozを思い浮かべるのは僕だけだろうか? 『Middle Man』に憧れていた僕がスッカリMiddle Manになってしまった... 以前..... [続きを読む]

受信: 2006年4月28日 (金) 03時25分

» ☆ ボズ・スキャッグス ~ミドル・マン~     [♪ 音楽回顧録 ♪]
危うくCDを買うところであった・・・。 持ってたんだ。   ミドル・マン / ボズ・スキャッグス 結構、鼻声だったんですね・・・。 SIDE A   ジョジョ   ブレーク・ダウン・デッド・アヘッド   シモン (僕の心をもてあそぶ)   トワイラ... [続きを読む]

受信: 2006年4月30日 (日) 20時24分

» Boz Scaggs 「Silk Degrees」(1976) [音楽の杜]
AORの金字塔! 今更何の説明不要かと思います。ボズ・スキャッグスの、いやAORの不朽の名盤。 ジャケットから楽曲・アレンジまで、すべてがAOR。 1974年に発表された前作「スロー・ダンサー」で、よりフィリーソウルへ接近したボズが、本作ではEW&Fとの仕事で知られるジョー・ウィザートをプロデューサーに、またコンポーザーとしても深く関わることとなるデビッィド・ペイチをアレンジャーに迎えて発表したのが本作です。 引き続きソウルやサザンソウルがベースにあるのは間違いないのですが、それ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 22時12分

» Boz 3部作 [MUSIC8089]
Boz Scaggs 「Silk Degrees」 (1976年)           「Down To Then Left」 (1977年)           「Middle Man」 (1980年) ようやく Boz の3部作を取り上げることができます。 僕が Boz を初めて聴いたのは高校3年の時にリリースされた 「Middle Man」 からです。友人のT君に借りて 「大人の世界」 に触れたような気になりました。次に自分で 「Hits!」 買い、名曲の数々を知っていったんですよ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 21時16分

» 私の好きなアルバム2〜ボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』(1980) [KINTYRE’SPARADISE]
人気blogランキングへアルバム名/『MIDDLEMAN』(試聴も出来ます)発表年/1980年 プロデューサー/ビル・シュニー【ボズ・スキャッグスの近況】ボズはこのアルバム発売を機に、新譜の出るインターバルが長くなってきた傾向にある。AOR全盛の時代にあって、ボズの『SilkDegre...... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 09時34分

» ボズ・スキャッグス [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00302 ボズ・スキャッグスのベストアルバム『ヒッツ!』 高田純次のベストです。 「元気が出るテレビ」で一世を風靡した...嘘です。ボズです。 AORの看板選手としてボビー・コールドウェルと共に真っ先に名前が挙がるボズですが、意外と聴いてませんで...... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 21時49分

» ボズ・スキャッグス 2 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00561 ボズ・スキャッグスのアルバム『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』 献血ブーム到来です。 “ブーム”はオーバーとしても最近若い人の献血がかなり増えて来たらしいのです。 理由は単純!献血の後の飲物はもちろん、ハンバーガーやらお菓子が食べ放題....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 20時53分

» ボズ・スキャッグス 3 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00655 ボズ・スキャッグスのサードアルバム『ボズ・スキャッグス&バンド』 “器用貧乏” 昔の人は上手い事を言ったもんです。 このボズのアルバムを聴いているとふとそんな事を思いました。 AORの名盤『シルク・ディグリーズ』より5年程昔にリリー....... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 11時44分

« Never Too Much | トップページ | This Song »