« I Go Crazy | トップページ | Video Kills a Radio Star »

2008年7月16日 (水)

When Will I See You Again?

ライブリポートに戻ります。

今回はスリー・ディグリーズ。

うわあ、我ながら古いー。

ひょっとしたら、私の母親よりほんのちょっと若いくらいかもしれない。

そんなオバサン三人組。

1970年代に一世を風靡したフィラデルフィア・ソウルの看板、当時は「三人娘」。

モータウンにとってのスプリームスに匹敵する存在だったといえます。

克也さんもフィリー・サウンドには色々と思い入れをお持ちのようで。

少し前になりますが、5月のDJ KOBYでその薀蓄を語られていますから、それをチラチラと眺めつつみていきましょう。

例によって食事つきの小さなライヴハウスです。

現在のメンバーは、(ステージで並んでいた順、左から)ヴァレリー・ホリディ、ヘレン・スコット、シンシア・ギャリソンの三人。1963年結成時からのオリジナルメンバーは一人もいません。最古参は67年からのヘレンですが、66年から76年に中抜けして、丁度最盛期を逃しています。最盛期から現在までその座を守り続けているのは67年加入のヴァレリーのみ。シンシアは新加入です。

フィラデルフィアの作品を中心としながらも、モータウン、ディスコの定番も取り入れて、70年代のソウル、ディスコをみんなで懐かしむパーティ、そんな感じでした。年齢を20歳サバを読むような、胸の開いたドレスで三人の登場。

1、 I Love Music

克也さんが仰っていたとおり、ファンには言わずもがなですが、70年代のフィラデルフィア・ソウルにはケネス・ギャンブル&レオン・ハフというコンビのキーパーソンがいました。ニューヨークで量産されるソウルに疑問を持ちフィラデルフィアにやってきてフィラデルフィア・インターナショナル・レコードを立ち上げ経営し、自らもプロデューサー、作者となり、傘下アーティストに歌わせてヒット曲を量産する。

The Essential O'Jays

 スリー・ディグリーズは女性の看板ですが、その男性版の代表格がO’JAYsではなかったでしょうか。もともとオハイオ州出身(O’JayとはオハイオのDJ,そう名乗っていた有名なDJがいてそこから名前を頂いたらしい)、エドワード・ルバート(「カサノヴァ」のヒットがあるジェラルド・ルバート、やはりR&Bシンガーだったショーン・ルバートのお父さん。この二人の子供に先立たれている)を中心に結成され、フィラデルフィアに移って大成功した。これはオージェイズの全盛からやや後期の76年のヒット曲で、フィラデルフィア・ソウルそのものの全盛期にはコーラス、ストリングスが美しいバラードが多かったギャンブル&ハフ作品でしたが、70年代後半になるとディスコを相当意識するようになり、この曲もディスコブームに乗って大ヒットしました。それを女性コーラスの看板スリー・ディグリーズが。。。今にして思えばこのショーの全体像を象徴していたような幕開けでした。

2、 Take Good Care of Myself

3、 Woman in Love

この二曲あたりは、後に出てくる「天使のささやき」「荒野のならず者」に次いで、ファンにはよく知られている彼女らのレパートリーです。

4、 Marvin Gaye Medley

Your Precious Love~Sexual Healing~What’s Going On?~Mercy Mercy Me~

Let’s Get It On

ここでモータウンというか、マーヴィン・ゲイへのリスペクトを表したパートで、60年代のタミ・テレルとのデュエットの名曲、70年代の代表曲、非業の死の直前の「セクシャル…」まで。

The Marvin Gaye Collection

それが終わったら、バンドメンバーの紹介、そして、聴衆に向って「独身の女の人いる?だったらドラムのXXがお嫁さん募集中よ。独身の男の人いる?だったらシンシアがお婿さん募集中よ。独身でも既婚でも、男はみんな『エッチ!(日本語で)』」とMCがあって

5、 Dirty Ol’ Man

そう、「荒野のならず者」という邦題で日本のディスコで大ヒットした曲で、確かに西部劇を連想させる壮大さはあるのですが、内容は全然関係ありません。直訳すれば、「このスケベジジイ!」ですね。彼女らを日本で有名にした73年のヒット。

6、 「にがい涙」

  克也さんも仰っていましたが。

  後でも書くことになると思いますが、スリー・ディグリーズはアメリカで人気が落ちたあとも日本では高い人気を保ち、日本のファン向けに日本語で録音もしちゃって、シングルでちょっとヒットした演歌みたいな曲もあるんです。筒美京平さん作曲。  

7、 Philly Medley

  The Love I Lost~Ain't No Stoppin’ Us Now~If You Don’t Know Me By Now~ Together

   小生が勝手にPhilly メドレーと名付けましたが、中にHarold Melvin & the Bluenotesのヒット曲が二つ入っています。フィリー・サウンドの男性側のもう一翼を担った人たち。”The Love I Lost”74年の、そしてシンプリー・レッドのカバーでもお馴染みの”If You Don’t Know Me…”73年の、ともにギャンブル&ハフのペンによる。

    間に挟まった”Ain’t No…”79年の McFadden & Whiteheadのディスコヒット。マクファデン&ホワイトヘッドは、ギャンブル&ハフに次いでフィリー・サウンドを担ったソングライターコンビでした。ギャンブル&ハフが美しい軽めのナンバーが中心だったのに対し、このマクファデン&ホワイトヘッドは骨太、やや暗め、社会的なメッセージもこめた、モータウンのノーマン・ホィットフィールドあたりに影響を受けたような曲を書いています。オージェイズ”Backstabbers「裏切り者のテーマ」、ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツ”Wake Up Everybody”など。この “Ain’t No…”も本当はハロルド・メルヴィン&ブルーノーツに演らせるつもりで書いたけれど、渋いバリトンヴォーカルのテディ・ペンダーグラスが辞めちゃったから(ハロルド…は、アメリカ版「内山田洋とクールファイヴ」「敏いとうとハッピー&ブルー」だったんです(笑)。グループ名に冠されているリーダーが最も有名なメンバーでも、リードヴォーカルでもなかった)、曲の良さが出ないので自分たちで歌った、という。

The Best of Harold Melvin and the Bluenotes Ain't No Stoppin' Us Now: Best of the Pie Years Greatest Hits

   Togetherは、まだフィラデルフィア・インターナショナルを立ち上げる前の67年、ギャンブル&ハフがイントルーダーズに提供した曲。82年にブラウン・アイド・ソウル(ラテン系アメリカ人が演るR&B)のティエラというグループがカバーして再ヒットしました。この曲、大好きなんです。意外なところで突然聴けて嬉しかった。

8        Disco Inferno

そろそろ佳境に入りダンスパーティの様相を呈し、聴衆に立ち上がれと促します。曲はサタデーナイトフィーヴァーのサントラにも入っていて大ヒットした。ディスコの定番。映画「タワーリング・インフェルノ」にインスパイアされた、ディスコを火事の高層ビルに例えた曲。オリジナルを演っていたのはトランプス。彼らもフィラデルフィアのグループだったのですが、結局彼ららしくないこのディスコナンバーが代表曲となってしまいました。

The Best of the Trammps

9        Love Train~TSOP

ギャンブル&ハフにとっても、オージェイズにとっても代表作の一つでしょう。73年のナンバー1ヒット。電車で世界中の町、国を繋いで愛を広める。

そして、フィリー・サウンドといえば、ダリル・ホールも参加したかったけど適わなかった、これら多くのヒット曲全てのバックを勤めたオーケストラがあり、彼ら自身もMFSB(Mother Fucker Son of a Bitch? Mothers Fathers Sisters Brothers? 笑)と名乗ってインスト・レコードを何枚か出しています。そしてこのTSOP, The Sound of Philadelphia が、当時のソウル専門テレビ番組「ソウルトレイン」のテーマにも使われ、ナンバー1ヒットになりました。スリー・ディグリーズも曲終わりのコーラスで参加していました。TSOPのリフを延々と続け、彼女たちはいったん舞台裏に引っ込み、また出てきます。

Love Is the Message: The Best of MFSB

10    When Will I See You Again

そしてアンコールは、彼女たちの代表曲「天使のささやき」。コーラスが綺麗な曲です。日本では、70年代から80年代にかけて赤坂局が毎年やっていた「東京音楽祭」の、第74年度最優秀楽曲賞を受賞し、彼女らの日本での人気を不動のものにし、その後アメリカ、世界各地で火が付いた、という曲です。美しい天使のコーラスは健在?

この曲でまた引っ込んで、また出てきて、アンコール2曲目でやったのはなんと

11    Boogie Wonderland

  アース、ウィンド&ファイアのあの曲でした。もう30年たてばなんでも一緒なのか?

この曲はレコードでは、やはり女性三人組のエモーションズがフィーチャーされていて重要な部分を歌っていたので、スリー・ディグリーズとしても歌いやすかったのでしょう。無理やり総立ちにさせて躍らせて、ディスコパーティーは終わりました。

ベスト・オブ・エモーションズ

「今度はいつ会えるの?」って、また秋に来日するみたいです。いかがですか。

Three_degrees

|

« I Go Crazy | トップページ | Video Kills a Radio Star »

70年代」カテゴリの記事

アース・ウィンド&ファイア」カテゴリの記事

コンサート・ライヴ」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/27239265

この記事へのトラックバック一覧です: When Will I See You Again?:

« I Go Crazy | トップページ | Video Kills a Radio Star »