« The Best of Times | トップページ | S.O.S. »

2006年7月28日 (金)

With a Little Help from My Friends

Ringo_starr_his_all_star_band723日、1989年、リンゴ・スターが長年のアル中リハビリから復活してオールスターバンドとのツアーを開始した日。




Ringo_starr_blast_from_your_past

 リンゴの70年代のソロのヒット曲を集めたベスト盤 Blast from your Pastの裏ジャケに、地元の産婦人科医の言葉、として

You don’t have to be the first, but make sure that you are not the last

「一等である必要はない、ビリッケツでさえなければ」

と書いてあります。彼の座右の銘なんでしょう。

 ビートルズ時代の彼の発言にも

 「ファンに、四人の中で誰が一番好き?と尋ねたら、きっと僕は四番目になるだろう。でも、二番目に誰が好き?という質問だったら、僕が一番になるんじゃないかな」。 なんていうのが残っています。

 個性豊かだった四人の中で最も自己主張が少なく、音楽での才能も(?)だった彼。

 最初のドラマーで、人気者だったピート・ベストが、契約したレコード会社のプロデューサーからの条件でくびになり後釜で入ったとき、僕が悪いことをしたみたいだ、音楽が楽しめない、と言った彼。

 解散後、他の三人全てから楽曲提供を受けた。

 他の三人全てと一緒に演奏したのは彼だけ。

 彼は、解散後、点になってしまったビートルたちを線で結びつけることができた唯一の存在でした。

 オールスターバンドも、盛りを過ぎたミュージシャンの大集合のお祭りにも見えますが、そんなリンゴの人柄あったればこそロックスターたちが一堂に会することができたのでしょう。Ringo_starr_his_all_star_band_so_far

 オールスターバンドの企画はその後12年間続き、ゲストはそのたびごとに入れ替わり立ち代わりしますが(大きく深呼吸)

Dr.ジョン、レヴォン・ヘルム、ビリー・プレストン、クラレンス・クレモンズ、リック・ダンコ、ジョー・ウォルシュ、ニルス・ロフグレン、バートン・カミングス、デイヴ・エドモンズ、ティモシー・B・シュミット、トッド・ラングレン、ピーター・フランプトン、ランディ・バックマン、フェリックス・キャヴァリエ、ジャック・ブルース、ゲリー・ブルッカー、サイモン・カーク

なんていうそうそうたる顔ぶれが参加しました。

 その足跡をまとめたDVDを観てみますと。The_band_greatest_hits

 いきなり、リック・ダンコ、レヴォン・ヘルムのザ・バンドコンビによるWeightから始まります。

 他にも、ジョー・ウォルシュのRocky Mountain Way、サイモン・カークによるフリーの All Right Now、ジャック・ブルースによるクリームのSunshine of Your Loveなんかが入っています。そんな感じで、参加アーティストも自分の代表曲を披露したんでしょう。

 その間を縫って、リンゴもその贅沢なメンバーをバックに、自分のソロのヒット曲、Photograph, You’re Sixteen、ビートルズ時代に彼のリードで有名になった曲、イエローサブマリンなんかを挟んでいきます。

 リンゴのステージングは単調。曲のリズムに合わせて右手を左右にウエーブするだけのパフォーマンス。でも楽しそう。ビートルズの頃のライヴは、機材もよくなく、聴衆の悲鳴のほうが大きく、全く楽しめなかった。人前で歌うのを好きになれたのは割りと最近なんだそうです。Ringo_starr_his_all_starr_band_tour_2003

 最後はWith a Little Help from My Friendsの大合唱。

 僕はジョン暗殺の前から、四人の中で一番長生きするのはリンゴなんじゃないか、と思っていました。そう思っている人、案外多いのでは。年齢は上から二番目だけど、一番ストレスのない人生を送っているような気がする。不謹慎ですが、残りは二人、どうなるでしょう。

 運命にもたらされた幸運な人生を精一杯エンジョイしているのかも。

 そして、持つべきは友達。

|

« The Best of Times | トップページ | S.O.S. »

ビートルズ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今晩は Prof.Harryさん。ビートルズのジミキャラのリンゴ。オールスターバンドの メンバーが凄いですね!!人徳がなければ
集めれないメンバーばかり。でもビートルズ初来日で まっさきに
名前を 覚えたのも リンゴなんですよね。持つべきは友達!!
それにつきるでしょう。

投稿: 和登さん | 2006年9月22日 (金) 21時30分

和登さん、コメントありがとうございます。
ビートルズの来日は僕は実体験していません(ハイハイ始めた頃か?)が、リンゴが一番人気だったという話はよく聞きます。我々日本人にとっては名前が印象的で憶えやすいということだったんでしょうね。

投稿: Prof.Harry | 2006年9月23日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/3526239

この記事へのトラックバック一覧です: With a Little Help from My Friends:

» WithaLittleHelpfromMyFriends★TheBeatles [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ☆ビートルズ曲が聞けます♪WithaLittleHelpfromMyFriends★TheBeatlesWhatwouldyouthinkifIsangoutoftune,wouldyoustandupandwalkoutonme?LendmeyourearsandI'llsingyouasong,andI'lltrynottosingoutofkey.*Oh,Igetby...... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 13時22分

« The Best of Times | トップページ | S.O.S. »