« Southern Man | トップページ | Another Rainy Day in New York City »

2006年9月28日 (木)

Pick Up the Pieces!

克也さんに洋楽パラノイアの称号(?)を賜ったハリー教授(日本名が、あなみはるや、だから)の音楽的日常を綴るこのコラム、今回はライヴのお話。

926Average White Bandのライヴに行ってきました。

Average_white_band_essentials といっても、御存知の方が少ないのかもしれません。このライヴ、チケットの売れ行きが芳しくなかったみたいで、二回しのライヴだったのですが、一回目の観客には入れ替え、追加徴収なしで二回目も観られるというサービスがついてしまいました。二回とも観られたのはファンとしては得した気分と残念さが混じりあった複雑な気分です。

Jamiroquai_travelling_without_moving

 僕個人としては、このバンド、ジャミロクワイの先駆けとして位置付けていいんじゃないかと思っています。



Parliament_tear_the_roof_off_19741980

 ジェイ・ケイは、白人青年ですが、やっていることはスティーヴィー・ワンダー、ジョージ・クリントンあたりにモロ影響を受けたUKソウル・ファンク。


Righteous_brothers_reunion_1

 その昔、ライチャス・ブラザーズやホール&オーツなど、白人がソウル、R&Bをやる場合、ブルー・アイド・ソウルなんて言葉がありましたが、ジェイ・ケイはもはやそんな言葉は必要としない、ソウル・ファンクの感覚そのものを受け継いでいる。

 このAWBも、スコットランド出身、70年代に活躍した白人ソウル・ファンクバンド。しかし彼らも、ブルー・アイド・ソウルであるはずが、当時からそんな言葉をすっ飛ばして普通のファンクグループとして扱われることが多かった。

Average_white_band_cut_the_cake メンバーの共通の友人の英国人外交官で、「アフリカのXXという国のあたりは平均的白人には暑すぎる」という口癖の人がいて、そこから名前を頂いたそうですが、知らないで聴けば黒人がやっていると思うような音を「平均的白人」が演っている、という自己諧謔だったのでしょうね。

72年結成ですから30年以上のキャリア、途中80年代半ばには解散状態になっていまい、今回もオリジナルメンバーは二人だけでしたが、まだまだ現役で全盛期と全く同じ音を聞かせてくれる。嬉しいことです。

 オリジナルメンバーの生き残り、アラン・ゴーリーのファンキーなベースと、サックスを中心とした音作り、演奏曲目、というか今まで録音されたレパートリー全体もそうなのですが、インストロメンタル半分、ボーカル入り半分です。

Chaka_khan_epiphany_the_best_of 知られている曲も何曲かあるはず。ネッド・ドヒニーがオリジナル、チャカ・カーンがカバーしてヒットしたWha’cha Gonna Do for Me?はネッドと、AWBのオリジナルメンバー、ハミッシュ・スチュアートとの共作で、バンドのレパートリーでもあります。

56年前にルイーズという女性歌手がカバーしたLet’s Go Around AgainAWBの曲。

 アイズレー・ブラザースのカバー、Work to Do

 それから、そのアラン・ゴーリーはダリル・ホールとのコラボレーションも有名です。AWBもホール&オーツも最初のレコード会社はアトランティックで、ともに先般急逝したアリフ・マーディンにプロデュースを受けたことがあり、デビュー時から親交があったという。Daryl_hall_soul_alone

 そして、ダリル・ホールのソロアルバムの中で最も評価の高い93年の「ソウル・アローン」。

ダリルのソウル色が最も強く現れたアルバムでしたが、そのうちの半分はUKソウルを意識してロンドン録音、その全部をアランと共作し、アランもバックで参加しています。

 そしてAWBといえば75年の全米No.1ヒット, Pick Up the Pieces。サックスとベース中心のファンキーなインストロメンタル、AWBの真骨頂、ディスコブームがらみでの大ヒットでした。

 克也さんの文化放送の「ポップ・イン・ポップス」の前番組、「土居まさるのポップス・ナンバーワン」がテーマに使っていました(我ながら変なことをよく憶えているなあ)。

 ちなみにこのPick Up the Pieces、主旋律はずっとサックスで、普通に聴けばどう聴いてもインストロメンタルなのですが、例えばビルボード誌のヒットチャートではインストとしては記録されません。なぜかというと、pick up the pieces!という掛け声が数回入っているからです。人間の声で、意味を成す言葉が入っている場合、インストとしては扱わないのだそうです。Herb_alpert_rise

Mfsb_all_in_the_family  例えばハーブ・アルパートの79年の全米No.1ヒットRise は、人の声は入っていますが、意味をなさない笑い声なのでインストとして扱われる。


MFSB74年の全米No.1ヒット、TSOP, The Sound of Philadelphiaもほとんどインストですが、曲の最後にスリー・ディグリーズの Let’s get it on, it’s time to get downというコーラスが入るためインストではない。

 さて、この流れで、ビルボード誌が最も歌詞の短いNo.1ヒットとして記録しているのは何でしょう?

 Champs_greatest_hits_tequila50年代の、チャンプスというグループの、「テキーラ」という曲です。聞いたことありますか?テキーラ!という掛け声しか入ってない。

 この曲についてもいつか書く機会があるかもしれません。

話が逸れましたが。

Major_harris_the_best_of ライヴは、二回ともそのPick Up the Piecesがオオトリに使われ、大盛り上がりでした。ファンキーな曲中心、だけどメローに聞かせるときは聞かせる。Major Harris “Love Won’t Let Me Wait”のカバーなんかもやっていました。ちなみにこの原曲は女性のうめき声が入っていてエロい。

 僕は彼らの曲で一番好きなのは、アレサ・フランクリンに捧げたQueen of My Soulという奴なのですが、これが聴けなかったのは残念でした。

 こっそり書いてしまうと、先ほどの二回し入れ替えなしの話、一回目の聴衆は40人くらいでしたが、そのほとんどが残り、最終的には二回目に入ってきた人とあわせて80人くらいになりました。演っているほうは二回しとも同じだとつまらないので演奏曲目は入れ替えるのですね。聴衆は少ない分、熱心なファンキーおじさんたちが集まっていて盛り上がっていました。

|

« Southern Man | トップページ | Another Rainy Day in New York City »

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

ホール&オーツ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
懐かしい曲満載でコメントするにも迷ってしまいます。
土居まさるのポップス・ナンバーワン、(たぶん)小学生時代に布団の中でこっそりと聞いていました。大橋巨泉のDJも聞いたことがありますが、時代がわからない、、、

AWB、曲は知っていたのですが、曲名を知ったのは昨年くらいです。AWBが頭文字というのを知ったのもつい今年のことです。Riseも懐かしいですね。ビタースィートサンバと同じ人で、しかもA&Mの創始者というのもビックリでした。さて、白人ソウルといえば、Wild Cherryですね!

投稿: にゃんこ | 2006年12月 4日 (月) 22時50分

にゃんこさん、こめんとさりがとうございます。
大橋巨泉は、土居サンと同じ頃、TBSラジオの土曜か日曜の昼にスィングスイングスイングというジャズの番組を持っていたと記憶していますが、そのことでしょうか。
今は娘がDJやってますね。
ワイルドチェリーの「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」は、コモドワーズの「スリッペリー・ホエン・ウエット」という曲にそっくりです。

投稿: Prof.Harry | 2006年12月 5日 (火) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/4424907

この記事へのトラックバック一覧です: Pick Up the Pieces!:

» Average White Band『Soul Searching』 [音楽の園 music of my mind]
ありふれた白人バンド(?)による極上のメロウ・ソウル☆Average White Band『Soul Searching』♪ 発表年:1976年 ez的ジャンル:骨太&スウィート系白人ファンク 気分は... :カツカレーにソースかける派? 昨日、銀座にあるクライアントへ寄った帰りに、運動がてら東京..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 00時30分

» クリントン [クリントン]
クリントン の案内専門サイトです [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 06時54分

» パワーをくれ、アレサ・フランクリン! [くだらないことに愛を込めて・・・blog]
最近のR&Bってパワーが足りないって思いませんか?そんなときは、昔の曲を聴くといいですよ。このジャンルは、現代でも通用する音楽性を持っていますから、なんら問題ないです。初めて聴くってひとは、まずアレサ・フランクリンから聴きましょう!感動まちがいなしです。... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 23時27分

« Southern Man | トップページ | Another Rainy Day in New York City »