« Old Friends | トップページ | Saturday in the Park (Part 2) »

2009年8月24日 (月)

Saturday in the Park (Part 1)

サイモン&ガーファンクルのリポートで一回飛ばしてしまいましたが、予告していた、小生が感じるアメリカのラジオ業界の変化について、が今回のテーマです。

克也さんの618日付日記にあったように、巨大資本によるラジオ局の買収競争の影響が、小生のラジオ生活にも微妙に影を落としつつあります。

小生に直接影響しているのは、クリアチャンネルとCBS Radioですね。

アメリカのラジオが大好きな小生は、地上波で進駐軍放送(FENAFNのことです)しか選択がなかった少年時代に比べ、ストリーミングでいろいろなフォーマットのラジオ局がオンタイムで聴けるようになったインターネットの普及には感謝しているのですが。

おそらく一番多くの局を買い占めていて、ストリーミングの方式を統一しているクリアチャンネルが、アメリカ国外への配信をシャットアウトしてしまい、かなりの数のお気に入りだった局が聴けなくなってしまったのは以前書いたとおり。

それでもインターネットではどんな分野でもありそうな話ですが、「裏サイト」(そんないかがわしいものではありませんが)があって、クリアチャンネル支配下の局も国外から聴けるようにしてくれていました。ところが敵もさる者、クリアチャンネル側もある日突然ストリーミングの方式を一斉に変更してそういうサイトへの嫌がらせをしたり、またそのサイトもその新方式に対応するように変更してくれたり、そういう鼬ごっこが数ヶ月ごとに起こっていました。現在では、クリアチャンネル支配下局は全てではありませんがそのサイトのお陰で大部分聴けるようになっていて、一応安心しています(関心のある方は小生に御一報下されば、その裏道をお教えいたします)。

大物DJになりますと各局ではなくこの「親会社」と契約する形式があるようで、小林克也、ウルフマンジャックらと並ぶ小生の少年時代からのラジオヒーロー、今でも現役のチャーリー・ツナですが、去年の春までこのクリアチャンネル傘下にあるロサンゼルスKBIGという局の月金朝の帯を担当していましたが、このKBIGがトップ40からHOT ACにフォーマットを変更したとき(フォーマット変更は珍しくない話で、この程度なら可愛いほうです。昨日までソフトACを流していた局が日が明けていきなりDJ全員スペイン語になってラテン専門局になったりする)、KBIGからは降板しましたが、まだクリアチャンネルとの契約期間が残っているという理由から何ヶ月もラジオに登場しない空白の時期がありましたが、現在はCBS Radio配下、やはりLAの名門60年代オールディーズ専門局K-EARTHに移籍し、土日の朝(日本時間では日月早朝)時間帯を担当しています。

そのCBS Radio,クリアチャンネルほど阿漕なことはやっておらず、その傘下局は日本にいても何も問題なく聴けるのですが、最近やはり不気味に手を広げつつあります。

なんと、ヤフーのラジオ部門を買収してしまいました。

それまでのヤフーのラジオとは、ジャンル別、アーティスト別に無数のホームページ形式ラジオ局があり、またユーザーも自分の好みのジャンル、アーティスト、アルバム、曲に得点を入力していくことによって、その結果によって好みのタイプの曲を自動的に選曲してくれる、自分だけのラジオ局をカスタマイズで持てる、といううれしいサービスがあったのです。

小生も、IDを二つ持って、ロックっぽい選曲のやつと、R&Bっぽい選曲のやつ、二つ局を持っていて、「遺失物移管所」サイトにも貼り付けていました。世界中の音楽ファンがこのサービスを利用し、想像つかないほどの数のネット上仮想ラジオ局があったのでしょう。

ところが、この買収劇の結果、パーソナル局のサービスが一瞬にして消えてしまいました。
 現在はヤフーとCBSとの交渉で、CBSはヤフーに倣って、それまでなかったジャンル、テーマ別のノンDJ局を作って代替に近づけようとしてはいますが。

自分の好みでカスタマイズできるラジオ局の楽しさには遠く及ばない。自分のテイストに近い曲が、次に何がかかるのか予想できないまま流れてくるのは仕事中、遊び中のBGMとしては最高でした。これがなくなってしまったことは本当に痛い。

また、似たようなサービスをしていたFinetunesという音楽SNSもありましたが、これもほぼ同時期に自分の選曲リスト(「局」に相当します)を新たに作ったり新たな曲やアーティストを加えたりすることができなくなりました。その時点以前に作った選曲リストによるランダムプレイは残されており、そういうわけでもう更新はできませんが機能はしています。これも小生のサイトに貼り付けてありますからBGMにどうぞ。

これらはラジオ業界に巨大資本の手が伸びてきているというよりは音楽の著作権から発生した問題かもしれませんが。いずれにしろ裏で得体の知れぬ巨大な力が動いていることは想像に難くないわけで。

最近のベストヒットも、R&R誌社がビルボードに買収された2年前から予想されていたことですが、番組開始以来四分の一世紀以上名物だった、「有名な業界誌、ラジオアンドレコーズのチャート」のコールができなくなったのは寂しいですね。

克也さんは、アメリカから地方色を持ったラジオが消えてしまうのではないか、と悲観的なご様子ですが。

確かに、そういう巨大資本の影響からか、地方のオリジナル番組やCMスポットはどんどん減っていき、シンジケート番組がどんどん幅を利かせているようです。例えばACフォーマットの局では全国的に月金の夜5時間(日本だと朝になります)、一様にデライラというおばさんの番組をやっていて、リスナーと電話で結んで「あの人に贈りたいfrom me to you」リクエストみたいなことをACの曲で延々とやっています。この時間帯、どこの局にチューンしてもそれをやっているんです。このデライラという人、それ自体は悪いことではないのですが、彼女自身が多くの孤児の里親になっていて、ラジオを通じて孤児救済運動をやっているような人で、ちょっと宗教がかっていて、どうもテイストに合わないので、ACフォーマット局は嫌いではないのですがこの時間帯だけは避けています。
 確かにラジオは変化するでしょう。

そのようなラジオの「全国化」にあわせて、小生のように海外でPCで聴いたり、アメリカ国内でもPDA,スマートフォン、iPodなどでこれらのストリーミングを受信する人たちが少しずつ増えている。

それでも、アメリカの本質は日本の25倍ある広大な田舎で、その田舎に住んでいてこのオバマ政権のご時勢でも共和党を支持している人たちは、相変わらずトラックのカーラジオで地元の出力の弱い局からカントリーやオールディーズを聴いているのだと思います。

そういうアメリカが半分残っている限り、古きよきラジオのスタイルは不変だと思いますが、どうでしょうか。克也さん。

アメリカのラジオ業界の「歴史的」変化について、実はもう一つ書かなければならないことがあるのですが、また長くなってきたので次回に回します。なぜタイトルがSaturday in the Parkなのかの種明かしもそちらでしますね。

87日、お盆の帰省を利用して上京、またまたファンキーなスタジオにご挨拶、お邪魔してしまいました。銀座ファンキーズの皆様、またまたご迷惑をおかけしましたが、楽しい時間をすごさせていただきありがとうございました。いろいろ大変なことのあった日でしたが(813日付克也さんの日記参照)、愚息をカンカンクイズの子供鼻歌に出演させてくださりありがとうございました。Queen”We Will Rock You”だと正解を出してくださった方、ありがとうございました。

リスナーの投稿では「ロートルズ」とか「ローガンズ」とか無茶苦茶言われていましたが、実際は平均年齢はすごく低く、エネルギーに満ちて仕事に燃えている人たちばかりですよ。リスナーの皆さん、もっとスタッフの人たちに敬意を払いましょう。もちろん、克也さんにも。

Tebasaki_sshusei Kats_ricky_gyao_shusei


名古屋土産の名物(?)手羽先パイ。評判はどうだったかな?ビートルズ「青盤」の裏ジャケとのコントラストがなんともいい味を出しています。

Kats_rick_mugyu_shusei Kats_harry_aheahe_shusei_2

愚息と孫みたいに遊んでくれた克也さん。偶然にも服の色が同じ空色だった(その次週放送のベストヒットでも着ていらっしゃいましたねえ)。長丁場でお疲れの克也さんを、指圧マッサージのいろはを少し「門前の小僧」でやった小生が失礼して。思いっきりツボを外してしまい苦痛を通り越してアヘアへ顔になってしまった克也さん。腕に隠れてしまいましたが小生のファンキーオッパイTシャツにもご注目ください。

*2010年4月現在、CBSも傘下の一部の局の海外に向けてのストリーミングをブロックし始めました。

|

« Old Friends | トップページ | Saturday in the Park (Part 2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80310/34142917

この記事へのトラックバック一覧です: Saturday in the Park (Part 1):

« Old Friends | トップページ | Saturday in the Park (Part 2) »