« Sweet Baby James (part 1?) | トップページ | All by Myself »

2007年11月15日 (木)

Sweet Baby James (part 2)

ノー・シークレッツ

   もう一回、113日のDJ.KORBYのジェームス・テイラーに関していってしまいましょう。といっても、今回もジェームスが中心でなくなりそうなんですが。

 彼の元奥さんのカーリー・サイモン。

 元旦那同様、70年代前半のシンガー・ソングライターのブームを支えた人でありました。女性としてはキャロル・キングと双璧?

カーリー・サイモンは、アメリカでも有数の大手出版社、サイモン&シャスター社の創設者兼社長の令嬢です。

番組7曲目にかかった”You’re So Vain”「うつろな愛」。これも誤訳邦題に近いかな。本当なら、「自分のかっこよさを意識しすぎてるあなた」といったほうが近い。1973年のナンバー1ヒットで、彼女の代表曲です。ジャネット・ジャクソンの”Son of a Gun”のサン プリングネタにもなり、カーリー自身も参加しました。

ALL FOR YOU

「うつろな愛」も”Son of a Gun”という囁きから始まります。

彼女は、恋多き女、でした。

この曲の歌詞に歌われている、思わせぶりに帽子で片目を隠し、パーティ会場にヨットの板状を歩いているような腰つきで入ってくる、ニューヨークのサラトガ(私自身が人生で一度だけ馬券を買った場所でもあります。日本ではやったことない)の競馬で持ち馬を簡単に勝たせてしまう、この曲も自分のことを歌ってると己惚れている男のモデル、つまりはカーリーの元彼は誰か、というのはポップス史上の最大の謎の一つです。

Kris_kristoferson_this_old_roadRolling_stones_some_girls 夫君のジェームス・テイラー (James Taylor) 、曲のバックヴォーカルにも参加していたミック・ジャガー(Mick Jagger)、俳優のウォーレン・ビーティ(Warren Beaty)、数回前に紹介した・クーリッジの夫君となる、ソングライター兼俳優のクリス・クリストファーソン (Kris Kristoferson),イギリスからシンガーソングライターブームに乗ってきたット・スティーヴンス(Cat Stevens)らの名前が、可能性として噂されていました。

Cat_stevens_greatest_hits 5年位前、この謎が明かされた、という噂が流れました。

克也さんは車に乗っていて、AFN-EAGLE810でしょうか、DJリック・ディーズがこのネタを話していて、その謎の男とは誰か、といいそうになった瞬間、車はちょうどトンネルに入り、結局誰だかわからず仕舞いだったという。

でもそれは、リック独特の時事ネタを下敷きにしたギャグだったのではないでしょうか? 実際は、まだわかっていないというのが本当のところでしょう。

この噂の元は、5年前、カーリーが、親類が経営する果樹園か何かの資金不足を助けるため、他言無用を条件にこの歌詞の秘密を知る権利、プラス目の前でプライベートライブを観る権利、を公開オークションにかけて話題になったことでしょう。

とんねるずのハンマープライスみたい。

結局その権利はカーリーの友人でもあるNBCテレビの大物プロデューサーが、確か500万ドルで落札しました。カーリーはその落札者とごく数人の友人の前でライブをやり、落札者に秘密を教えたそうです。

このとき、カーリーと落札者は記者会見を開き、「名前のどこかにeが入っている男性」と発表しました。しかしこれは、上の数人にはごらんの通り全員どこかにeが入っているので全く意味のないヒントでした。

更にカーリーは三年前くらいからヒントを小出しにして、「その男の名前にはaが入っている」、さらに「rが入っている」と発言しました。これらが正しければクリストファーソンとスティーヴンスは可能性がなくなったことになります。

そしてカーリーは「その男性とはマーク・フェルト(Mark Felt)よ」と発表しました。

しかしこれは冗談で、これはアメリカ現代史のなかのケネディ暗殺の陰謀と並ぶ最大の謎、ウォーターゲート事件でのニクソン政権からの裏切り内通者「ディープ・スロート」とは何者か?というのがあったんです。

政府からの圧力に屈せずニクソン大統領の悪事を暴くためのキャンペーンを張って有名になり、現在でも活躍中の、ワシントンポスト紙のボブ・ウッドワード記者が命名者で、その事件の過程を描いた映画で、ロバート・レッドフォードがウッドワード記者を演じ、相棒のカール・バーンスタイン記者をダスティン・ホフマンが演じていた「大統領の陰謀」の中でも、影しか出てこない人物でした。

これが3年前、事件当時にFBI副長官だったそのマーク・フェルトという人物だったと判明して話題になったんです。それがちょうど名前に e,a,rが入っているという条件を満たしていたので、カーリーは、同じ1973年の謎の男、という共通点もあり、話題に便乗して冗談を流したのですね。

ちなみにこの「ディープ・スロート」とは、わかる人にはわかる大人の英語です。

この「ディープ・スロート」の謎解明のニュースを、各局の夜のテレビのニュースではどこもいわゆる「女子アナ」といわれる人が読んでました。意味がわかっていたら決して女性に、しかも清楚なイメージで行かなければいけないアナウンサーには読ませられない言葉なんですけどねえ。結構「萌え」ました。

これらの話題を受けて、ウォーレン・ビーティは彼の方から「それじゃそれは俺の歌だ」と発言しました。しかしこれは一方的であまり信憑性がありません。
 というわけで謎はまだ続いています。まあ私は個人的にはミック・ジャガーだろうと踏んでいますが。

James_taylor_sweet_baby_james  “Mocking Bird”  “How Sweet It Is”  “Devoted to You”など、カバー曲で息のあったデュエットを聞かせてくれたジェームスとカーリーも83年に離婚。ジェームスのトリビュート・コンサートにも顔を出していませんでした。

 ジェームスはその後再婚して子供ももうけましたが、恋多き女性だったはずのカーリーの方はずっと一人みたいですね。

 またジェームスそのものの話題にはなりませんでしたし、カーリーと映画のことについても書きたかったことがあるのですが、またいずれ。

|

« Sweet Baby James (part 1?) | トップページ | All by Myself »

70年代」カテゴリの記事

シンガーソングライター」カテゴリの記事

ローリング・ストーンズ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/20410131

この記事へのトラックバック一覧です: Sweet Baby James (part 2):

« Sweet Baby James (part 1?) | トップページ | All by Myself »