« Ever Changing Times | トップページ | Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago(part 2) »

2008年4月24日 (木)

Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago (Part 1)

何回連続でコンサートリポをやっているんでしょう?やっぱり書きやすいんでしょうね。

 今回も話題のシカゴとヒューイ・ルイス&ニューズのダブルヘッドライナーです。

 ダブルヘッドライナー形式、大流行で、いろいろな組み合わせでやられているようです。

 ちょっと前に単独来日していたナイトレンジャーは今度はファイヤーハウスと一緒に回ります。

 前回のネタだったボズ+TOTOもそうですね。

 以前に何回か取り上げた、DVDでも観られるスティクスREOスピードワゴン。最近はこれにデフ・レパードが入ったり入らなかったりしているようですが、これもそのまま日本で観てみたい組み合わせですね。

 組み合わせが成立するにはいろいろな事情があるのでしょうが、ボズ+TOTOみたいに、関係や音楽的共通性が多く見つけられるパターンだと、観る楽しみも倍増します。

 ここのところ毎年、シカゴはパートナーを換えつつ大きな全米ツアーをやっています。

 他にパートナーになったのは、アース・ウィンド&ファイア(EW&F)、アメリカ、リトル・リヴァー・バンドなどなど。

 シカゴ・ヴイエス・アース・ウィンド&ファイアー 「ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター」

EW&Fとの競演はLAでの公演をDVDで見ることができます。これは上の組み合わせの中でも最も良かったものではないかと思います。

 組み合わせ的にも、実は最も共通点があった二組ではなかったでしょうか。

 共にシカゴ(街の名前です。当然)が拠点。

 EW&Fのモーリス・ホワイトとシカゴのロバート・ラムはシカゴ大学の同窓生。

 共にブラスセクションが前面に出される音作りが特徴。

 シカゴのビル・チャンプリンはEW&Fのヒット曲 “After the Love has Gone”の作者。

 EW&Fは常にシカゴを意識していたという。78年、ビートルズの曲だけで繋ぐ、ピーター・フランプトン、ビージーズ三兄弟主演、RSOグループのマネジメントによる映画『サージェント・ペパーズ』の中で”Got to Get You into My Life゛を演奏するために出演する話は、実は最初はシカゴに行ったのだが断られたためEW&Fになったのだそうだ。そこでEW&Fは、もしシカゴがその曲を演奏するとしたらどうなるだろうか、ということを念頭にアレンジしたんだそうです。映画は大きくコケましたがEW&Fの登場場面と彼らのその曲は異彩を放っていた。

 そんなわけで、この2グループの競演はすごかったです。

 2バンドが同時に出てくるオープニングとクロージングは圧巻です。

 EW&F”In the Stone””Never, never my darlin, never will you be alone…”というコーラスと、シカゴの“Introduction””We can make it happen, yeah, we can make it happen”というコーラスを同時に掛け合いで演ってしまったり。この二つの曲がピタっとあってしまうなんて想像もできませんでした。

 それぞれのパートでも、リードヴォーカルの交換で、ビル・チャンプリンがEW&Fをバックに”After the Love…”を歌ったり、フィリップ・ベイリーがシカゴをバックに”If You Leave Me Now”「愛ある別れ」を歌ったり。このDVD70年代、80年代が好きな人には涙ものです。

 アメリカとは、ロバート・ラムが、アメリカのジェリー・ベックリー、ビーチボーイズの今は亡きカール・ウィルソンと共に Beckley-Lamm-Wilsonというユニットを組み”Like a Brother”というCDを発表したことがあります。でもその程度でしょうか。

 リトル・リヴァー・バンドと今回のヒューイ・ルイス&ニューズに関しては、そのような関連性が全く思い浮かびません。強いて言えば共にシカゴほどではないにせよ、やはりブラスとコーラスを重視しているグループ、といったところでしょうか。

 まあいずれにせよ、70年代、80年代に活躍していたグループの中から、スケジュールを睨みながら色々選んでいる、ということで、深く考える必要はないのでしょう。それを四の五のここまで引っ張る私は本当にロクな者ではない。

 さて、当日のコンサート。まずはヒューイ・ルイス&ニューズの登場です。

 ちなみに上記のダブルヘッドライナー全て、シカゴが後に登場しています。

 またEW&Fとの話に戻りますが、オープニングで必ず、どちらが先に演るかコイン投げで決めよう、とやって、2004年の48回の公演で、全て同じ結果が出てEW&Fが先になった、ということになっています。これはいくらなんでも嘘ですよね。コイン投げ約50回で全て同じ結果が出る確率は2の50乗分の1。天文学的数字になってしまう。そりゃそうでしょう。ただでさえ大人数のバンド二つなんですからセット換えの問題もあるし、順番は予め決めておかなければ。

 

SPORTS(紙ジャケット仕様) さて、真っ暗の中から心臓の鼓動が聞こえてきて、黒いシャツのヒューイが登場、やっぱり

 Heart of Rock & Roll

から始まりました。84年、彼らの人気を決定的にした金字塔アルバム”Sports”のオープニング曲。それ以来、彼らのライヴの第一曲目の座を一度も降りていないようです。ニュー・ヨークから始まって、アメリカ中の都市の名前が歌詞に出てきますが、肝心の「シカゴ」は出てこないんですよねえ。原曲は最後にクリーヴランド、デトロイト、と叫んでフェイドアウトしますが、デトロイトの替わりに「ナゴヤ!」と叫んで掴みにします。

 そのまま次の曲のイントロが始まり、「これは新しい曲だよ」と言いつつ、

Plan B

2 So Little Kindness

 新しい曲といっても、2001年の “Plan B”というCDに収められていた曲。7年前でも、それ以来はオリジナルアルバムが出ていないわけだから…

3 I Want a New Drug

4 Small World

 この2曲は完全にメドレー形式で。”Drug””Sports”からの2曲目のヒットで、同じ年に出てきたレイ・パーカーJrの「ゴーストバスターズ」は これの盗作だと騒がれ、リズムは確かに同じに聞こえるが、この”Drug”自体、リズムはM”Pop Muzik”から頂いている、などとちらほら。

Small World/Sports

 “Small…”の方は、88年のアルバムのタイトル曲。歯切れのいいキーボードから始まって、うまく繋がりました。

FORE!(紙ジャケット仕様)

5 Doin’ It All for My Baby

 “Sports”に続く、ノリにノッていた時期の86年の “Fore”から。こういう曲を聴くと、彼らはサンフランシスコ出身ながらウエストコーストロックの影響は少なく、ルーツは南部のメンフィスやニュー・オーリンズあたりのR&B、それにスワンプロックではないかと感じます。ブラス、特にサックスがブルージーですね。

6 The Power of Love

 ご存知、85年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のサントラから。映画の中でもマーティ・マクフライ役のマイケル・J・フォックスが学園祭の出演目指してバンドコンテストで演奏しますが、「ハイ、止めて、五月蝿いだけ、次!」と不合格を食らう。その審査員ですまして座っていたのがヒューイ自身だった。懐かしいですね。

7 Jacob’s Ladder

“Fore”から。87年の彼らの来日に前座で付いてきたブルース・ホーンズビーの曲ですね。

 ここでブラスセクションは引っ込み、バックの四人も楽器から離れマイクの前に横一列に並んで、「ここらでアカペラはどうだい?」と、

8 It's All Right

これはカーティス・メイフィールドやジェリー・バトラーがいたインプレッションズというグループがオリジナルで、ドゥーワップのスタンダードの一つです。やっぱりそういうところがルーツなんですね。かなり初期から彼らのライヴで一息つくときの定番になっていて、見事にオリジナルそっくりに決めます。

 そういえば、彼らがベストヒットUSAに初出演したとき、いきなり、やはりアカペラの定番で、山下達郎やティモシー・シュミットも演っているタイムスの”So Much In Love”をいきなり歌いだしたんですよね。

 彼らのコーラスワークは必ずしも綺麗だとは思わないのですが、音を外さない範囲でのある程度の荒さが、逆に60年代の南部R&Bの雰囲気を出していると感じます。

 またすぐ楽器の配置に戻って、終盤に突入します。

9 Heart and Soul

 “Sports”からの最初のヒット曲。オリジナルは”Kiss You All Over”のエグザイル(日本の同名グループとは関係ありません。もちろん)です。

10 But It's Alright

94年にR&B中心のカバーアルバム “Four Chorus and Several Years Ago”を出しますがその中から、スタックス・ソウルのエディ・フロイドの曲。ウィルソン・ピケットを髣髴とさせる曲です。

 ここまで、競演のシカゴへのエール交換が全くなかったのですが、この曲のホーンに“Does Anybody Really Know What Time It Is?”のフレーズを紛れ込ませていました。

11 We're Not Here for a Long Time (We're Here for a Good Time)

 「一番新しい」”Plan B”からの曲で、「アリガトーゴザイマシタ,ニホンゴカンタン」といったん袖に引っ込みます。

 アンコールに応えて再び登場

12 Back in Time

 さっきの映画「バック…」のエンディングテーマ。ここからシカゴの若い(といっても私と同い年らしい)ギター、キース・ハウランドが加わってきました。

13 Bad Is Bad

ここからビル・チャンプリンも登場、珍しくギターを持って出てきました。

  この曲は”Sports”に収録されている、レコードではドゥーワップっぽいアレンジですが、ライヴではよりアップテンポに、ヒューイのハーモニカも入ってサザンロックっぽくやります。ビルもリードヴォーカルを部分的にとりました。

 そして最後の最後

ベイ・エリアの風(紙ジャケット仕様)

14 Workin’ for a Living

 彼らがブレイクした82年の “Picture This”から労働者の歌。トレードマークのヒューイのハーモニカとブラスの大盛り上がりで、第一部の完全終了。セット換えのため休憩に入ります。

 彼らもベテランですがメンバーチェインジが殆どない、ヒューイと少年時代から付き合っている人たちばかり、そのチームワークのよさが改めて伝わってきました。

 考えてみれば、”Do You Believe in Love?””Stuck with You”,”If This is It”なんていう代表曲が聴けなかった(場所によっては演ったかもしれない)のですが、その分、彼らのルーツが前面に出ていたような選曲だったと思います。

 なんとシカゴのパートに全然届かず、こんなに長くなってしまいました。

 休憩時間明けの話はまた次回に。すぐ書きます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー ― オリジナル・サウンドトラック

|

« Ever Changing Times | トップページ | Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago(part 2) »

70年代」カテゴリの記事

80年代」カテゴリの記事

アース・ウィンド&ファイア」カテゴリの記事

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

シカゴ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/24376778

この記事へのトラックバック一覧です: Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago (Part 1):

« Ever Changing Times | トップページ | Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago(part 2) »