« Stoned | トップページ | We Built This City »

2006年8月31日 (木)

Bang Your Head!

また映画の話をします。

今回は今公開中の「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」。

取材ドキュメンタリー映画です。

幼少の頃からメタル一筋、メタルの道を究めたかったけれど大学にはそんな研究科目はない、仕方がないから人類学を専攻して学者になった(なんか俺に似てるな)カナダ人のサム・ダン氏。自分はこんなにメタルにはまっていて、同じような若者もいっぱいいるのに、他方なぜメタルは多くの人々に嫌われ続けるのか、というテーマを探求するべく、世界中のメタル聖地に赴き、多くのアーティストにインタビュー取材を敢行する。

ダン氏のメタルへの造詣と思い入れの深さでできている映画ですが、人類学者としての分析、整理手法を生かした構成になっています。「起源」「ファンの主張」「宗教と悪魔崇拝」「暴力」「自殺」「性と性意識」などのサブタイトルを付された10以上の細かいチャプターに分けられており、論文を読んでいるみたいで、同業者としてニヤっとしました。

ある映画を観ながら他の映画を思い出して比較してしまうのは悪い癖で。メタルやロックにまつわるファンと旧世代の人たちの感覚の違いはよくテーマになり、最近では熱血先生の「スクール・オブ・ロック」とか、キッスがライヴにやってくる街の若者たちの青春の一夜を描いた「デトロイト・ロック・シティ」など。

でもこの「ヘッドバンガーズ」をみていて一番思い出していたのは、音楽映画ではない、マイケル・ムーアの一連の映画。特に「ボーリング・フォー・コロンバイン」。

発案者自らが取材、脚本、監督、ナレーションと、形態、手法が全く同じであることは言うまでもありません。ダン氏の取材はムーアと違って全てアポありだったみたいですが。

「コロンバイン」でも、高校での銃乱射事件を起こした生徒はマリリン・マンソンのファンで、音楽の内容の暴力性が若者を暴力に駆り立てるとの批判があり、リーバーマン上院議員ら政界からも攻撃の矢面に立たされ、ムーアもマリリン・マンソンにインタビューするシーンがありました。

Twisted_sister_big_hits_and_nasty_cuts_1メタルの歌詞の暴力性と実際の暴力との関係は「ヘッドバンガーズ」でもテーマになっていて、やはり同じように政治の世界で取り上げられるシーンが出てきます。80年代にできた「父兄音楽情報源センター(Parents Music Resource Center=PMRC)」という組織。後に副大統領夫人となるティッパー・ゴアが座長で、議会でも公聴会を開き、トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーを証言者として召喚して糾弾した。ここでも、アーティストと批判者の議論は全く平行線を辿ってしまう。

それから、「ヘッドバンガーズ」でもダン氏は”polarized”「極化された、二分化された」という言葉をよく使っていましたが、ムーアが描き出したアメリカ社会も政治的、文化的な二分化、極化現象が特徴だったのであり、メタルの文化は極端に好き嫌いが分かれ、その傾向を最初から持っていた、ということで、共通性が見出せます。Iron_maidan_essential

そのように、メタル文化を「科学」した映画で、それは社会全体を映し出す鏡であるかもしれないと暗示しています。バックに流れる音楽も例によってギンギンで(でも想像したほどではなかった。音楽を聴かせることそのものが目的ではないから)、進行も手際よくあきさせません。眠っていられません。Black_sabbath_greatest_hits_

メタルの起源のアイアン・メイデンのブルース・ディキンソン、ブラック・サバスのトニ・アイオミ、アリス・クーパーに始まり、現在に至る代表的なアーティストを網羅したインタビューも売りでしょう。ロニー・ジェィムス・ディオが自宅でインタビューを受けていましたが、調度品で綺麗に飾られており、アウトローのイメージのあるメタルロッカーもこんないい生活をしているのか、と意外でした。Alice_cooper_the_best_of

取材が全世界に広がっており、特に僕みたいに一アメリカ、二イギリスで聴いている人間にとっては、ヨーロッパの事情が紹介されていたのは興味深かった。アメリカのメタルの主張やパフォーマンスは弱まる傾向にあるのに、ノルウェーのブラックメタルはますます反宗教色、暴力性を露にしており、連続教会焼き討ち事件や殺人事件を起こしており、良きにつけ悪しきにつけブラックメタルは国民が広く認知するにいたっている。

僕にも、どこかスポンサーがついてくれて、音楽取材をさせてくれないかなあ。Dio_the_very_beast_of

メタル文化は自己完結的であるからこそ、周囲からの強い嫌悪を受けても生き延びられるとの結論が見えたようですが、なぜ二分化、極化といわれるほど好き嫌いがはっきりしてしまうのかに関しては最終的な結論は見えていなかったような気がします。メタルヘッドバンガーの旅はまだ続く。Quiet_riot_greatest_hits

Bang Your Headは、映画には出てきませんでしたがクワイエット・ライオットのヒット曲。レッド・ツエッペリンの初期のライブで、ステージ近くにいたファンが頭を打ち付けるような動きでノッていたのが広まり、ヘッドバンガーズとはメタルファンを指すようになった、とのことです。

Eagles_hotel_californiaそれから関係ないネタを。827日のベストヒットUSAのリクエストコーナーで、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」がかかりましたので。あの名曲の有名な12弦ギターのイントロ、コード進行は、BmF#7AEGDEm7F#7(第7フレットにカポタストでEmの形をキー)ですが、この進行の調を変えて、二拍ずつ縮めると、ピンクレディ「ウオンテッド~指名手配」の、「わたしの胸の鍵を~壊して逃げていった~あいつはどこにいるのか~盗んだ心返せ」のあの歌い出しの部分になります。ギターやる方はお試しあれ。

このことに果たしてどれくらいの人が気付いているんでしょう。イーグルスの録音は76年、ヒットは77年、ピンクレディは77年。

うまくやりましたね、都倉さん。

|

« Stoned | トップページ | We Built This City »

イーグルス」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます^^
なるほど~、学問としてヘヴィ・メタルを扱い、映画として表現した方がいたんですか。。。私は学問の世界はよくしりませんが^^ゞ、以前(と言っても大分前ですが)日本の学者さんが、「中森明菜と松田聖子」みたいな論文(本)を出したと記憶していますので、学問として研究するのはアリなんでしょうか?
映画には全く疎い私ですが、興味深く読みました。レンタルできるのかなぁ・・・

投稿: shige | 2007年1月14日 (日) 17時23分

Shigeさん、コメント。トラックバックありがとうございました。
まだDVDは出ていませんが、近日リリースのようですよ。そうしたら手に入るし、レンタルにも出るのではないでしょうか。映画というより完全なドキュメンタリーです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000JVSVHY/250-1717217-7611468

shigeさんのところも、コメントやトラックバック、遅れていないよう出遅れているんですね。安心しました。スパムはうざいですよね

投稿: Prof.Harry | 2007年1月16日 (火) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/4144396

この記事へのトラックバック一覧です: Bang Your Head!:

» イーグルス「ホテル・カリフォルニア」 [にゃんこの独り語り]
初回レビュー:2003/07/08 Eagles / Hotel California 1976年のヒット。傑作です。昨日、聞き直してみたら、やたらとギターの人数が多い感じなのね。自分はテクもないので、適当に中途半端なコピーとかしたりしてい... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 22時15分

» 「ステイ・ハングリー」:ツイステッド・シスター [「洋楽と美味しい水」のshigeland]
小学校5年(の頃だったと思います^^ゞ)に初めてラジオの深夜放送を聞いて以来、洋楽・邦楽を問わず新曲情報を仕入れるのはラジオに頼っていました^^。だからというわけではありませんが、当時私がはまる曲は、メロディ(と一所懸命追いかけた^^ゞ)歌詞に特徴がある曲が多かったように思います。... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 17時20分

» ブルース,アイアン特集 [関西サーファーの為の波情報]
ブルース,アイアン特集 をしてみました。トラックバック、ならびにコメント宜しくお願いします(^^♪ [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 13時46分

« Stoned | トップページ | We Built This City »