« Great Balls of Fire! | トップページ | CRY »

2006年11月24日 (金)

Slowhand

といえばいわずと知れた、泣く子も黙るギターの神様のあの人の冠名。彼の77年のアルバムのタイトルでもある。

 ここの四つ目のボタンの記念すべき最初の記事でもこのタイトルでこの人の話題にちょっとかすっています。彼は速弾きでも手の動きはゆっくり見える。

 反論するわけではありませんが。このあだ名の由来には諸説あるということで。もともと、英語の業界用語では、観客がアンコールでアーティストの再登場を求めて、拍手がそろって、それがだんだんゆっくりになっていく。それをslow handclapという。

Eric_clapton_slowhand 彼の場合、ヤードバーズの時代に、使っていたギターが改造ものであまりいいものではなくて、ライヴの最中でも、一回の中でも数度、弦を切ってしまうことが恒例になっていた。彼はそのたびごとにステージの裏に引っ込んで数分かけて弦を張り替えてチューニングをやり直した。その間観客は、彼の再登場、ライヴの再開を、アンコールのように、ゆっくり拍手を揃えて待ちわびていた。そこから、彼のそのあだ名がついたという。

 昔の11pmの中で、今野雄二さんがやったインタビューの中で彼自身もそういっていましたし、ヤードバーズで一緒だったクリス・ドレイヤもそう証言しています。こっちが本当でしょう。

 でも、ポインターシスターズが放ったヒット曲、クラプトンとは全く関係ない「スローハンド」は、「スロー&セクシー、あの時の手の動きがゆっくりの優しい男が好き」といった曲だったし、その意味もあるのでしょう。

 さて。ここ一ヶ月は彼の話題で持ちきりでしょう。ずっと日本に居座り、全18回にもおよぶライヴの列島縦断ツアーを敢行中。

 私も先週の名古屋公演に行ってきましたのでレポート申し上げます。

 いうまでもなく彼は長い年月にわたって活躍し続け、ヒット曲もいっぱいある。それぞれの年代で特色ある活動をしてきた人。どの時代の彼が好きか、は人によって異なってくる。

 ピーター・バラカン氏は、渋いヴォーカリストとして開眼した90年代の彼が素晴しいと言っていた。

 克也さんは、JJ.ケールの曲なんかをやっていたソロの初期、70年代の彼が好きだと言ってました。

 今回のライヴは、克也さんが好きなクラプトンを好きな人にはたまらない構成になっているかもしれません。

 彼くらいのアーティストになれば、そのときの目的に応じていろいろな構成が可能になってくる。ファンサービスのためにひたすらヒット曲を並べる、新しいアルバムの宣伝のために新しい曲を中心に演る、あるいはそのときの気分で、ある特定のテーマや主張に沿った曲を集めてみる。今回は明らかに最後のパターンだったようです。

 会場が暗くなってから彼が登場するまで少し間があり、その「スローハンド現象」が起こっていました。知っている人は案外多いのかな。

Derek_the_dominos_layla_and_other_assort 最初の曲に面食らった。馴染みのない曲。思い出すのに時間がかかった。なんとTell the Truthというデレク&ドミノスの「レイラ」のアルバムからの曲だった。これ以降もデレク&ドミノスの曲が多く、70年代のレパートリーからの選曲が中心になっていた。

 演奏曲目は以下のとおりです。最初の録音も付記しておきました。多分これで間違いないと思いますが誤りがあればご教示ください。

01. Tell the Truth (Layla and Other Assorted Love Songs, Derek & the Dominoes, 1970)
02. Got to Get Better in a Little While (In Concert, Derek & the Dominoes, 1973)
03. Old Love (Journeyman, 1989)
04. Anyday (Layla and Other Assorted Love Songs)
05. Motherless Children
 (461 Ocean Boulevard, 1974)

06. Driftin' Blues (E.C. Was Here, 1975)
07. Key to the Highway (Layla and Other Assorted Love Songs)
08. Outside Woman Blues (Desreali Gear, Cream, 1967)
09. Nobody Knows You When You're Down and Out (Layla and Other Assorted Love Songs)
10. Running on Faith (Journayman)

11. After Midnight (Eric Clapton, 1970
12. Little Queen of Spades (Me & Mr Johnson, 2004)
13. Pretending (Journayman)
14. Wonderful Tonight
 (Slowhand, 1977)
15. Layla (Layla and Other Assorted Love Songs)
16. Cocaine
 (Slowhand、この2曲はメドレーで)

(アンコール)
17. Crossroads (Wheels of Fire, Cream, 1968)

Eric_clapton_me_and_mr_johnson このように「レイラ」のアルバムから5曲、他デレク&ドミノス時代が1曲、「ジャーニーマン」から3曲、「スローハンド」から2曲、他70年代の曲が3曲、クリーム時代の曲が2曲、一番最近の録音としては Me& Mr. Johnsonから1曲。


Eric_clapton_461_ocean_boulevard_1

 大阪では I Shot the Sheriffも演ったそうです。しかしこれは、「ワンダフル・トゥナイト」同様、日本のファン向けのサービス目的の選曲であって、今回の大きなテーマとは直接関係ないでしょう。

 今回の彼は、彼のルーツであるブルース色を前面に出したかったのでしょう。

Eric_clapton_journeyman お馴染みの80年代、90年代の大ヒット曲はほとんどない。その時代からは、やはり一番ブルース色の強かった「ジャーニーマン」からの選曲が多かった。

 

Cream_the_very_best_of_1クリーム時代の曲も、「ホワイト・ルーム」でも「サンシャイン・オヴ・ユア・ラヴ」でも、なく、ブルースの曲から。アンコールの「クロスロード」も、彼のボックスセットや彼が主催したギタリスト・フェスティヴァルのライヴDVDのタイトルになっていたりするが、実はオリジナルはブルースのロバート・ジョンソン。クラプトンが10代のときに聴いて人生が変わったという、今なお敬愛してやまないミュージシャン。04年に念願だった彼へのトリビュート・アルバムを発表しており、そこかJjcale_and_eric_claptonroadto_escondidoらも1曲。Eric_clapton

70年代からのお馴染みの曲は、ソロ第一弾シングルの「アフター・ミッドナイト」と、「レイラ」とのメドレーで演奏された「コカイン」。これは両方とも、そのJ.J.ケールの作品。やはり敬愛してやまない人物。クラプトンの発表されたばかりの最新CD Road to Escondidoは、そのケールとの完全なデュエットアルバムになっています。

Eric_clapton_ecwas_here 曲の間には彼は、メンバー紹介を除いては「コンバンハ!」とThank Youしかいいませんでした。MC、曲紹介一切なし。ぶっきらぼうな感じもしましたが、それも演出の一つなのかもしれません。

 そのかわり、ライヴの時間じゅうずっと、時に激しく、時に絡みつくようなギターが流れます。ヴォーカリストとしてより、ブルース・ロック・ギタリストとしてのクラプトンの凄さを改めて認識できるライヴでした。

 今週は東京公演の真っ只中ですか。12月半ばまでツアーは続きます。ネタバレなんて思わないで。雰囲気や大体の流れは変わらないと思いますが、場所や日によって選曲や曲順を微妙に変えているようです。数回行かれる方もいらっしゃるでしょう。じっくりスローハンドを堪能してきてください。

|

« Great Balls of Fire! | トップページ | CRY »

60年代」カテゴリの記事

70年代」カテゴリの記事

エリック・クラプトン」カテゴリの記事

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
スローハンドの名の由来、いろいろ説があるんですね。拍手の話は知りませんでした。あと、セクシーなスローハンドも・・。いえ、言葉としてという意味ですが(笑)。

投稿: muse | 2007年1月28日 (日) 11時22分

museさん、コメント、トラックバックありがとうございます。
slowhandの由来、克也御大を含めてほとんどの人が、ギターのはや弾きがゆっくり見えることだと思っているみたいなんですけど、この拍手説が本当のところらしいんです。はや弾きがゆっくり見えるのを英語で考えるなら slow fingersになりそうですからね。

投稿: Prof.Harry | 2007年1月29日 (月) 05時51分

オヒサです。大阪公演は 『サンフランシスコ湾ブルース』も演ってくれて しぶいな~~と思いました。クラプトン伝説は謎とき面白いですが 神秘のベールもつつまれていて欲しいのも事実。私が好きになった頃はクリームは解散していて 彼らのことが すっごく知りたかったんですよ。ダンナがデレク&ドミノスを聞かせてくれたときは まさか クリームのECがメンバーとは 長い間きがつきませんでした。クリーム=ドミノス ぜんぜん音が違いますもんね~~

投稿: まり | 2007年2月19日 (月) 17時52分

まりさんこちらこそおひさ。コメントありがとうございます。クリームとドミノス、全然違うんですけど、70年代でも後半はまた違う。そういうところが、記事にも書きましたけど、どの時代のクラプトンがすきかで立場が分かれるということなんでしょうね。そして彼自身もどの部分を演出するか、自分で楽しんでいるんじゃないでしょうか。今回の公演をみてそんな気がしました。またおじゃましますね

投稿: Prof.Harry | 2007年2月21日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/5072444

この記事へのトラックバック一覧です: Slowhand:

» Layla ★ EricClapton [Senri'sTapestry洋楽訳詞集]
TBありがとうございます♪愛しのレイラ☆エリック・クランプトンミュージックビデオunpluggedバージョン曲が聴けます♪Layla ★EricClaptonWhatwillyoudowhenyougetlonely,Noonewaitingbyyourside?You'vebeenrunningandhidingmuchtoolong.Youknowit'sjustyourfoolishpr...... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 09時39分

» クリーム [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00164 クリームのベストアルバム『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ〜』 コーヒーを飲む時に欠かせても、クラプトンを語る時には欠かせないクリームです。 グループ名とは違って意外と甘くなくトッツキニクイ印象が個人的にはあって、それは「愛しのレイラ」の....... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 11時59分

» エリック・クラプトン 5 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00578 エリック・クラプトンのベストアルバム『BEST OF』 結婚ラッシュです! お似合いのカップルから“?”が3つ位付く2人まで色々ですが、実はOZZYも..。 クラプトン何度目かの来日、そしてこのベストアルバムも何枚目かを数えます。 と....... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 12時01分

» クラプトンのライヴ記事を書いてデビュー [Muse on Music.]
さて、エリック・クラプトンの日本公演<Eric Clapton Japan Tour 2006>も日程の半ばを過ぎました。同時におこなわれているビリー・ジョエルの日本公演(リンク先に演奏曲目あり)もなかなかの話題になっていますが、クラプトンの日本公演に関してこんな情報がBARKSに..... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 10時38分

» Atlantic Crossing [「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所]
おお、久々に物騒ではない清清しいタイトルだ。 6月4日のベストヒットUSAのタイ [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 07時50分

» Layla and Other Assorted Love Songs [1-kakaku.com]
クリーム解散からブラインド・フェイスでの短い活動を経て、クラプトンは自らの傷心と疲れを癒しにアメリカ南部へわたった。そして彼はディラニー&ボニーを介して知り合った南部のミュージシャンたちと、自分の好きなブルースやR&Bに没頭する。 疲弊から解放されたリラックスした気持ちと、ゆったりとした環境やペースから生み出された空気が、アルバムの冒頭から現れている。レイドバックした、ルーズとも言えるギタープレイ。スローながらエッジの効いた、確実で温かいサポートぶりを見せるカール・レイドル(B)... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 03時27分

« Great Balls of Fire! | トップページ | CRY »