« Suddenly I See | トップページ | Ever Changing Times »

2008年3月22日 (土)

Boogie Wonderland!

またまた困ったときのライヴリポート、です。

 今回のアーティストは、アル・マッケイ・オールスターズ。

 私の親戚筋に当たる一部のパラノイアの方々を除いて、ほとんどの方は、なんだそりゃ、聞いたことない、という反応を示されたと思います。

 ところが。

 今回はまず、演奏された曲目リストから行ってみましょう。

1、 Serpentine Fire (太陽の戦士)

2、 Got to Get You Into My Life

3、 After the Love has Gone

4、 Reasons

5、 In the Stone(石の刻印)

6、 Fantasy (宇宙のファンタジー)

7、 Jupiter (銀河の覇者)

8、 Getaway

9、 Singasong

10, Let the Feelings Show 

11, Can’t Hide Love

12, That’s the Way of the World(暗黒への挑戦)

13September

アンコール

14, Boogie Wonderland

15, Let’s Groove

そうなんです。まるっきりアース、ウィンド&ファイア(EW&F)なんですね。

The  Dance

 EW&Fの音楽上のマスターマインドといえば、まずモーリス・ホワイトですが、このアル・マッケイという人も、全盛期のEW&Fになくてはならない存在だったんです。

 以前、現在はジェファーソン・スターシップとスターシップが別々に並存していて南北朝状態だということも話題にしましたが、EW&Fも、本家とこのアル・マッケイのプロジェクトが競っていて似たような状態といえるかも。

 アルはEW&Fにいたサウスポーのギタリスト。その後のファンク、R&Bに大きく影響したカッティングを発明した人でもあります。

 1966年、18歳のとき、自分の町にある有名なR&Bグループがやってきて、ちょっとしたコネで楽屋に遊びに行けた。そのバンドがあるレコードの曲を練習しているとき、バンドにはギターは一人だけ、そのバンドのリーダーしかなかった。ところがアルは生意気にも、「このレコードにはギターは2本入っているようですよ」とそのリーダーに意見した。そしたらそのリーダーは「じゃあお前やってみろ」といってギターを渡した。でもアルは「僕は左利きだからできません」といったんは断った。でもリーダーはしつこく、やれ、と勧めたので、アルはその気を出し、1時間でマスターしてしまった。そしてリーダーは言った。「よし、お前を雇った。今晩からステージに上がれ」。

 そのグループとはアイク&ティナ・ターナー。アルはアイク・ターナーに見出されて音楽の世界に入っていったのでした。ついこの間逝去したアイクに掘り起こされたというあたり、ジミ・ヘンドリックスと似たようなエピソードです(「期限切れ遺失物移管所」の更新が遅れていてごめんなさい)。

 その後、色々なソウル・グループのバックを経て、オーディションを受けてEW&Fに正式加入したのが二十四歳の時。

Spirit  その後はモーリスに次ぐEW&Fサウンドの要となり、「シングアソング」「セプテンバー」などお馴染みの曲、女性ゴスペル三人組だったエモーションズをEW&Fがバックアップしてファンク、ディスコに引き入れたナンバー1ヒット「ベスト・オヴ・マイ・ラヴ」などの作者としても名を連ねる。

 ところが、「レッツ・グルーヴ」の後、80年代半ばになってEW&Fもスランプの時期を迎える。

 大人数のブラスセクションを活かしたファンク、精神的な側面からも独特の世界観を打ち出していたEW&Fも、ディスコブーム、商業主義に載った作品を作ってしまい、ブームが去ってしまうと結局行き詰ってしまった。同じ時期にモーリスも過労で倒れてしまい、グループとしての活動に疑問を持つようになる。

 14人もの大人数を抱えていたグループ内でも意見対立が目立つようになり、モーリスと10歳違いのアルは、グループの若い世代の代表者としてモーリスと対立するようになる。レコードでアルがギターを入れたトラックがあっても、モーリスがスティーヴ・ルカサー(次回も登場するかも?)の演奏に入れ換えたり、といったこともあった。

 ついにアルは84年、脱退を決意する。「EW&Fは世界最高のグループだ。これ以上のグループは作れるわけがないから自分はバンドリーダーにはならない」と最高の賛辞を残しつつ。

 その後、アルはプロデューサーとして裏方に徹します。

トゥルーリー・フォー・ユー

 85年にはテンプテーションズの”Truly for You”というアルバムをプロデュースしますが、80年代は主要メンバーが抜けて、ディスコブームにも乗らず独自のスタイルを貫こうとして逆にスランプだったテンプスが、EW&F的なサウンドと自分たちのコーラスワークを融合させた新しい試みとして、僕は個人的には80年代のテンプスの最高傑作だったと思っています。やはりぜんぜん売れませんでしたが。

 そして90年代後半になり、やはり自分も演奏で復帰したいとの意欲をもち、スタジオミュージシャンを集めて、EW&Fのレパートリーのセルフカバーに新曲を加えてCDを発表、ライヴ活動を再開した。

 これがアル・マッケイ・オールスターズというわけです。

 全盛期のEW&Fと同じ14人編成、ブラスセクションが5人、ヴォーカルも、フィリップ・ベイリーそっくりの高音を出す人と、モーリスそっくりの低音を出す人。アルは地味にバックでギターに専念する、内山田洋とクールファイブ、敏いとうとハッピー&ブルー状態です。

 ほんと、EW&Fのレコードかと思うくらいそっくりの演奏。考えてみれば今の本家EW&Fにはモーリスはいないし、全盛期を感じさせるのはフィリップの高音と、ヴァーディン・ホワイトのやんちゃな腰振りベースだけ。本家のような花火仕掛けや、ピラミッド、ミラーボールを使った派手なステージングはありませんが、例によって小規模のライヴハウスでEW&Fサウンドが楽しめるのだから、かなりお得かな、と思えるライヴでした。本家と同じように、上記の曲をほとんどノンストップ、メドレー形式で息を尽かさず演奏し続けました。会場が踊りっぱなしの「ブギー・ワンダーランド」と化していました。

 驚いたのは、セットリストがまったくなかったことです。曲間がないのだから、当然といえば当然かも。

Al_mckay_allstars_live  また例によってサインをもらいました。EW&Fの全盛期のアルバムジャケットは、同じ時期のElectric Light Orchestra=ELO同様、長岡秀星さんが担当していて、内省的かつ幻想的な世界を描いた細微で写実的な絵が特徴的だったのですが、アル・マッケイのCDジャケもそれらを彷彿とさせます。

|

« Suddenly I See | トップページ | Ever Changing Times »

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

アース・ウィンド&ファイア」カテゴリの記事

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/23735074

この記事へのトラックバック一覧です: Boogie Wonderland!:

« Suddenly I See | トップページ | Ever Changing Times »