« (You Can Still) Rock in America! | トップページ | Raised on Radio ( part 1) »

2007年6月22日 (金)

Tapestry

Carole_king_tapestry 617日のベストヒットの1曲目、36年前の1971年のその日に、キャロル・キングの名盤「つづれおり」がアルバムチャート1位になり、その後の伝説の始まりになった日とのことで、93年のライブからの I Feel the Earth Move 「空が落ちてくる」が流されました。

今年はなんと来日が予定に入っている。キャロル・キング、メアリー・J・ブライジ、ファーギーが女性三人でトリプルヘッドライナーで来るという。

Grace_of_my_heart_soundtrack このキャロル・キングを見て思い出したのが、キャロル・キング版ドリームガールズというか、彼女の半生をモデルにしながらも架空のストーリーを膨らませて、60年代から70年代の音楽業界の裏側を綴った映画があったこと。それを観直してみましょう。

10年前の96年作品、「グレイス・オヴ・マイ・ハート」。

キャロルをモデルとした主人公が中心となりながらも、本物のキャロルとは関係ない、けれども同じ時代のロックの歴史には欠かせない人物をモデルにしたキャラクターを絡ませたり、オールディーズ好きには思わずニヤリとしてしまう場面多し。

Carly_simon_no_secrets  主人公のエドナ・バクストンは歌うのも好き、曲を作るのも好きな夢見る少女、しかしフィラデルフィアの鉄鋼業の財閥の令嬢でもある。実際のキャロルはニュー・ヨークの中流の出身、この財閥のくだりは、シンガーソングライターである以前に実はアメリカ有数の大手出版会社サイモン&シャスター社の社長令嬢であるカーリー・サイモンへのオマージュかもしれません。

公開オーディションで歌を認められて、ニュー・ヨークにわたるが、同じような声の歌手は沢山いるということでマイナーなレコード会社と契約、しかも60年代初頭はシンガーソングライターなどという概念はなく、どちらかを選べということで作曲者として契約。ここで社長ジョエル・ミルナーと出会い、デニス・ウェバリーというペンネームをもらいます。ミルナーのビルには若い作曲家たちが集まっていて、そこで知り合ったハワード・カザットという男性と意気投合して共同作曲、ついには恋に落ちて結婚し、ルマという女の子を出産します。またそこに夫婦でやってきたシェリルという作曲家とも、仕事を取り合うライバルになったり一緒に曲を書く仲間になったりします。オーディションのころからの仲間だったドリス率いるルミナリーズという黒人三人組に歌わせた曲が大ヒット。。。

ジョエル・ミルナーとはドン・カーシュナーのことで、彼が経営していたブリル・ビルディング(映画でもまったく同じ名前が使われている)は若く有望なソングライターたちのクラブとなっており、そこでキャロル・キングは最初の夫ジェリー・ゴフィンとであって名曲を量産、後にアーティストになるルイズ・ゴフィンをもうけます。シェリルとは、バリー・マンの妻でやはりヒットメイカーのシンシア・ウェイルでしょう。映画の中でこの二人は離婚してしまいますが。ルミナリーズは映画の中でシフォンズの大ヒット、キング-ゴフィンの代表作のひとつである「ワン・ファイン・デイ」そっくりの菓子のバラードを歌っています。ドリスは後に三人組から独立してソロとして大成功し、ダイアナ・ロスになってしまいますが。そのブリル・ビルディングからは他にも、ニール・セダカ、バート・バカラック-ハル・デヴィッド、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラーのコンビなどが巣立っていきます。

Neil_sedaka_laughter_in_the_rain_t このあたりでデニスとカザットの曲を取り上げたアーティストは、エヴァリー・ブラザースそっくりの男性デュオ、ドリフターズみたいな黒人ドゥワップグループ、レスリー・ゴアを髣髴とさせる女の子シンガーなんかも出てきます。

ところがカザットの浮気で夫婦関係は破局に。デニスは妻子あるDJとの不倫を経た後、自分もシンガーとして歌いたいとの希望を持ち始めると、あるプロデューサーを紹介されます。その彼とは、レプタイルズという兄弟でサーフロックグループをやっていたジェイ・フィリップスという男。デニスはジェイとも恋に落ち、結婚します。ところがジェイは、サーフロックの行き詰まりに悩み、電子楽器も取り入れてコーラスも芸術的に昇華させたコンセプトアルバムを作ろうとするがうまくいかず、麻薬に手を出して廃人同様になる。

Beach_boys_pet_sounds そう、ジェイ・フィリップスとはどう考えてもブライアン・ウィルソンなんですね。フィリップスという名前も、ママス&パパスのフィリップス夫妻を連想させます。実生活でブライアン・ウィルソンとキャロル・キングが夫婦だったら、なんて想像すると面白くてたまらない。

ところがこのジェイ、実際のブライアンと違って、錯乱して海にCity_now_that_everything_has_been_ 入って溺死してしまう。絶望して自分自身を見失っていたデニスに再びジョエル・ミルナーが手を差し伸べ、今までの人生でいい意味でも悪い意味でも関わった人たちへの感謝を曲にして歌ってみろ、とアドバイスして、全曲自作のアルバム、「グレイス・オブ・マイ・ハート」私の心の支え、が完成、表題曲と共にアルバムが大ヒットする。。。

このように、事実をトレイスしながらも大幅に脚色をして、本当は関係ない人物も同時代だから無理やりつなげてしまう面白さもあり、オールディーズ好きにはたまらない映画になっています。音楽を知らないで映画だけ観た人には、バーバラ・ストライサンド、クリス・クリストファソンの「スター誕生」が思い出されるみたいですね。

製作総指揮は「ラスト・ワルツ(ザ・バンド)」や「ノー・ディレクション・ホーム(ボブ・ディラン)」なんかの音楽ドキュメンタリーを手がけているマーティン・スコセッシ。これも頷けます。主演のイリアナ・ダグラスをはじめ、マット・ディロン、エリック・ストルツ、ジョン・タトゥロなど、スコセッシものでよくお目にかかる俳優が脇を固めています。

Louise_goffin 使われている音楽は全部、60年代の雰囲気を持ったオリジナルですが、当人のキャロルは参加せず、しかし、ジェリー&ルイズ・ゴフィン親子が参加しています。他にもバカラックが、当時盛んに一緒にやっていたエルヴィス・コステロとのコラボレートが入っていますし、他にジョニ・ミッチェル、バカラックの奥さんキャロル・ベイヤー・セイガーなんかも加わっています。

Carole_bayer_sager 名盤「つづれ織り」のタイトル曲も、”my life was just a tapestry…”で始まります。そのときまでの彼女の人生の総括だったのでしょう。



  Fergie_big_girls_dont_cry_3 Mary_j_blige_breakthrough

キャロル、メアリー、ファーギーのトリプルヘッドライナー、例によって名古屋飛ばしですが、キャロルを日本で観る機会はもうあまりないかもしれない。大阪まで遠征しようか、ちょっと触手がぴくぴくしてるところです。

|

« (You Can Still) Rock in America! | トップページ | Raised on Radio ( part 1) »

70年代」カテゴリの記事

シンガーソングライター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/9692432

この記事へのトラックバック一覧です: Tapestry:

« (You Can Still) Rock in America! | トップページ | Raised on Radio ( part 1) »