« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月12日 (木)

Wild World

Mr_big_bump_ahead 10日のベストヒットの最後のリクエストコーナーでかかったMr.Bigの「ワイルド・ワールド」。

 曲自体はカバーで、キャット・スティーヴンスというシンガーソングライターの、1971年のヒット曲がオリジナル。

 このキャット・スティーヴンスも数奇な運命を辿った人なので、今回はその人について書いてみます。

Cat_stevens_tea_for_a_tillerman  1947年ロンドン生まれ、父親はギリシャ人、母親はスウェーデン人、家でレストランを経営しており、キャットも早くから手伝わされていました。

 やはりビートルズの登場が衝撃で、家族からは絵描きになると思われていたキャットは、バンドを組んでめきめき頭角を現すようになる。

 兄の売込みで、大きなレコード会社との契約を取り付けデビューしました。まだティーンエイジャーで、クリフ・リチャートのようなアイドル的な扱いをされました。Sheryl_crow_the_very_best_of

Rod_stewrat_greatest_hits  それでも自分で曲を書き、「マシュー&サン」など、イギリスでヒット曲を連発するようになります。もともとシリアスな曲もかけて、3年前にシェリル・クロウが、77年にロッド・スチュアートが、67年にPF・スローンが録音してそれぞれヒットした “The First Cut is the Deepest”はこの頃の曲です。

 ところがアイドルとしての絶頂期に、結核で、あと数週間の余命、と診断されます。

 表舞台から一端完全に消えてしまいます。命は取り留めましたが、68年を前後した2年間、全くのブランクになってしまいます。

 更にところが、転んでもただでは起きない。死に直面したことが自分自身を見直す機会となり、更に内省的な曲を作るようになり、入院中に200曲も書き溜めました。

 戻ってきた彼からアイドルの面影は消え、ひげ、髪ぼうぼう、ギターを爪弾くシンガーソングライターに変身し、70年代前半のシンガーソングライターブームにも後押しされ、アメリカにも進出、世界的なヒットアルバム、ヒット曲を連発するようになります。

 この「ワイルド・ワールド」もその頃の一曲。

Cat_stevens_greatest_hits_2  他に、コーヒーのテレビCMのバックに流れていた、ピアノが美しい「涙にぬれた朝」”Morning Has Broken””Peace Train, “Oh Very Young” ”Another Saturday Night”などなど。

 

Carly_simon_no_secrets ポップス史上最大の謎の一つに、やはり同じ頃、シンガーソングライターブームの一翼を担っていたカーリー・サイモンの73年のナンバー1ヒット、「うつろな愛」”You’re So Vain”のモデルになっている男、おそらくはカーリーも付き合っていた男、これはいったい誰なのか、というのがあります。

 ミック・ジャガー、ジェームス・テイラー、クリス・クリストファーソン、ウォーレン・ビーティなどの名前が挙がりましたが、キャット・スティーヴンスも可能性の一人、と噂されました。

 5年位前、カーリーはその秘密を知る権利を、とんねるずのハンマープライスよろしくオークションに出しました。その際に、その男の名前のどこかにe が入っている、というヒントを出しました。ところが上の5人全員の名前には e が含まれているので、これは全く意味のないヒントでした。その数年後カーリーは同じようにヒントを小出しにして、更に名前に a と r が含まれている、と発表しました。これでキャットは候補者から落ちてしまったことになりますが。

 さて、いくらビッグアーティストになって、マディソン・スクエア・ガーデン満員の聴衆の前で歌えたとしても、一度死に直面した彼には、何かが足りない。

 そんな時に、二度目の死に直面します。所属していたA&Mレコードの会長ジェリー・モスをマリブの別荘に訪ねようとした際、海に落ちてしまう。波でどんどん沖に流され、薄らいでいく意識の中で、神様、私を救ってください、救ってくれたらあなたに仕えます、と祈った。そうしたら不思議、波の向きが変わり、逆に陸に流され、また九死に一生を得た。ところが、その時点ではその神とは何なのか、分かっていなかった。

Cat_stevens_budha_and_the_chocolate  仏教も含めて様々な宗教を勉強し、後期に「仏陀とチョコレート箱」というアルバムを作るが、これは宗教と現世的価値の間で揺れている彼自身を象徴していたそうだ。

 ここでまた兄が影響します。兄がエルサレムから持ち帰ったコーランに触れ、これこそ自分が求めていたものだ、と認識し、イスラム教に傾倒するようになった。

 宗教家として生きる決心をした彼は、音楽活動とは両立しないと考え、絶頂期にありながらある日突然引退を表明し、名前もユサフ・イスラムと変える。

 名声も私財も全て捨ててしまい、ロンドンに初めてのイスラム教に基づく学校を建てるなど、スターの過去はどこへやら、布教活動に専念した。

 そんな彼が再び脚光を浴びたのは、89年。サルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』がイスラム教の神を冒涜している、として、イランの最高指導者ホメイニ師が死刑を宣告して、日本も含めて(詳しく触れたくありません)世界中で事件が起こった。知名度のあるイスラム教徒ということでユサフ・イスラムもマスコミに取り上げられ、コーランに「神への冒涜は死に値する」といった一節があることをテレビで紹介した。そのまま引用しただけでこれには様々な解釈がありうる、と言いたかったそうだが、その引用部分だけが一人歩きし、ユサフ・イスラムもホメイニ師を擁護していると解釈され、アメリカでは、最近ではディクシー・チックスがそういう扱いを受けたように、キャット・スティーヴンス時代の曲がラジオで放送禁止、不買、ローラーでレコードが潰されたりした。

 それでも彼は、”Peace Train”を作って歌った平和主義者としての基本は変わっていなかったのでしょう。

 90年代の、イスラム教も深くかかわっていた旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナでの紛争に心を痛め、支援活動をする。ボスニアの外務大臣として和平に尽力し、医師でもあり紛争で傷を負った人々を無償で助けていたルビヤンキヒ氏と意気投合した。そのルビヤンキヒ氏が撃墜で亡くなってしまうと、氏が未完成のまま残した曲を完成させ録音し、サラエヴォで20年ぶりに大きなコンサートを開き、人前で歌った。この辺りから彼は、自分の宗教活動と音楽は決して矛盾するものではない、むしろ広める手段として有効なのだ、と考え方を変えたようです。

 2001年同時多発テロの直後、テロ行為を非難する声明を出しましたが。

 2004年、ドリー・パートンが”Peace Train”をカバーしたいというので、その録音に付き合うべくアメリカに行こうとしたが、入国を拒否されたそうです。危険人物リストに似たような名前のテロリストが載っていて、当局の勘違いだった、というのが表向きの理由だったらしいですが。

 そんな「荒れた世界」を生きた人でした。今、何を思っているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

Living For the City

改編期。

新会計年度、新学期が始まり、プロ野球も始まって、テレビ、ラジオの番組も変わる。

克也さんも、長く続いた「お願い!DJ」がなくなってしまい、「ベストヒットUSA」の放送が火曜日になった。

 週末番組の印象が強いからちょっと残念ですけれど。

Ludacris_release_therapy  そういうわけで3日に放送になったベストヒットで、チャート6位で上昇中注目曲でかかったルダクリス f/メアリー・J・ブライジの”Runaway Love”について。

 今のアフリカ系アメリカ人の生活の苦境をラップに乗せた。ヒップホップの人たちがアメリカの都市部でサミットを開いて回って、意識改革を訴えていて、そんな流れで生まれたシリアスな曲だという。

 そこで思い出した曲は。

 30年前にやはり当時の黒人の苦境を歌っていた曲。

Stevie_wonder_innervisions  スティービー・ワンダーの”Living for the City”「汚れた街」。

 もう何度か取り上げたことのある、73年の名盤「インナーヴィジョンズ」からの名曲です。

 数週間前の彼の日本公演について書いたときにも触れましたが、僕が大学教師を始めた二年目、92年の4月にロサンゼルスで暴動があって、それで問題の喚起のために、授業でこの曲を聞かせて歌詞を紹介した、思い出の曲でもあります。

 ルダクリスのものと比べると、同じ苦境でも時代の変化が出てきていて面白い。

 こんな感じでした。

A boy is born in hard time

Mississippi

彼は差別の厳しい時代のミシシッピで生まれた
Surrounded by four walls that ain't so pretty

四方を小汚い壁で囲まれて

His parents give him love and affection

両親は彼に惜しみなく愛情を注いだ
To keep him strong moving in the right direction

彼を強く、まっすぐな人間に育てるために
Living just enough, just enough for the city...

街でしっかりと生きていけるように


His father works some days for fourteen hours

父さんは一日14時間、何日も働く
And you can bet he barely makes a dollar

それでもやっと1ドル稼げるか稼げないか。想像できるだろ?
His mother goes to scrub the floors for many

母さんは床磨きを何軒もはしごしてやる
And you'd best believe she hardly gets a penny

それでも1ペニー貨にもならないんだぜ
Living just enough, just enough for the city...

それでもこの街でなんとかやっていくんだ


His sister's black but she is sho'nuff pretty

姉さんは黒いけど十分に美しい
Her skirt is short but Lord her legs are sturdy

スカートは短いけど、足は丈夫だ
To walk to school she's got to get up early

学校まで遠い距離を歩いていかなくちゃ行けないから(バス乗車が拒否されるから)早起きしなければならない
Her clothes are old but never are they dirty

服は古びてるけど決して汚くはない
Living just enough, just enough for the city...

この街で生きていくには十分だ


Her brother's smart he's got more sense than many

兄さんは頭もよく、常識も人並み以上だ
His patience's long but soon he won't have any

忍耐強いけど、それでもそのうち堪忍袋の緒が切れる
To find a job is like a haystack needle

仕事探しは、まるで宝くじを当てるよう
Cause where he lives they don't use colored people

だって彼のいるところじゃ有色人種は雇わないんだ
Living just enough, just enough for the city...

それでも雇用者たちにとっちゃこの街では十分ってわけだ

His hair is long, his feet are hard and gritty

彼の髪は伸び放題、足は硬くなっている
He spends his life walking the streets of New York City

ニュー・ヨーク・シティを歩き回り続けるだけ
He's almost dead from breathing in air pollution

汚染した空気を吸って息が苦しい
He tried to vote but to him there's no solution

投票しようとしたって、そんなんじゃ解決にもならない
Living just enough, just enough for the city...

それでもこの街で何とかやっていくんだ


I hope you hear inside my voice of sorrow

僕の心から湧き出る悲しみの声を聞いてほしい
And that it motivates you to make a better tomorrow

そしてよりよい明日のために行動を起こして欲しい
This place is cruel no where could be much colder

この場所は残酷で、これ以上冷たいところはない
If we don't change the world will soon be over

我々が今、変わらなければ、世界は直ぐに終焉を迎える
Living just enough, stop giving just enough for the city!!!!

この街の状況にちゃんと目を向けてくれ

原曲は8分くらいあり、間奏部分には、ニュー・ヨークにはじめて降り立って、道を渡ろうとしたらいきなり誤認逮捕されてろくに調べも受けず10年の禁固を言い渡される黒人青年の話が寸劇で挿入されています。

この曲で描かれた時代は、貧しさ苦しさはあっても、まだ家族やコミュニティの絆が生きていたことが読み取れます。

 ところがルダクリスの曲に現れている現在のアフリカ系アメリカ人の状況とは。

ドラッグに溺れて、毎晩違う男を連れてきて、必ず喧嘩に終わるシングルマザーを見つめる少女。

義理の父親から暴力を受け、親友も路上で銃の犠牲になってしまった少女。

 麻薬とセックスの幼年化、しかし貧しくて中絶もできない少女。

 そんな10歳かそこらの女の子たちが、自分の家は地獄だといい、逃げ出していく。

 貧困に加え、暴力、麻薬、問題の幼年化、そして家族とコミュニティの絆の崩壊の点で変化が生じたことが伺えます。

Lionel_richie_cant_slow_down 最後のリクエストでかかった、ライオネル・リッチーの「オール・ナイト・ロング」も象徴的だったような気がします。

去年久々に復活し、娘も活躍するようになった彼。

80年代に最も売れた黒人男性ソロアーティストはマイケル・ジャクソンで、その次が彼でしょう。

その彼の音楽とは、「オール・・・」のようなアッパラパーなダンスナンバーか、「ハロー」のような首筋がムズ痒くなるような甘いバラード。

ディスコの時代を経て、80年代の黒人音楽とは、主流のポップスと融合、というか妥協した、ただただ聞きやすい、踊りやすいものが受け、独特のリズムや歌唱が含まれたり、黒人のアイデンティティを主張したものなどは傍流に追いやられました。スティービー・ワンダー自身も主流の路線に移ってしまいました。

それが90年代、今となって、ラップ、ヒップホップが出てきて、過激な自己主張が復活するようになる。

来年に向けて、黒人大統領候補、バラク・オバマ氏が、主流派との妥協ではなく、社会下流の主張を前面に出すことで旋風を起こしそう。

変化は周期的かもしれないけれど、今までで一番大きな波が押し寄せてくるかもしれない、そんな予感もする、新年度一発目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »