« Bang Your Head! | トップページ | Return to Pooh Corner »

2006年9月 9日 (土)

We Built This City

これはベストヒットUSA世代の方々にはお馴染み、93日のベストヒットUSAのリクエストコーナーでかかったスターシップ「セーラ」の前の1985年のNo.1ヒット。

その時点で既に20年近いキャリアがあり、ヒット曲もいっぱいあったバンドですが、初めてのナンバー1、しかもバンドのイメージを大きく変えての成功でした。

Starship_knee_deep_in_the_hoopla邦題「シスコはロックシティ」。シスコとはカウボーイのキャラクターが一番有名で、サンフランシスコのことは意味しません。古い言い方ですが Friscoが最も一般的ですが、これはサンフランシスコ以外での言い方で、サンフランシスコに住んでいる人に言ったら大抵は嫌な顔されます。サンフランシスコ内部ではS.F. とか the Cityとかが好まれるみたい。

この歴史の長い、サンフランシスコを代表するバンド、皇室に慶事があったからってわけじゃありませんけど、ほぼ20年間ずっと「後醍醐天皇」の「南北朝」状態なんですね。

有名なジェファソン・エアプレインとしてスタート。フラワーチルドレンとか、ヒッピーとか、60年代半ばからの対抗文化の中心だったサンフランシスコから出てきた、ドラッグの退廃的なイメージが重なるサイケデリックロックバンドでした。

Jefferson_airplane_somebody_to_loveオリジナルメンバーとして、女性ヴォーカルのグレース・スリック、男性のマーティ・バリン、ギターのジョーマ・コーコネン、ポール・カントナー、後に加入したベースのジャック・キャサディなんかがいました。コーコネンがブルースシンガーのブラインド・レモン・ジェファソンの真似をよくしていて、ブラインド・トマス・ジェファソン・エアプレインと渾名されていたことからグループ名がきまった。

3日のタイムマシンのコーナーでかかったキャンド・ヒートは67年のモンタレー国際ポップフェスティヴァルからの映像でしたが、ジェファソン・エアプレインも登場しましたし、それからウッドストックにも。

良く知られている曲は”Somebody to Love” “White Rabbit”など。進歩的な町サンフランシスコ、ヒッピーの若者たちの象徴になっていきました。

その個人主義的な文化から登場したためか、人間関係もドライだったのでしょう。スリックを始め、メンバーがドラッグで逮捕されること少なからず。また、スリックとカントナーは結婚したことはありませんが二人の間に婚外子がいたりして。これはMTVでVJをやっていたチャイナ・カントナーです。

Jefferson_starship_red_octopus70年代に入ってますますばらばらになり、コーコネンとキャサディはサイドプロジェクトのホット・ツナを結成し、段々こっちのほうに本気になっていって、エアプレインのツアーに参加しなくなっていく。そこでカントナーは二人抜きでバンドを再編成しようとするが、ジェファソン・エアプレインとはコーコネンの渾名から取ったので使う権利がないということで、ジェファソン・スターシップと名を変えて再スタートする。空挺が宇宙船に昇格したわけです。Jefferson_starship_earthJefferson_starship_spitfire

ジェファソン・スターシップとしては、サイケ的な要素はアルバム収録曲には残ったものの、70年代半ばにヒットした”Miracles,” “With Your Love” “Count on Me”などシングル曲は、聴きやすく普通のウエストコースト色を強めていく。

そして70年代末にはマーティ・バリンがグループに疑問を感じ脱退、ソロ転向へ。81年の「ハート悲しく」”Hearts”は、なんか演歌みたいな短調の音階かつコブシのきいたヴォーカルで日本でもヒットしました。

ベストヒットUSAにもゲスト出演しましたね。克也さんと彼の名前の発音は「バリン」か「ベイリン」かで論争したんじゃないですか。

Elvin_bishop_struttin_my_stuff男性ヴォーカルが抜けたジェファソン・スターシップは後釜に、ブルースギターのエルヴィン・ビショップのバンドで歌っていて、76年に「愛に狂って」”Fooled Around and Fell in Love”という大ヒットのある、ミッキー・トーマスを迎えます。音的にはますます普通のロックバンドになって80年代を迎える。

そしてこの音楽の方向性に嫌気が差し、ポール・カントナーも脱退、訴訟を起こしてバンド名の権利を主張、バンドが残っても名前を使えなくしてしまう。それで残ったバンドは、ジェファソンを取って単に、スターシップ、となったわけです。

そこから80年代半ばの大進撃が始まる。

Starship_no_protection_1先ほどの「シスコはロックシティ」「セーラ」映画「マネキン」のテーマ「愛は止まらない」なんてナンバー1を連発する。後にロバータ・フラックとマキシ・プリーストがデュエットでヒットさせた”Set the Night on Music”も元々スターシップのアルバムカットでした。売るためのロック、日本で言う産業ポップロックバンドになってしまい、グレース・スリックにはドラッグ文化の女王としての面影は全く消えてしまった。

ところが同じ時期、ベストヒットでグループ活動は会議ばっかりでうんざりだといっていたマーティ・バリンとポール・カントナー、ジャック・キャサディが再び意気投合、3人の頭文字を取ってKBCバンドを結成して活動を始めます。ここから流れが二つできて、「南北朝」状態になっちゃうわけです。

むしろ昔のエアプレインの流れを汲むのはKBCだということで、グレース・スリックもスターシップを脱退して合流、コーコネンも迎えて、90年代にはジェファソン・エアプレインの完全復活が一時期ありました。

その後グレース・スリックは音楽からセミリタイアし、時折映画のサウンドトラックなど単発で録音したりしていますが、現在はむしろ絵画に興味を持っているようです。

そして、カントナーとバリンはジェファソン・スターシップの名前を復活させて、次世代ジェファソン・スターシップ Jefferson Starship The Next Generation JSTNGとして現在も活動中。

そしてもう一つの流れは、ミッキー・トーマスが完全にフロントマンになって、バックはジェファソンの流れを汲まない若いミュージシャンのみでバンドが続き、Starship featuring Mickey Thomasとして、80年代のヒット曲をライヴで歌い続けています。DVDも出てます。

つまり現在は「ジェファソン・スターシップ」と「スターシップ」が全く別に存在している状態なんですね。

宮様、跡取りは一人でよかったですよ。複数いるとろくなことがない。

このように一つのバンドの中での人間関係はドライでも、サンフランシスコを含めたベイエリア全体を眺めてみると、ミュージシャンたちは一つの大きなコミュニティを作っているような気がします。そのことはまたいずれの機会に。

SF。坂の多い町、路面電車の町、モーホーがいっぱいいる町。

僕はそう嫌いではない。

|

« Bang Your Head! | トップページ | Return to Pooh Corner »

60年代」カテゴリの記事

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/4144558

この記事へのトラックバック一覧です: We Built This City:

» グレース・スリックな一枚 [Muse on Music.]
「Somebody to Love」というとクイーンの曲を思い浮かべる方が多いだろうと思うが、僕はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の「Somebody to Love」も大好きだ。クイーンの曲はフレディ・マーキュリーのボーカルがすばらしい名曲だが、ジェファーソン・エア..... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 12時58分

» ジェファーソン・エアプレイン映像@ウッドストック [Muse on Music.]
グレース・スリックがかっこいいぞということを以前書いたことがありますが、今日はYouTubeにジェファーソン・エアプレインのすごいライヴ映像があったのでご紹介します。1969年のウッドストック・フェスティバルでの演奏シーンです!以前にも書いたとおり、僕の大好きな2曲..... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 13時12分

» スターシップ 2 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00408 スターシップのアルバム『ノー・プロテクション』 前回の“80年代ホイホイ”があまり効き目が無かったので、今回は強力なヤツです。(笑) 80年代を代表する1人(グループ)なので、ワンサカ取れるはずです。 本当はこの1つ前のアルバムの方....... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 12時06分

» スターシップ [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00048 スターシップのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ〜』 改名とメンバーチェンジを繰り返して来ました。 先日某サイトの無料配信サービスでスターシップのライヴに触れて、久々に聴いてみたくなりました。 スターシップは冒頭に書いたように改名....... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 12時07分

» メロウな曲調に弱い! [MUSIC8089]
Marty Balin 「BALIN (恋人たち)」 (1981年) 今日は、Jefferson Airplane のメンバーでもあった Marty Balin のソロ・アルバムを取り上げます。 この中の ‘Hearts (ハート悲しく)’ が日本でも大ヒットしました。こういうメロウな曲調にどうも日本人は弱いですよねぇ・・・。(えっ?僕だけ!?) この曲、人気投票で しょうちゃん が1票入れてくれたのですが、彼の鼻唄が聴こえてきそう。。。 (♪ぜんぶりしんごぉでい~♪) この曲と言えば、... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 22時38分

» メロウな曲調に弱い! [MUSIC8089]
Marty Balin 「BALIN (恋人たち)」 (1981年) 今日は、Jefferson Airplane のメンバーでもあった Marty Balin のソロ・アルバムを取り上げます。 この中の ‘Hearts (ハート悲しく)’ が日本でも大ヒットしました。こういうメロウな曲調にどうも日本人は弱いですよねぇ・・・。(えっ?僕だけ!?) この曲、人気投票で しょうちゃん が1票入れてくれたのですが、彼の鼻唄が聴こえてきそう。。。 (♪ぜんぶりしんごぉでい~♪) この曲と言えば、... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 22時40分

» ベストヒット20 [ミュージックの紹介ページ]
ベストヒット20 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 10時37分

» ギター・ブライアンメイモデル [恋愛アドバイスのすべて]
以前、ブライアンメイモデルについて記事を書き、殆どのギターサウンド を1本のギターで再現できる素晴らしい楽器だなんて絶賛しました。 最近になってムック社より発売された”天才ギタリスト☆ブライアンメイ”という 本によれば、事情はちょっと違うなんてことがわかったんですよ。 キラーはクイーンの曲 ”愛という名の欲望”のなかでロカビリー風の ギターソロを弾くために、テレキャスターをブライアンメイが 使用したと思ってました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 12時17分

» ・Hearts★MartyBalin [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
YouTube映像amazon試聴Hearts★MartyBalinIseverythingalrightIjustcalledtosayHowlostIfeelwithoutyouMilesawayIreallycan'tbelieveI'mnearAndhowIstillcareaboutyou *HeartscanbreakAndnevermendtogetherLovecanfadeawayHeartscancryWhenlovewon'tstayforeverHeartscan...... [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 22時27分

« Bang Your Head! | トップページ | Return to Pooh Corner »