« Sweet Baby James (part 2) | トップページ | Billy, Don't Be a Hero »

2007年11月30日 (金)

All by Myself

久々のベストヒットUSAネタかな。

最近はラジオ番組からもネタのヒントが取れるようになって、二番組だけでも、ラジオが聴けるようになったのは嬉しい。

で、1120日のベストヒットのリクエストコーナーでかかったエリック・カルメンについてです。

Raspberries_raspberries 克也さんがおっしゃっていた通り、まず70年代前半はラズベリーズというグループのリーダーで活躍し、”Go All the Way”などヒット曲をかなり放つ人気者になります。同じ時期にイギリスで活躍していたバッドフィンガーなんかと並んで、70年代のビートルズ・サウンドの後継者、見たいな扱いをされていました。

このラズベリーズ、今年は再結成して、全米を回っているようです。

Eric Carmen Music Eric Carmen

アーティスト:Eric Carmen
販売元:Rhino
発売日:1992/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そのラズベリーズも、結局リードヴォーカルであり作曲家でもあるエリックへの負担が大きくなりすぎて解散。それでも当時はアリスタ・レコードの社長だったクライヴ・デイヴィス(最近だったらサンタナなんかを復活させているやり手ですね)にとっては、エリックの作曲の才能を長い時間埋もれさせることなどもったいなく、すぐソロデビューをさせ、70年代にはAll By Myselfの全米第2位大ヒットを放ちます。

彼はもともとクラシック志望で、ラフマニロフの大ファン。All By MyselfLPバージョンは演奏時間が711秒もあり、ラフマニロフを彷彿とさせる長い長い流れるようなピアノソロが堪能できます。1110日のDJ Korbyの、「ラジオを救う音楽、長い曲特集」でもかかりましたね。

Eric_carmen_boats_against_the_curreShaun_cassidy_greatest_hits  70年代の末にかけてアルバムをコンスタントに出し、ヒット曲も「恋にノータッチ」「恋をくれたあの娘」「チェインジ・オヴ・ハート」など次々に出てきて、同じ時期にティーンエイジアイドルだったショーン・キャシディがエリックの「ザッツ・ロックンロール」「ヘイ・ディニー」を取り上げて大ヒットさせたりして、絶好調でした。

しかし、80年代の前半から半ばにかけて、レコード売り上げ面ではスランプの時期を迎えてしまいます。

Footloose (1984 Film)

その時期に光ったのは映画「フットルース愛のテーマ」あるいは日本では赤坂局の金10ドラ「金妻」(もちろん省略です)のテーマとして大人気だった”Almost Paradise”を作曲したこと。録音はラヴァーボーイのマイク・リノとハートのアン・ウィルソン、カナダのロックグループのリードヴォーカル同士の独立デュエットでした。エリックと共作したのは数多い「フットルース」のサントラのほとんどを手がけたディーン・ピッチフォード。

Eric_carmen_tonight_youre_mine そしてシンガーとしてのエリックを救ったのは、やはり映画、88年の「ダーティ・ダンシング」の中で「ハングリー・アイズ」を歌ったこと。

リクエストでかかった「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」はそれで勢いを取り戻したエリックのフォローアップで、またまたピッチフォードとの共作でした。

Dirty_dancing_soundtrack ところで、そのエリックの「ハングリー・アイズ」とともに、「ダーティ・ダンシング」では、60年代のライチャス・ブラザースの片割れビル・メドレーと、「愛と青春の旅立ち」のテーマをジョー・コッカーと共に歌ったジェニファー・ウォーンズという二人のベテランをも復活させました。二人のデュエットの「タイム・オヴ・マイ・ライフ」が全米1位に輝きました。

その「ハングリー・アイズ」と「タイム・オヴ・マイ・ライフ」を作曲したのはフランク・プレヴィットというミュージシャン。

Franke_the_knockouts_sweetheart_col この人、ベストヒットの創成期の81年から82年にかけて、「スィートハート」という大ヒット、その他いくつかの中ヒットを放ったフランキー&ノックアウツというグループのリーダーでした。

これらすべての人たちを結びつけたのが、ジミー・イエナーという人でした。70年代から活躍していたプロデューサーで、ラズベリーズ、エリックのソロ、他にベイシティローラーズなんかも手がけていました。そして、そのフランキー&ノックアウツもイエナーの手で世に出されたのでした。

全盛期から何年かたって80年代も後半に入り、「ダーティ・ダンシング」の音楽を手がけるオファーがイエナーに来たとき、彼は昔の仲間たちを思い出し、エリックやフランクに電話をかけて呼び出して、それぞれ作曲と歌唱を依頼したのでした。

昔の上司との連絡を断ち切らないでおくと、何かいいことがあるかもしれませんね。

まだ話は終わりません。そのフランキー&ノックアウツはニュー・ジャージーをベースに活躍していたバンドで、後期のドラム担当はティコ・トレスでした。フランクがバンド活動を停止した後、ティコは、その時やはりニュー・ジャージーからブレイクしようとしていたバンドから誘われます。

Lost Highway

そう、ボン・ジョヴィです。

この後の話は必要ありませんね。

ボン・ジョヴィ、またまた近々来日があるようです。

どこの世界でも All by Myself 一人ぼっち、ではなく、人との縁で成り立っているのです。

しみじみ感じる今日この頃。本業では見放され人知れずもくもくと孤独に仕事をしていますが、子供のころからの憧れだったDJの王様、克也様にご縁あってお声をいただきこんな駄文を書いている私がいます。ははは。

|

« Sweet Baby James (part 2) | トップページ | Billy, Don't Be a Hero »

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

シンガーソングライター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/20689002

この記事へのトラックバック一覧です: All by Myself:

« Sweet Baby James (part 2) | トップページ | Billy, Don't Be a Hero »