« Only Sixteen | トップページ | I Walk the Line »

2006年2月23日 (木)

Happy Together

Earth_and_fire 先週のZIP Hot 100で、1971年のオリコンのチャートを紹介するコーナーで、アース&ファイアと言うアーティストの「シーズン」という曲があった。克也さんは、「これ、アース、ウィンド&ファイアのことだろ」とおっしゃいましたが、そうではなく、その時期に、ショッキングブルーのブームに便乗して出てきたオランダのグループにアース&ファイアというのが確かにいて、シーズンは日本のみのヒット、アース、ウィンド&ファイアとは全く別の存在だ、と指摘させていただきました。

これも十分紛らわしいですが、更に紛らわしい話。

エグザイルというおなじみのグループがいます。

 ついに愚息5歳も憶えました。毎週見ているアニメのテーマを担当するようになったから。

 Exile_1 でも、僕のような古いポップスファンにとって EXILEといえば。

 1978年に Kiss You All Overという全米ナンバー1ヒットを放ったグループ。いつまでもこちらのほうの印象が強い。

 こっちのEXILEはこの曲でポップスファンには一発屋として記憶されていますが、その後も結構重要な活動をします。80年代になってからカントリーに転向して復活。そっちの方面でヒット曲を多くはなっていましたし、他のアーティストにもカヴァーされるようになりました。


Huey_1Alabama_essential 同じカントリーではアラバマのTake Me DownThe Closer You Getそして、ヒューイ・ルイス&ニュースのSportsからのヒット曲 Heart and Soul などのオリジナルを歌っていたバンドでもあります。そしてこっちのエグザイルも、現在なお地道に活動しているようです。



Surface  サーフィスというJポップのグループがいますが、僕にとってSurfaceと聞いて最初に思い出すのは、80年代末期に Shower Me with your Loveとか The First Timeなどのヒットがあったソウル・バラード専門の三人組。こちらも現在地道に活動中。




Turtles  こちらは日本側のほうも多分消滅してしまったと思いますが、10年位前に、タートルズという女の子数人のアイドルグループがあったと記憶しています。Turtlesといえば、60年代末期にHappy Together の大ヒットがあり、他にもShe’d Rather Be with Meとかいい曲があるグループを、ポップスを知っている人ならまず思い出すでしょう。ちょっとサイケがかって、70年代にはフランク・ザッパのMothers of Inventionに吸収される。


Drifters_the_very_best_of Photo


 そして同名グループの極めつけは、なんと言ってもザ・ドリフターズ。これはいわずもがな。




Mrbigbritish_1

Mrbig__japandemonium  これは日本とは関係ありませんが、Mr.Bigといえば、ポール・ギルバートの、世界的には”To Be With You”が大ヒット、その後は日本御用達バンドみたいになる、あれを思い出しますが、70年代にはイギリスに全く別のミスター・ビッグがいたんです。基本的にハードロックバンドでしたが、一曲だけのヒットRomeoはアコースティックな曲でした。

Who_my_generation  ところが、例えば、19日のベストヒットUSAでミニ特集があったThe Who は最初はThe Detoursと名乗っていましたが、同名のグループがあるとわかって名前を変えた、という経緯があります。

 同じグループ名でも両方ともヒットが出せて、両方ともファンの記憶に残れば、「一緒に幸せ」なんでしょうが。

 こういうのの歯止めって何かないんでしょうか?

EXILEはグループとしては一発屋だったが、彼らのリズムを作ったのがオーストラリア人のMike Chapmanという名手で、そのエグザイルの曲に続いて立て続けにNick Gilder Hot Child in the Cityをナンバー1にする。リズムがファンキーで、この頃の同じ天才的なイタリア人ジョルジュオ・モロダー(ドナ・サマーのリズム作り)や、ナイル・ロジャーズ(シック)達が触発しあったことが、この時代のリズムを生んだんだね-小林

|

« Only Sixteen | トップページ | I Walk the Line »

ラジオ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

エグザイルに関しては、どうなんでしょうね~と思っていましたが
サーフィスまでいるんですか??なんとまあ・・・。
両者共活動中というのもビックリ!でした♪

投稿: けん | 2006年5月10日 (水) 05時23分

けんさん、即コメント有難うございます。
反応が素早い。それに、ずいぶん早起きなんですね。
なんかもっと他にも同じ名前のグループありそうですね。シュガーってのは両方とも日本か。

投稿: Prof.Harry | 2006年5月10日 (水) 19時38分

日本でTUBEがデビューしたとき、TUBESと紛らわしかった・・・ということはあまりなかったけれど、むしろ、CHERが一瞬「チャー」に見える・・・ってのは本当でした。(チャーはCHARですよね)
NEWSと言えば、ヒューイ・ルイスですよ、80'sオヤジにとっては(笑)

投稿: heavytopper | 2006年5月15日 (月) 23時51分

heavytopperさま。コメントサンキュです。
その後、グレッグ・キーンのラジオは聴いてますか?
ヤフーのランチキャストは、アーティストやアルバムがホームページ形式になってますから、アクセスしてただひたすら得点を入れていけばいいんですよ。
なるほど、TUBEがありましたか。まだまだありそう。
この記事を書いたあと、RHINOCEROSというのが日本にあることを知りました。洋楽ファンにとってRHINOCEROSとは、69年に「アプリコット・ブランデー」というのをヒットさせたロックインストロメンタルグループです。

投稿: Prof.Harry | 2006年5月17日 (水) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/1743176

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Together:

» ToBeWithYou ★ Mr.Big [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
トゥー・ビー・ウィズ・ユー☆ミスター・ビック曲が聞けます♪ミュージックビデオ♪ToBeWithYou ★Mr.BigHoldonlittlegirlShowmewhathe'sdoonetoyouStanduplittlegirlAbrokenheartcan'tbethatbadWhenit'sthrough,it'sthroughFatewilltwistthebothofyouSocomeonbabycomeon...... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 13時52分

» ミスター・ビッグ [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00010 ミスター・ビッグのベストアルバム『BIG,BIGGER,BIGGEST!』 ミスター・ビッグは個人的に丁度ハード・ロックから少し興味が薄れて来た時期にブレイクしたので、意外とキチンと聴いてこなかったバンドの1つです。 キチンと聴いて....... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 01時49分

» ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00215 ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースのサードアルバム『SPORTS』 「今、ロックの世界でアメリカの顔と呼べるのは俺とスプリングスティーンだけだね」 ヒューイ・ルイスが言った言葉です。 これは別に嫌味を言うつもりじゃなくて、当時は....... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 03時32分

« Only Sixteen | トップページ | I Walk the Line »