« Better Be Good to Me | トップページ | Heat of the Moment »

2006年10月27日 (金)

Bo Diddley is Jesus

U2_rattle_and_hum1022日ベストヒット、タイムマシンで、“Rattle and Hum”「魂の叫び」のアルバムがイギリスのチャートで一位になった日ということでかかった、同名ドキュメンタリー映画からのU2「ディザイア」。


Kt_tunstall_eye_to_the_telescopeまだまだ記憶に鮮明の今年のヒット曲。今アメリカでは日本、イギリスと逆の順序で“Suddenly I See”が上がってきていますが、アメリカでの顔見世大ヒットとなったKT・タンストールの “Black Horse and the Cherry Tree”。僕もお気に入り、個人的に大プッシュ。

George_michael_faithワム!再結成を表明したジョージ・マイケル。去年の自伝映画での再会がきっかけになったのかな。今のところのソロの最大のヒット、85年の“Faith”

Neil_sedaka_laughter_in_the_rain_the_bes60年代のスターだったニール・セダカが長い停滞時期を経て75年に「雨に微笑を」で大復活しましたが、それに続く同年の全米ナンバー1ヒットの “Bad Blood”。エルトン・ジョンとのコラボでした。



Ace_frehley78年暮れ、KISSのメンバー四人全員がいっせいにソロアルバムを発表し、ジャケットも、一人一人の顔のアップで同じ、という企画がありました。その中で、メンバーの中では最も目立たない存在だったリードギターのエース・フレーリーがシングルで最大のヒットを出しました。イギリスのハローというグループのカバー、“New York Groove”

だんだんマイナーになってきてますか?

Eric_clapton_461_ocean_boulevard来日が待ち遠しいクラプトン。オリジナルはブルースのジョン・オーティスでしたが、“461 Ocean Boulevard”のアルバムの中で“I Shot the Sheriff” と一緒にカバーした “Willie and the Hand Jive”。ベストアルバムにも収められました。



Bruce_springsteen_born_to_runブルース・スプリングスティーンの75年の出世作、「明日なき暴走」“Born to Run”からのアルバムカット、“She’s the One”



Guns_n_roses_appetite_for_destructionGuns N’Roses、“Appetite for Destruction”の中からシングルにはならなかったけど人気のある“ Mr. Brownstone”

Kenny_loggins_yesterday_today_tommorrow__2最後は意外なところで、というか一番関連性が低いからなのですが、ケニー・ロギンスのご存知「フットルース」。同名サントラからの84年ナンバー1ヒット。




脈絡なく曲が並んだようですが、実は以上の曲は重要な共通点を持っています。

さて、なんでしょう?

これらの曲、リズムが同じ部分があるんです。

並んだ曲の数からわかるように、ロックで最もよく使われるリズムの一つです。

ジャ・・ジャ・・ジャ・・・ジャンジャン~

字じゃ分からないなあ。音符で表すにも変換ができなくて限界があるんだけど、♪を16分音符、/16分休符と考えて、♪/////////X/、みたいになるはずです。どれでも曲を思い浮かべるのが一番。二曲思い浮かべたら、ああ、似てるな、と思っていただければ。

このリズムはボー・ディドリー・シャッフルと呼ばれます。

Bo_didley_his_bestもちろん人の名前。ボー・ディドリーはロックの生みの親、ブルースからロックを分離した最初の世代といわれる人。

南部ミシシッピの出身。プレスリーと同時期に活躍した人で、55年には黒人として初めてエド・サリヴァン・ショーに出演しました。

彼自身の曲で有名なヒット曲があるわけではありませんが、とにかくそのスタイルで多くのアーティストからリスペクトされている。

86年にロックの殿堂入り。

Who_magic_busThe Whoも“Magic Bus”というシャッフルを使っている曲があるし、ライヴでボー・ディドリーのカバーを必ずといっていいほどやっている。

U2の「魂の叫び」も、成功した彼らの音楽的ルーツを探るドキュメンタリーであり、ボブ・ディランやBB・キングらと一緒にやっていた。そこに「ディザイア」が納めらえているのも、彼らのボーに対するリスペクトの現れでしょう。「ディザイア」は、荒いギターのストロークにハーモニカをかぶせる形で、ボー・ディドリーを忠実に再現していたといえます。

KT・タンストールも、この間のベストヒット出演で、あの曲はボー・ディドリーに捧げる意味もあった、と言ってました。

90年代、南部からのオルタナ系で活躍していた Jesus and Mary Chain にも“Bo Diddley is Jesus”というトリビュートソングがある。

同世代がどんどん他界していく中で、78歳の彼は存命です。去年はハリケーン・カトリーナの被害救済ライブにも登場した。真っ赤な派手な服、ハットにに大きなメガネ、相変わらずの風貌でした。

最近は曾孫にも囲まれ、信心に生きているようです。彼自身が神に近づいた?

彼ほど、一つのスタイルが後続のアーティストたちに影響している例はないでしょう。

この次はどんな曲が出てくるか。


|

« Better Be Good to Me | トップページ | Heat of the Moment »

50年代」カテゴリの記事

60年代」カテゴリの記事

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

U2」カテゴリの記事

エリック・クラプトン」カテゴリの記事

エルトン・ジョン」カテゴリの記事

ジョージ・マイケル」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
TBありがとうございました(^^)。
スパム対策で一度保留にする設定にしてあるので、ご迷惑をおかけしました。
ボ・ディドリー、本当に、リズムだけで、一発で彼だと分かるのはこの人だけかもしれませねえ(^^)。
TBのお返しさせていただきました。
ただ、また反映されてないかもしれません(^^;)。

それでは、よいクリスマスを(^^)!

投稿: 波野井露楠 | 2006年12月24日 (日) 09時16分

あれ?
コメントも反映されていないような…(汗)。

投稿: 波野井露楠 | 2006年12月24日 (日) 09時17分

波野井さんおはようございます。コメントTBありがとうございます。
寝正月を先取りした寝クリスマスです。
こちらこそ御迷惑をおかけいたしました。こちらも同様に、ウざいスパムがいっぱい来るので猶予期間を設けております。
それから波野井さんのところへは、ここからのTBがいっぱい言っているでしょうか?波野井さんのところへのトラックバック、相性がよいときと悪いときがあって、悪いときには実際には送れているのにURLが残ってしまっていて、記事を修正するたびに新たに送られているのかもしれません。そういう無駄な重複があったら申し訳ありません。
よいクリスマス、よいお年を!

投稿: Prof.Harry | 2006年12月24日 (日) 10時55分

TBありがとうございます。ところで、あのファンクの帝王JBが亡くなりましたね。16日はアトランティックレコード創始者のアーメット・アーティガンが逝去したし 日本人も黒人音楽を楽しむことが出来るのは 彼らのお陰ですものね! お正月はJBのライブビデオを見るつもりです。

投稿: まり | 2006年12月26日 (火) 18時37分

まりさん、コメントありがとうございます。
JBは石原慎太郎と同じ年で、そのお方もそろそろ何とかなっていただきたいです。
JBすごく近くで見たことがあります。そのこと、本スレに書いてみましたのでよろしければ。
メリークリスマス、よいお年を

投稿: Prof.Harry | 2006年12月29日 (金) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/4645485

この記事へのトラックバック一覧です: Bo Diddley is Jesus:

» 「ジャングル・ビートだけじゃない」 Bo Diddley・Go Bo Diddley〔2in1〕 [波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~]
 70歳をとっくに越えているボ・ディドリー。独特のジャングル・ビート(ディドリー・ビート)はあまりにも有名。あのリズムを聴くだけで体が自然に動き出してしまう。  ところで、今日聴いているのは、ボ・ディドリーのアルバムとしては1枚目と2枚目にあたる「Bo Diddley」と「Go Bo Diddley」の2in1CD。膨大なシングルを発表しているボ・ディドリーだが、本当に初期の曲ばかりを集めた(それぞれ1958年と1959年の発売なのだから、初期の曲ばかりなのは当たり前だが(^^;))、チ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 09時12分

» Return to Pooh Corner [「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所]
1980年代とは何だったのでしょう。 ベストヒットUSA,MTVの時代。 先週ネ [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 12時14分

» ☆ エリック・クラプトン ~ 461オーシャン・ブールヴァード ~ [♪ 音楽回顧録 ♪ ]
??????????????????????????????? 久々の、クラプトン。    461オーシャン・ブールヴァード /  エリック・クラプトン と、言っても、今持っているのは、以前ご紹介のベストと、これだけ。 あ、「クリーム」の古LPがありました。 マザーレス・チルドレン... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 15時41分

» ・Footloose★KennyLoggins [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
映画『フットルース』より映画の映像よりライブ映像よりamazon試聴サントラ盤ごと聴けますFootloose★KennyLogginsBeenworkingsohard,outpunchingmycardEighthours-forwhatDon'ttellmewhatIgotI'vegotthisfeelingthattime'sbeenholdingmedownI'llhittheceilingorelseI'llt...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 16時41分

« Better Be Good to Me | トップページ | Heat of the Moment »