« My Way | トップページ | The Angry Americans(The Courtesy of Red White and Blue) »

2006年5月25日 (木)

You Haven't Done Nothing

恐ろしいタイトルで始まりました。

521日は、1962年、12歳のリトル・スティーヴィー・ワンダーが「フィンガーティップス」をライヴ録音した日ということで、「エド・サリバン・ショー」に出演した時の映像が流れました。

 「エド・サリバン・ショー」は今話題のGyaoでも観られますし、今度DVDシリーズが発売されるとのことで。そんな映像が残っていたんですねえ。

Stevie_wonder_early_classics_ 「フィンガーティップス」は、ポップスヒットチャート史上、ナンバー1ヒットとしては最年少記録であると共に、ライヴ録音のシングルレコードとして最大のヒット曲という記録も持っています。二つとも40年以上破られていない。

 克也さんも、その後のスティーヴィーの成長のことを「ちょっと力が入った」状態で熱弁されていらっしゃいました。

Stevie_wonder_uptight それから4年後の66年の”Uptight”の頃には声変わりも終わって、ほとんど今の声に近くなっていました。

 克也さんもおっしゃっていたように、彼が偉かったのは、かなり早い段階でモータウン。レコードからセルフ・プロデュース権を獲得していたところ。

Martha_vandellas_thev_ultimate_collectio 60年代のモータウンは、よく言えばいわゆるモータウン・サウンドとしてスタイルを確立しており、悪く言えば没個性状態。ベリー・ゴーディJrの徹底的な管理体制が築かれ、あたかもデトロイトの自動車産業の大量生産体制のように、音楽のスタイルを統一規格化していた。ヒット曲を量産したが、詩の内容はティーンエイジャーの日常や他愛のないラブソングが中心(マーサ&ヴァンデラスDancing in the Streetあたりは例外か?)、リズムもあの独特のやつが中心で、ブラック・バブルガム・ミュージックと呼んでもいいものだった。アーティストの個性を際立たせるものでは決してなく、よく言えばブランドのスタイルが確立したものであったが、どれも似たような感じであったこともまた事実。

Edwin_starr_the_very_best_of そんな中、60年代に黒人が経験した公民権運動やベトナム反戦が音楽にも影響し始め、ニュー・ソウル・ムーブメントが巻き起こります。彼らの音楽にも社会的な主張が強くなってくる。モータウンにもノーマン・ホィットフィールドのようなソングライターが台頭し、エドウィン・スター”War” 「黒い戦争」テンプテーションズ”Ball of Confusion"なんていう骨太のヒット曲が出るようになる。

Stevie_wonder_innervisionsMarvin_gaye_whats_going_on_1 そんな中で、スティーヴィーもシンセサイザーに目覚め、克也さんの一押し、社会的な攻撃性と美しさの混じり合った名盤 Innervisionsを発表し、都市部の黒人の生活の悲惨さを歌った”Living for the City”「汚れた街」が大ヒットを記録する。その少し前に、先月書いた、マーヴィン・ゲイ”What’s Going on?”の発表があり、やはり社会性を帯びてきたマーヴィンの音楽と、それを気に入らなかったゴーディとの軋轢が始まります。

 同じ時期、モータウンは音楽の変化以上の変化を経験する。モータウンとはmotor townつまり自動車産業の町デトロイトのことなのに、72年、本拠地をデトロイトからロサンゼルスに移してしまう。

Billy_joel_storm_front アメリカの経済の中心が西海岸に移っていく現象を象徴するかのような出来事で、ビリー・ジョエルの、戦後の出来事をラップみたいにして並べた”We Didn’t Start the Fire”「ハートにファイア」の歌詞の中にCalifornia baseballと出てくる、1958年のブルックリン・ドジャーズが西海岸の会社に買収されてロサンゼルス・ドジャーズになってしまったことがニューヨークっ子にとって大ショックだったのと同じように、モータウンレコードの移転で、デトロイトは死んだ、と言われました。

Various_artists_hitsville_usa また更に同じ時期、モータウンの古参だったフォートップス、グラディス・ナイト&ピップスなどが、管理体制に嫌気が差したのか、独自のスタイル追求のために次々とレコード会社を移籍する。

 また、そのように変化していくモータウンに対して、本当のモータウン・サウンドを追求するべく、モータウンのソングライターチームだったHolland-Dodger-Hollandは、デトロイトに残り独立レーベル Invictus/Hot Waxを立ち上げる。

Jackson_5_the_ultimate_collection この70年代初頭、ジャクソン5は、4曲連続のナンバー1を放ち、モータウンレコードの新たな顔となります。ベストヒットUSAのタイムマシーンのコーナーで、やはりエド・サリバン・ショーからの映像でジャクソン5が流れました。奇しくも同じ12歳の折のリトル・スティーヴィーとマイケル・ジャクソン。同じようなバブルガムっぽい印象を受けましたが、その間の10年近い隔たりはそれだけの変化を経ていたのでした。逆に言えば、ジャクソン5はゴーディの管理バブルガム路線の最後の踏襲者だったのかもしれません。しかしそのジャクソン5も、70年代半ばにはディスコやフィラデルフィア・ソウルからの影響がより濃くなります。

Stevie_wonder_fullfinlingness_first_fina そんなスティーヴィーとジャクソン5が出会ったのが、74年スティーヴィーのFulfillingness First Finaleという、やはり美しく攻撃的なアルバムの中の”You Haven’t Done Nothing”「悪夢」という曲。シングルとしても全米1位になっています。ジャクソン5はバックコーラスに招かれてdoo wopと繰り返すだけですが、これもスティーヴィーの当時の社会性を顕にした、ウォーターゲート事件を批判した曲。ニクソン大統領を、御託並べるだけで何もやってないじゃないか、と当時の雰囲気を代弁したような曲。とがっていた頃のスティーヴィーには、この「悪夢」をはじめ、「迷信」「回想」「疑惑」といった、漢字二文字の邦題がよく似合っていました。

Cars_heartbeat_city そうそう、それから、リクエストコーナーでCars “You Might Think”が流れました。初期のMTVビデオアワードに輝いただけあって何度観ても楽しく斬新なクリップですが、時間がなかったのか、Rick Ocasekが蝿になって女の子に近付いていく部分まで流れなくて残念でした。

 克也さんは触れられませんでしたが、その筋ではこのカーズの再結成、相当話題になっています。といっても、”Drive”などでリードヴォーカルをとっていたBenjamin Orr2000年に他界、リーダーだったリック・オキャシックも参加は見合わせたという。オリジナルメンバーで残っているのはギターのElliot Easton、キーボードのGreg Hawkesのみ。

Todd_rundgren_todd それで誰がフロントマンになったかというと、なんとあのトッド・ラングレン!!!

 そして彼のプロデュースしたバンド、ユートピアからベースのKasim Sultonを連れてきて、ドラムは元TUBESPrairie Princeという布陣だという。

 現在、ブロンディとのダブルヘッドライナーでアメリカをツアー中。

 バンド名もThe Carsではなく The New Cars。トッド・ラングレンはカーズのヒット曲をどれだけ歌っているのか?彼自身の曲はどういう扱いを受けているのか?それ以上に、どういう音になっているのか?

|

« My Way | トップページ | The Angry Americans(The Courtesy of Red White and Blue) »

60年代」カテゴリの記事

70年代」カテゴリの記事

スティービー・ワンダー」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
TBありがとうございました。
とても感激しております。

ところで、この記事の5月から随分たちましたが、
トッド・ラングレンのニュー・カーズはどんな感じだったのでしょうか?勉強不足のため、そのことも今回はじめて知りました。

興味津々です。

投稿: 波野井露楠 | 2006年8月28日 (月) 18時22分

波野井さま(苗字はこれでいいのかな?センスあるハンドルで笑ってしまいました)、トラックバック、コメントありがとうございます。まい・ふぇいばりっと・あるばむさんのところから飛ばせて頂きました。此方こそいきなり繋いでしまってすみません。
ニュー・カーズですが、まだ本物を見たり聞いたりはできていないんですけれど、演奏曲目を見たのですが、カーズの曲がほとんどで、トッドの曲として I Saw the Lightのみをやったようでした。
それから波野井さまの記事で、びっくりしたんですけど。
高島忠夫さん、まだ生きていらっしゃいますよー

投稿: Prof.Harry | 2006年8月29日 (火) 04時27分

こんにちは。
はい。苗字は波野井です(^^;)。
エドガー・アラン・ポーをもじって江戸川乱歩としたような、そんなイメージで考えました(^^;)。

ニュー・カーズは、トッドの曲は1曲なんですか。
でも、やっぱりすごいプロジェクトですよね(^^)。
貴重な情報ありがとうございました!

あ、それから、私はなにか勘違いしていたのでしょうか??
いやあ。お恥ずかしい&申し訳ない気持ちでいっぱいです(^^;)。
急いで訂正しなくては!!
こちらの指摘もありがとうございました(^^;)!!

投稿: 波野井露楠 | 2006年8月29日 (火) 09時39分

TBありがとうございます。波野井さんの記事でリトル スティービー・ワンダーを知ったわけで 勉強になります。ジャクソン5がバブルガム路線を踏襲とは 現在のマイケルの姿がそれを証明してるようにかんじますね。

投稿: まり | 2007年3月 7日 (水) 22時04分

まりさんコメントありがとうございます。ここに書いたモータウンの人間模様はもろ「ドリームガールズ」にあてはまってきますよね。映画のレビューは本スレに書きましたのでぜひ

投稿: Prof.Harry | 2007年3月21日 (水) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/2799034

この記事へのトラックバック一覧です: You Haven't Done Nothing:

» As [「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所]
10月16日放送のZIP HOT 100ではスティービー・ワンダーの曲が二曲ほ [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 20時30分

» What's Going On? [「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所]
僭越ながら、4月2日は私の誕生日でありました。  同じ牡羊座。克也さんの誕生日か [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 16時54分

» スティーヴィー・ワンダー 2 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00497 スティーヴィー・ワンダーのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』 土曜日の午後皆様如何お過ごしですか? 私は知っての通りこうしてブログを書いています。(笑) それにしてもスティーヴィー・ワンダーと言うのはどうしてこんなにも強る事が出....... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 18時00分

» スティーヴィー・ワンダー 2 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00497 スティーヴィー・ワンダーのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』 土曜日の午後皆様如何お過ごしですか? 私は知っての通りこうしてブログを書いています。(笑) それにしてもスティーヴィー・ワンダーと言うのはどうしてこんなにも強る事が出....... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 18時03分

» 「イエー!」 LITTLE STEVIE WONDER/THE 12 YEAR OLD GENIUS [波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~]
 イエーイ!研究授業の計画書(正式名は学習指導案(^^;))が仕上がりました!!直しも終わり、今日提出してきました(^^)。まだまだ、仕事の波は津波のように押し寄せてきますが、取りあえず1つホッとしました(^^)。  という訳で、今日は喜びの「イエーイ!」なのです(^^)。(最近は、プライベートでへこむことがあったり日本が勝てなかったりで、ずっとモヤモヤしてたのですが、今夜くらいは無理矢理にでもリラックスしたいと思います(^^;)。)... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 18時03分

» ■STEVIE WONDER / “INNERVISIONS” [GREATESTHITS RECCOMEND]
USED Price:¥1,260 SOUL LABEL:TAMLA (US)... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 11時21分

» ・I'llBeThere★Jackson5 [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
amazon試聴アイル・ビー・ゼア映像1アイル・ビー・ゼア映像2アイル・ビー・ゼア映像3I'llBeThere★Jackson5YouandImustmakeapact,wemustbringsalvationbackWherethereislove,I'llbethereI'llreachoutmyhandtoyou,I'llhavefaithinallyoudoJustcallmynameandI'llbethereI...... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 15時28分

» スティーヴィー・ワンダー来日公演!(チケット+座席) [Muse on Music.]
ビリー・ジョエル来日コンサートの興奮がまだ冷めやらぬ中ですが、今度はスティーヴィー・ワンダーの来日公演の情報が出ました~(「bounce.com」より)。 スティーヴィー・ワンダーの来日は3年ぶり。昨年、実に10年ぶりのニュー・アルバム『A Time 2 Love(タイム・トゥ..... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 12時25分

» ☆ スティービー・ワンダー [♪ 音楽回顧録 ♪ ]
             CDも買ってしまいました・・・             ファースト・フィナーレ / スティービー・ワンダー 1974年発売で、グラミー賞4部門獲得。  やさしく笑って  Smile Please 1000 億光年の彼方  Heaven Is 10 Zi... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 08時10分

« My Way | トップページ | The Angry Americans(The Courtesy of Red White and Blue) »