日記・コラム・つぶやき

2010年9月23日 (木)

Take It Easy~All I Wanna do

またまた続くライブリポート。

 ジャクソン・ブラウンとシェリル・クロウのダブルヘッドライナー。

 しかもあまり大きくない場所で。これは楽しみです。俺が一番得意なシンガーソングライター、ウェストコースト、Hot ACのジャンルで。

ジェイムス・テイラー・トリビュート・コンサート [DVD]

 この二人が正式に同じステージに上がって同じ曲で最初に共演したのは、僕の知る限り、2006年、ジェームス・テイラーへのトリビュート・コンサートでした。ジェームスの音楽活動開始何周年かをかねて、その前年のハリケーン・カトリーナでの被害救済のために意を一つにしたアーティスト団体 Music Caresのイベントでもありました。ディシー・チックス、ボニー・レィット、スティング、インディア・アリー、アリソン・クラウス、キース・アーバン、ブルース・スプリングスティーン、デヴィッド・クロスビー、キャロル・キングらが集合し、ジェームスの曲をそれぞれの解釈で演奏しました。ジャクソンとシェリルは「メキシコ」を演りました。ここに集まったアーティストたちの中で、ジャクソン、ジェームス、ボニー・レィット、ブルース・スプリングスティーン、デヴィッド・クロスビーが、1979年、原発反対のために集まったNo Nukesに参加した人たちと被っています。シェリルは2008年大統領選挙での民主党大会でもステージに上がったし、政治的なスタンスのうえでも二人は共通点があるのでしょう。シェリルはジェームスに、「あなたの音楽は私の人生を変えました」と言っていましたが、同じ世代のジャクソンに対しても同じようなリスペクトがあるのでしょう。

 最初はジャクソンでした。これは、小生にとっては、エー、ウソだろ、って感じでした。てっきりジャクソンのほうが後だと思っていました。でも考えてみたら、いくらベテラン、西海岸が最も西海岸らしかった頃の西海岸を背負って立っていた孤高の男にしてみても、ヒット曲の数ではすでにシェリルに抜かれていて、より今に近い分、シェリルのほうがお馴染み度も深いか。

 1年前、前回来日時にベストヒットにも出演、克也さんも直にインタ。それを横目で見ながら行きましょう。

Jackson_browne_setlist

 その1年前に登場した時、またそのときの新譜「時の征者」のジャケットのようなヒゲ面ではなくさっぱりしていました。

Time the Conqueror (Dig)

 いきなりその、「時の征者」の2曲から始まりました。「“Time is on my side”から始まるけれど、今の時代には僕は明らかに後れている。これは子供の頃の夢をイメージして作った曲だ」と言っていました。

Jackson Browne

 それ以降は70年代の、内省的な曲を書いていた時代の曲が5曲続きました。ジャクソンもギターから中央に持ってこられたキーボードへと移ります。72年のファースト・アルバムから、”Rock Me…””Fountains of Sorrow”, ”Late…”74年の名盤”Late for the Sky”から。このアルバムには、No Nukesで歌われた”Before the Deluge”,ニコレット・ラーソンの追悼コンサート(これもNo Nukesに参加したアーティストがかなり被っていました)で歌われた” For a Dancer”なんかも入っていました。

Late for Sky

ジャクソンは前々回の来日ツアーではギター一本バックなしで、事前セットリストなし、全て客席からのリクエストに答えるという形式のライヴをやっていたので、その時を憶えている人がいたのか、この辺りであれを演れこれを演れという声がやたらかかり、ジャクソンは「そんなにIf It Makes You Happyが聴きたいかい?」と笑いを取ったり。でもリクエストに答えてセットリストにない”Sky Blue and Black”の一節を短く挿入しました。

For Everyman

“These Days”, “Take It Easy”はセカンドアルバム”For Everyman”収録。”Take...”はジャクソンはファーストアルバムの以前にハコが出来ていて彼のデビューシングルになるはずだったがどうも当時の彼に似合わない垢抜けた曲で、曲のフィニッシュが巧く決まらず後回しにされた。それをグレン・フライに持っていったところ、グレンは「アリゾナ州ウィンズローはいい景色だな」以下の歌詞を加え、EEaasYYYと最後を伸ばすコーラスをフィニッシュにして曲を完成させて、先に彼の新しいバンドが取り上げてしまった。あとはご存知のとおり。

ここでステージが真っ暗になり、”Lives…”ベストヒットでビデオが流れた”For America”も収録された86年のアルバムのタイトル曲。インタでは「時間が経過するにつれて、周りの人間が変わっていくし、その人たちの音楽の好みも変化するし、自分の好みも変化する」と言っていました。80年代前半は、初めて”I love you””というフレーズの入った曲を書いたり、青春映画のサントラに”Somebody’s Baby”を入れてシングルヒットを出したりちょっと軟派になりかけましたが、この”Lives…"あたりから音楽性も変化させつつ政治性を前面に出し始めました。

Naked Ride Home

それから、2002年の Naked Ride Home からの“About My Imagination”、「時の征者」からの”Givin’ That Heart Away”と新らし目の曲が続きました。

孤独なランナー

そして、第一部の幕、ライヴアルバムだけど全部新曲だった78年「孤独のランナー」からの”Love Needs…”76年の名盤の表題曲”Pretender”、そしてその「孤独のランナー」で盛り上がってジャクソンのパート終了。

Pretender

こうしてみると、ヒット曲の数はそれなりにあるのに、彼自身のヒット曲は「孤独…」のみ、あとは全てアルバムカット。でもみんなが知っている曲でライヴが成立してしまう。やっぱり彼の音楽はキャリアを通じてヒットチャートとは別のところにあったんだなあ、と再確認できました。

あれ、でもいくらなんでも、あの曲を演ってないなあ。

バックのギターは、80年代以降の西海岸を支えていたマーク・ゴールデンバーグでした。

さて、20分の休憩を挟んでシェリル登場。

これはもう、彼女のベストアルバムを生で聴いている感じのヒット曲のオンパレードでした。

Sherryl_crow_setlist

もう1990年代もオールディーズなのかな。

告白すると、個人的には90年代前半の数年間、本職を得るための修行をしていて音楽に少し弱くなっている時期(ベストヒットも中断しちゃったし)があるのですが、彼女はその直後に出てきました。それでも”All I Wanna Doを聴いて、これは何だろう?と思ったものですが、今にして思えば、彼女が正統な西海岸の後継者だったんですね。 

印象に残ったのは彼女の器用さです。彼女は曲によってアコギ、エレキをころころ換えたりベースを演ったりしてました。

Sheryl Crow

ジャクソンもジョークで言っていた”If It Makes You Happy”でいきなり始まりました。セルフタイトルの二枚目で、ロックっぽい彼女を印象付けた。

Tuesday Night Music Club

デビューアルバムTuesday Night Music Clubからの“Can’t Cry Anymore”

2年前と比較的最近のアルバムDetourからの”Love is Free”

Detours

三枚目「グローブ・セッションズ」からの”My Favorite Mistake”

ベスト盤のための新録音、キャット・スティーヴンスのカバー、ロッド・スチュアートもヒットさせていた”The First Cut is the Deepest”

The Globe Sessions

ディズニーのアニメ映画「カーズ」に提供した”Real Gone”

同じく映画Bee Movieのサントラで録音したビートルズの”Here Comes the Sun”.

と、バラエティが富み且つ耳馴染みのある曲が続きます。

ファーストアルバムからの二番目のヒット、”Strong Enough”。そういえばこの曲のアコギやマンドリンを聴いて、ある程度この人の方向性がわかってきたように憶えています。

「みんな、ブラックベリー持ってる?そのうち、みんなの頭の中にチップが埋め込まれる時代が来るんじゃないかしら、と思って作った曲よ」とMCが入って”Good is Good”

いよいよ盛り上がってきて、「これはちょっと古いけどね」と言われて”All I Wanna Do”1994年ってそんなに古いか。あ、もう16年も前か。「これはディスコでもカントリーでもないわ。ここはLAよ」のせりふで始まる、LAはお決まりで「ナゴヤ」に置き換えられました。

“Soak Up the Sun,” “Everyday is a Winding Road”もうこのあたりになると注釈を付けようとするほうが馬鹿ですね。

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シェリル・クロウ

最後”I Shall Believe”。ファーストアルバム最後に収められていた曲でシングル曲でもなくかつてはライヴでもあまり演奏されなかったものが、ベスト盤に選曲されていて意外だと思われましたが、ここにジャクソンに通じる彼女の政治性が見え隠れするのですね。平和を希求する曲。

ここでいったん引っ込み、再びシェリルのバンドが出てきて、「ジャクソン、出てきて!」と呼びました。メガネをかけてジャクソンも再登場。シェリルが「(ある意味で)ジャクソンの曲を一緒に演るわね」とMC。それでさっきの、まだ出てきてなかったあの曲が始まりました。”Doctor My Eyes”。ただしオリジナルとはかけ離れたロック食の強い現代的なアレンジでした。それが「ある意味で」だったんですね。

そして最後も二人でやった”Peace Love and Understanding”は、ニック・ロウ作、エルヴィス・コステロが取り上げた曲。シェリルは去年エルヴィスと共演して感銘を受けたようです。

という、私にはとてもうれしい一夜でした。

それにしても、ジェームス・テイラーよ。日本の一極集中に毒されていないか?なぜ東京、横浜でしかやらないのだ?せめて大阪には来い。君の弟リヴィングストンは名古屋くんだりまでやってきて、たった60人の前で歌ったんだぞ。

Liv_taylor_3way_mirror_autograph Liv_taylor_mans_best_friend_autogra

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

Try to Remember/ The Way We Were

あけましておめでとうございます。

まだ正月ボケが続いている方もいらっしゃるでしょう。少なくとも小生はそうです。

ですので、少し正月らしいトピックで書きます。普段のような、洋楽に関するトリビアな内容は僅かになってしまうかもしれません。しかしより大きな意味での音楽の歴史の話になる可能性あり。

去年、ファンフラに二度も出演させていただいた愚息、”Ricky”紀輝(のりき)クン9歳。

小生、縁あって仕事で名古屋にいますが、両親は関東にいます。

小生と愚息も、冬休みの後半、ラッシュにできるだけ引っかからないように帰省しました。イベント参加や、お年玉ねだりが主目的でしたが。

リッキー君は、もう一つ重大なミッションを帯びて上京しました。ミッションとは大袈裟で、洗練された言葉で言い換えるといわゆる「宿題」ですな。

それは、オジイチャンオバアチャンのお家に行くことがあったら、「昭和」の時代を感じられるものを何か見せてもらって、それについての話を聴いて、教室で発表してください、というものでした。

昭和といわれましても63年もの長きにわたるわけでして、かく言う小生自身も人生の半分は昭和を生きていた訳でして、いろいろないわけではないですが。オジイチャンオバアチャンから情報をもらいなさいということは、できたら昭和の前半の時代を彷彿とするものを見せてもらえ、という含みがあるのでしょう。

小生のお袋は克也さんとほぼ同年代、親父はチョイ上です。

ちなみにリッキー君は炬燵を経験したことがありません。小生が子供の頃に入っていたものも、家を改築したときに処分してしまったとのこと。残念。

話を聞いて親父やお袋が出してきてくれたもの、すり鉢、昭和30年代の羽子板、いろいろありましたが、やっぱり一番古い、SPレコード盤がいいだろう、ということになりました。マイケル・ジャクソンの一件以来洋楽にも興味を持ち始めたリッキー君にもインパクト大きかったようです。

SPレコードとは何か。オジイチャンのお話もさることながら、このサイトにおいてセミプロ音楽ライターを始めて6年目、その意地にかけて愚息のプレゼンのカンペを作ってやることにしました。

しかし、工学技術や歴史を小学校低学年に説明するのは逆に難しいですね。小生が本当はこう言いたいんだけれど高度すぎて(?)いえない部分は(   )の吹き出しでコメントします。

「みなさんは音楽を聴くとき、CDを使っていますよね」

 (CDの売上げは10年前と比較すると半減しており、ネット配信、USBスティックオンリーとか、今年はメディアの多様化が更に加速しそうですけどね)

「でも、僕たちのお父さんや、オジイチャンの昭和の時代には、レコードというものがあったそうです。

それも、オジイチャンの時代の昭和の前半は、レコードの一番古い形のSPレコードというものがあったそうです。

今のCDは、音楽をデジタル化した信号に変換し、それに光線を当てて読み取って音に直して聴くのですが。。。」

(これ自体十分難しいですね。どうしたらいいでしょう。やっと10進法に慣れたばかりの子供たちなのに、2進法とか、0と1の二つの数字の組み合わせで全ての音が無限に信号化されてるとか。。。ますます止めたほうがいい)

「レコードは、円盤に針を落として、円盤の外側から内側に向けて掘られた一本の細い溝に記録された摩擦音を針が辿って震えて、その音を大きくして聴いていたのだそうです。」

 (CDDVDの場合、光線は内側から外側に動いています。これは皆さん、知ってましたよね?)

「レコードの一番もとの形を発明したのは、みんなも知ってる発明王のエジソンで、1877年のことだそうです。」

 (この時エジソンが作ったのは円盤ではなく筒が回転して針が下から上に降りてくるもので、声を辛うじて聞き取れる程度のものだったそうです。偶然にも、エジソンと電話の発明の特許を争ったアレグザンダー・グラハム・ベルもほぼ同時期に同じものを作っていたのですが、二人ともそれ以上の改良を考えなかったそうです。それが発明家の発明家たる所以なのかもしれませんね。プロトタイプは作るけどあとは野となれ山となれですぐ別のものに興味を移す。。。)

「これが、オジイチャンが残していてくれていたSPレコードです。」

Img_8646

Img_8656_2 

 「『鳩ポッポ』が『ポッポ鳩』って書いてあったりします。オジイチャンの若い頃は、日本語の横書きは右から左に書いていたそうです。」

SPレコードは、一分間に78回転して、それで3分間くらいもって一曲だったそうです。溝を辿って音を拾う針は鉄でできていて、一回使ったらそれでもう使えなくなり、一回ごとに交換していたそうです。」

「昭和が始まった頃(1920年代ですな)、アメリカという国ではジャズという音楽が大流行して(子供たちはジャズといわれてもピンと来ないし、アメリカといわれても日本より大きな国があるんだなあ、くらいの認識しかまだないでしょう)レコードが広まったそうです。」

SPレコードは片面しか録音できず、割れやすい硬いプラスチックで作られていたので、1940年代にアメリカと日本が戦争をしていた頃(今ではこの歴史事実すら知らないで大学に入学してくるやつらがゴマンといますから、早くから教えておいたほうがいいと思います)、素材は弾力性があって割れにくい塩化ビニールに変わり(ちょっと難しいかなあ)、両方の面に録音できるようになり、直径は30センチになって一分間に33回転になり、片面に40分も録音できた、何曲も連続して聴けるようになりました。これをLPレコードといいました。一曲だけを聴くためのものは直径17センチと小さくなり、一分間45回転になりました。これをEPレコードといって、中心の穴が大きかったのでドーナツ盤というあだ名がつきました。音を拾う針も宝石(こういう言い方のほうがわかるでしょう)が使われるようになり、一番硬いダイアモンドを使って作った針なら延べ(この概念もまだ習っていないでしょうが)で300時間くらい聴くことができました。」(これらの規格を作って普及させたのはアメリカのコロンビアとRCAです)

「ビートルズや、マイケル・ジャクソンも最初はそうやってレコードを作って売っていました。」(小学生もこの二つなら全員辛うじて知っているようです)

「これが、1981年に最初に述べたCDが売られるようになり、今にいたります」

(世界で最初にCDを商品化したのは新しいもの好きの大滝詠一師匠の A Long Vacationでした。来年は20周年を迎えるわけですな)

以上、「   」の部分をリッキー君が写真を見せながら巧く発表してくれればいいな、と思っているのですが(親バカ丸出し)。

以下は小生の個人的な回想。

小生は、物は壊れるまで使い切らなければ気がすまないセコい性格もさることながら、LPレコードを最盛期で1000枚近く持っていたこともあり、しかもマイナーで希少なものが中心でしたから、それらが全てCD化されるとは到底考えられず、最後までCDに抵抗し、アナログレコードにしがみ付いていた口でした。最初のCDを買ったのは1989年だったと記憶しています。それまでアナログではどうしても見つからなかった曲がCDになっていたからでした。その曲についてはいずれ稿を改めて。

それ以降は雪崩の如く、ン千枚のCDを集めてしまいましたが、今はCDを買う以外に音楽を入手して貯めておく手段は多様化し、CDを何枚持っているかなど何の自慢にもならない時代になってしまいました。冒頭に書いたCD売上げの半減減少も無縁ではないでしょう。

技術の発展、普及にかかる時間はどんどん圧縮される傾向にあります。小生はDVDもン千枚ためてしまって、次世代DVDもクソ食らえと思っていたのですが、ひょっとしたら本年の暮れまでには、時流に負けてブルーレイシステムを入手しているかもしれない、そんな予感さえする2010年正月でした。

ザ・ベスト・オブ・グラディス・ナイト&ピップス

Try to Remember/ The Way We Were

グラディス・ナイト&ピップスが、1975年、その前年に大ヒットしたバーブラ・ストライザンドの『追憶』のテーマにせりふを加えてかばさせたヒット。世の中の動きや技術発展が速くなっていても、その基礎は先人の発想と努力の賜物であって、それを有り難がって使っていた時代があったことを忘れてはいけない。小学校からの勉強も、その認識が根底になければ。知ることは喜びで、無駄なものは何もないのです。

♪いつだって、。忘れない、エジソンは、偉い人、そんなの常識~、タッタタラリラ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

Saturday in the Park (Part 1)

サイモン&ガーファンクルのリポートで一回飛ばしてしまいましたが、予告していた、小生が感じるアメリカのラジオ業界の変化について、が今回のテーマです。

克也さんの618日付日記にあったように、巨大資本によるラジオ局の買収競争の影響が、小生のラジオ生活にも微妙に影を落としつつあります。

小生に直接影響しているのは、クリアチャンネルとCBS Radioですね。

アメリカのラジオが大好きな小生は、地上波で進駐軍放送(FENAFNのことです)しか選択がなかった少年時代に比べ、ストリーミングでいろいろなフォーマットのラジオ局がオンタイムで聴けるようになったインターネットの普及には感謝しているのですが。

おそらく一番多くの局を買い占めていて、ストリーミングの方式を統一しているクリアチャンネルが、アメリカ国外への配信をシャットアウトしてしまい、かなりの数のお気に入りだった局が聴けなくなってしまったのは以前書いたとおり。

それでもインターネットではどんな分野でもありそうな話ですが、「裏サイト」(そんないかがわしいものではありませんが)があって、クリアチャンネル支配下の局も国外から聴けるようにしてくれていました。ところが敵もさる者、クリアチャンネル側もある日突然ストリーミングの方式を一斉に変更してそういうサイトへの嫌がらせをしたり、またそのサイトもその新方式に対応するように変更してくれたり、そういう鼬ごっこが数ヶ月ごとに起こっていました。現在では、クリアチャンネル支配下局は全てではありませんがそのサイトのお陰で大部分聴けるようになっていて、一応安心しています(関心のある方は小生に御一報下されば、その裏道をお教えいたします)。

大物DJになりますと各局ではなくこの「親会社」と契約する形式があるようで、小林克也、ウルフマンジャックらと並ぶ小生の少年時代からのラジオヒーロー、今でも現役のチャーリー・ツナですが、去年の春までこのクリアチャンネル傘下にあるロサンゼルスKBIGという局の月金朝の帯を担当していましたが、このKBIGがトップ40からHOT ACにフォーマットを変更したとき(フォーマット変更は珍しくない話で、この程度なら可愛いほうです。昨日までソフトACを流していた局が日が明けていきなりDJ全員スペイン語になってラテン専門局になったりする)、KBIGからは降板しましたが、まだクリアチャンネルとの契約期間が残っているという理由から何ヶ月もラジオに登場しない空白の時期がありましたが、現在はCBS Radio配下、やはりLAの名門60年代オールディーズ専門局K-EARTHに移籍し、土日の朝(日本時間では日月早朝)時間帯を担当しています。

そのCBS Radio,クリアチャンネルほど阿漕なことはやっておらず、その傘下局は日本にいても何も問題なく聴けるのですが、最近やはり不気味に手を広げつつあります。

なんと、ヤフーのラジオ部門を買収してしまいました。

それまでのヤフーのラジオとは、ジャンル別、アーティスト別に無数のホームページ形式ラジオ局があり、またユーザーも自分の好みのジャンル、アーティスト、アルバム、曲に得点を入力していくことによって、その結果によって好みのタイプの曲を自動的に選曲してくれる、自分だけのラジオ局をカスタマイズで持てる、といううれしいサービスがあったのです。

小生も、IDを二つ持って、ロックっぽい選曲のやつと、R&Bっぽい選曲のやつ、二つ局を持っていて、「遺失物移管所」サイトにも貼り付けていました。世界中の音楽ファンがこのサービスを利用し、想像つかないほどの数のネット上仮想ラジオ局があったのでしょう。

ところが、この買収劇の結果、パーソナル局のサービスが一瞬にして消えてしまいました。
 現在はヤフーとCBSとの交渉で、CBSはヤフーに倣って、それまでなかったジャンル、テーマ別のノンDJ局を作って代替に近づけようとしてはいますが。

自分の好みでカスタマイズできるラジオ局の楽しさには遠く及ばない。自分のテイストに近い曲が、次に何がかかるのか予想できないまま流れてくるのは仕事中、遊び中のBGMとしては最高でした。これがなくなってしまったことは本当に痛い。

また、似たようなサービスをしていたFinetunesという音楽SNSもありましたが、これもほぼ同時期に自分の選曲リスト(「局」に相当します)を新たに作ったり新たな曲やアーティストを加えたりすることができなくなりました。その時点以前に作った選曲リストによるランダムプレイは残されており、そういうわけでもう更新はできませんが機能はしています。これも小生のサイトに貼り付けてありますからBGMにどうぞ。

これらはラジオ業界に巨大資本の手が伸びてきているというよりは音楽の著作権から発生した問題かもしれませんが。いずれにしろ裏で得体の知れぬ巨大な力が動いていることは想像に難くないわけで。

最近のベストヒットも、R&R誌社がビルボードに買収された2年前から予想されていたことですが、番組開始以来四分の一世紀以上名物だった、「有名な業界誌、ラジオアンドレコーズのチャート」のコールができなくなったのは寂しいですね。

克也さんは、アメリカから地方色を持ったラジオが消えてしまうのではないか、と悲観的なご様子ですが。

確かに、そういう巨大資本の影響からか、地方のオリジナル番組やCMスポットはどんどん減っていき、シンジケート番組がどんどん幅を利かせているようです。例えばACフォーマットの局では全国的に月金の夜5時間(日本だと朝になります)、一様にデライラというおばさんの番組をやっていて、リスナーと電話で結んで「あの人に贈りたいfrom me to you」リクエストみたいなことをACの曲で延々とやっています。この時間帯、どこの局にチューンしてもそれをやっているんです。このデライラという人、それ自体は悪いことではないのですが、彼女自身が多くの孤児の里親になっていて、ラジオを通じて孤児救済運動をやっているような人で、ちょっと宗教がかっていて、どうもテイストに合わないので、ACフォーマット局は嫌いではないのですがこの時間帯だけは避けています。
 確かにラジオは変化するでしょう。

そのようなラジオの「全国化」にあわせて、小生のように海外でPCで聴いたり、アメリカ国内でもPDA,スマートフォン、iPodなどでこれらのストリーミングを受信する人たちが少しずつ増えている。

それでも、アメリカの本質は日本の25倍ある広大な田舎で、その田舎に住んでいてこのオバマ政権のご時勢でも共和党を支持している人たちは、相変わらずトラックのカーラジオで地元の出力の弱い局からカントリーやオールディーズを聴いているのだと思います。

そういうアメリカが半分残っている限り、古きよきラジオのスタイルは不変だと思いますが、どうでしょうか。克也さん。

アメリカのラジオ業界の「歴史的」変化について、実はもう一つ書かなければならないことがあるのですが、また長くなってきたので次回に回します。なぜタイトルがSaturday in the Parkなのかの種明かしもそちらでしますね。

87日、お盆の帰省を利用して上京、またまたファンキーなスタジオにご挨拶、お邪魔してしまいました。銀座ファンキーズの皆様、またまたご迷惑をおかけしましたが、楽しい時間をすごさせていただきありがとうございました。いろいろ大変なことのあった日でしたが(813日付克也さんの日記参照)、愚息をカンカンクイズの子供鼻歌に出演させてくださりありがとうございました。Queen”We Will Rock You”だと正解を出してくださった方、ありがとうございました。

リスナーの投稿では「ロートルズ」とか「ローガンズ」とか無茶苦茶言われていましたが、実際は平均年齢はすごく低く、エネルギーに満ちて仕事に燃えている人たちばかりですよ。リスナーの皆さん、もっとスタッフの人たちに敬意を払いましょう。もちろん、克也さんにも。

Tebasaki_sshusei Kats_ricky_gyao_shusei


名古屋土産の名物(?)手羽先パイ。評判はどうだったかな?ビートルズ「青盤」の裏ジャケとのコントラストがなんともいい味を出しています。

Kats_rick_mugyu_shusei Kats_harry_aheahe_shusei_2

愚息と孫みたいに遊んでくれた克也さん。偶然にも服の色が同じ空色だった(その次週放送のベストヒットでも着ていらっしゃいましたねえ)。長丁場でお疲れの克也さんを、指圧マッサージのいろはを少し「門前の小僧」でやった小生が失礼して。思いっきりツボを外してしまい苦痛を通り越してアヘアへ顔になってしまった克也さん。腕に隠れてしまいましたが小生のファンキーオッパイTシャツにもご注目ください。

*2010年4月現在、CBSも傘下の一部の局の海外に向けてのストリーミングをブロックし始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

Show You the Way to Go

Off the Wall スリラー#紙ジャケット仕様#

マイケル・ジャクソンですか…

 そりゃ突然なことだったのでびっくりはしましたが、正直申しましてそれほどの衝撃は受けていないですね。

 いろいろな理由が考えられます。

 僕は、ベテランアーティストが歳をとってからどんな風になっているか、かなり前から色々想像していて、それがけっこう当たっていたりするんです。

 記録に残しているわけでもないし、誰かに話した憶えもあまりないから証拠がないのですが。

 例えば、ポール・マッカートニーは、寡作になるけれど、振っ切れて、ウィングス時代は極力避けていたビートルズ時代の曲をライヴでやるようになるだろう、とか。エルトン・ジョンは昔からスタイルをほとんど変えなかったので、流行に関係なくそれを貫いていくだろう、ロッド・スチュアートは臨機応変に自分のスタイルを変えてきて、自分のかっこよさを知っている人だから、歳に応じて渋みを増してくるだろう、マドンナは自分のトータルな美を磨くことを怠らず、年齢を感じさせないスタイルでイメージは不変だろう(由美かおるか?)、とか。

 ところが、歳をとったマイケル・ジャクソンの姿は、全く想像できなかったんです。

 より正確に言うと、想像はしていましたが、その想像が「空白」だったのです。

 すなわちマイケルはいずれにしろ、50前後で引退宣言をするだろう、あるいは明確な宣言はしなくても表舞台には極力出で来なくなり、新譜も発表せず、事実上の引退をしてしまうだろう、と。

 彼の体調も大きな理由です。彼がどんどん白くなっていったのは、彼がそういう手術を受けたのではなく、メラニン色素が極端に減少していく病気だったんですね。ライオンとかでも稀に真っ白なのが生まれますが、日光に当たることができず、他の病気も併発して短命の場合が多い。彼の場合も、正式な死因の発表はまだですが、遺書を残していたことから想像するに、はっきり自分の死期を認識していて、体はぼろぼろになっていたのでしょう。

 それ以上に彼は、10歳いくかいかないかで頂点を極めてしまい、それ以降40年間、彼のやることそのものが時代を作り続けていた。その彼が時代を作れなくなってしまったとき、どうなるのか。

 急逝、というのはその一つの答えだったのかもしれません。

 ジェームス・ディーンが事故死したときのことは、僕は当然ながら全く知らないのですが、どれくらいの人が、それ以降の彼がどのような映画を作っていったか、を想像していたでしょうか?

 人が死ぬことによいことは何もありません。しかし、結果は受け入れなくてはいけない。

 それがマイケルほどの時代の寵児、いや時代の創造者だった場合、その役割を終えたら疾風のごとく姿を消すというのは、日本史でも世界史でも珍しくない話で。

 そんなジェームス・ディーンやリンカーン、織田信長(人間五十年、下天の内を較ぶれば…)みたいな要素を感じてしまって、納得している部分があるというのが正直なところです。

 やはり私は、捻くれ者ですね。それに尽きると思います。

 ブログなどで彼の死を悼んでいる人たちのかなりが、僕より少し上の世代で、「ベストヒットUSA世代」を自認しているみたいで、克也さんの名前をお借りしている私のサイトにもアクセスが増えました。

 でも小生本人は、その世代だとは思っていないのです。

 その世代を名乗る人たちは大体小生より23上の人たちなのですが、それより若くても洋楽を聴き始めたのが早く、小学校45年の道徳の時間に「尊敬する人は?」と先生に聞かれて「エルトン・ジョン」と答えていた生意気なガキンチョだった小生は、そりゃベストヒットは(今でも)大好きな番組で希少な洋楽情報番組として楽しんでいたのですが、それに世代を投影するまでにはいきません(克也さん、ゴメンナサイm(_ _)m、でもだからこそ克也さんは小生にここで書かせて下さっているんですよね、そう思っています)。

Bad Dangerous

そういう小生にとってのマイケル・ジャクソンとは、Off the Wall, Thriller, Bad, Dangerousなどソロは全部持っていますし、ビデオクリップ集もあり、それなりに楽しみましたが、入れ込んだ、というほどではなかったのです。捻くれ者としてはどうしても一番売れているものには冷めて見てしまう悪い癖がありまして。

僕が一番好きだったマイケルは、クインシー・ジョーンズやジョン・ランディスに出会う前のマイケル、つまりジャクソン・ファイヴ末期、ジャクソンズの一人としての彼なんです。

Playlist: The Very Best of the Jacksons

10歳になるかならないかでデビューから4曲連続でナンバー1を飛ばして、それはモータウン全盛期末期のバブルガムミュージック大量生産体制の最後の踏襲者としてのものだった。その後、共演したスティービー・ワンダーあたりに入れ知恵されたか、モータウン路線に反発するようになり、兄弟独特のコーラスワークを生み出したりして、その二つの路線の妥協として、ディスコなどにも影響されたジャクソン・ファイヴ名義最後のナンバー1ヒット「ダンシング・マシーン」が出たのが74年。

その後モータウンと完全に決別し、モータウンの重役の娘を嫁にもらっていた長兄ジャーメインはその腐れ縁で残留を余儀なくされ、残りの兄弟たちはエピックレコードに移籍して、名前もジャクソンズに変えた。

僕はこの75年から78年ころのジャクソンズ、というかマイケル、が一番好きなんです。

The Jacksons

76年に移籍第一弾で発表したセルフタイトルアルバムは、名盤です。フィラデルフィア・サウンドを支えていたギャンブル&ハフのコンビと組んで製作、ストリングスを生かしたフィラデルフィアソウルと彼らのコーラスワークを融合させた美しい極が並び、”Enjoy Yourself””Show You the Way to Go”など、大ヒットとは行かなくてもそこそこ受け入れられファンの記憶に残るヒット曲も生まれました。その2年後の2枚目Destinyでは、まだ誰の影響も受けていない、彼ら独自のディスコ・ダンスミュージックの解釈を展開して”Shake Your Body”なんて、他にはあまり例のないリズムでのヒットを生み出した。

Destiny

ところが79年、以前からのマイケル人気に目を付けたエピックは、クインシー・ジョーンズとマイケルを組ませてソロアルバム、Off the Wall を作らせて、これが記録的ヒットになってしまう。

Triumph

そこから、皆さんご存知の歴史が始まってしまいます。しかしその裏では…

ジャクソンズとしてはどうしてもマイケル色をさらに強める必要に駆られてしまい、80年に出したアルバムTriumphは、彼らのセルフプロデュースのはずながらOff The Wallの二番煎じみたいな音になってしまったし、Thrillerの歴史的ヒットの後の85年に出たVictoryでは、ミック・ジャガーとジャクソンズの共演”State of Shock”が大ヒットしてしまう。しかしこれはどう聴いても、ジャクソンズとミック・ジャガーというよりは、マイケルが個人的にポール・マッカートニーと共演して”Girl is Mine” “Say Say Say”と連続大ヒットを飛ばしたこととパラレルに見えてしまう。

Victory Pipes of Peace

その後の兄弟は、マイケル、ジャネットのバカ売れもあり、空中分解状態になってしまう。

でもそれが一段落した後にジャクソンズとして久しぶりに出した89年の 2300 Jackson Street は、実に肩の力が抜けていていい作品でした。やっぱり自分たちが血の繋がった家族なんだ、ということを再確認したような。ぜんぜん売れませんでしたが。

2300 Jackson Street

まあそんなわけで、マイケルほど世界中に知られていれば人それぞれのいろいろな解釈が可能な訳で、一捻くれ者として見たマイケル論でしたが、もし彼がクインシーやジョン・ランディスと組まされることがなかったら、ジャクソンズはもっと音楽的に成熟したすばらしい音楽を作ってそれなりの成功を収め、マイケルも急逝することもなかった、と考えるのは私だけでしょうか。

オバマ大統領も声明を出したとおり、私生活ではいろいろありましたが、10歳からわれわれとは上の世界に行っちゃっていた人でしたから、仕方のないことでしょう。

いずれにせよ、我々に「進むべき道を示して」くれ続けて、疾風のように去っていった時代の申し子の急逝には、改めて合掌。

克也さんの新番組、全国ネットでよかったです。

克也さんが日記で書かれているとおり、アメリカのラジオ業界はいろいろ動いていますね。次回はその話題になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月15日 (月)

We'll Never Have To Say Goodbye Again

 入院中の病室で書いています。

 以前にも書きましたが、二度目の入院です。

 大手術入院中でも病室で連載を続けた海老沢泰久氏の気分を味わうために。

From the Inside

 あるいは、1977年から78年にかけて麻薬中毒と極度の鬱病に襲われて精神病院に長期入院を余儀なくされ、病室で抱いた看護婦への妄想とか、退院した後の将来への不安とか、精神病院をテーマにしたコンセプトアルバム From the Inside を、当時エルトンと仲違いしていたバーニー・トーピンと一緒に作ったアリス・クーパーの気分を味わうために。

 なかなか希な機会だとは思いますので。あまり多かったら困るけど。

 私の場合は検査入院なので、気楽なもんですが。

 ある人に言わせれば、病院とは、生きて出て行くか、ダメで戻れないか、そういうところだと割り切れ、と。

 そんな中で、縁起でもない(?)話題を書きます。

 アーティストの訃報。

 2回前の記事でしたか。ジャーニーの新加入ヴォーカルがフィリピン人だということで、フィリピンの不思議な音楽事情にちょっと触れ、日本以上に70年代、80年代のお洒落ポップスが受け入れられている国かもしれない、と書き、このグループを紹介しました。その時の本文をそのままコピペします。

これまた70年代に活躍した、
爽やか系ポップスで「秋風の恋」などヒット曲も多かった男性デュエット、
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー。
これも90年代後半になってフィリピンでブームと呼ばれたくらいCDが異常な売り上げをして、30年近く音楽から身を引いて宗教活動をしていたジョン・フォード・コーリーが復活して、彼の場合移住までは至っていませんが毎年フィリピンでライヴをして、フィリピン向けのアンソロジーCDが発売されたりしています。

ちなみに相方のイングランド・ダンことダン・シールズは、カントリーに転向して成功するなど音楽活動は続けていて、彼は「想い出のサマー・ブリーズ」などの大ヒットがある、もう一つの男性デュオ、シールズ&クロフツのジム・シールズの実弟なのですが、現在はその兄弟がSeals & Sealsとしてデュエットで活動しています。

Nights Are Forever Summer Breeze

 その後に知ったことなのですが、このイングランド・ダンことダン・シールズは既に鬼籍に入っていたとのことでした。知らなかったこととはいえ、申し訳ありませんでした。

 今年の325日逝去。悪性リンパ腫のため。

 70年代後半、カーペンターズやバリー・マニロウなんかに代表されたアメリカ産良質ポップスの流れを汲んだ人たちでした。

 このシールズ兄弟を中心とした、二つのデュエットチーム、家族的な繋がりがあったことは当然想像できるのですが、もう一つ、宗教というより大きな次元でつながっていました。

 そして音楽的ルーツも、50年代にまで遡れます。

 このシールズ兄弟、ジョン・フォード・コーリー、ダッシュ・クロフツは、バハーイ教(表記方法は諸々あるようです)信者でした。

 論じるほど詳しく知りませんし、入りすぎて間違ったことを書いて問題を起こすといけませんから簡単な記述に留めますが、イスラム圏で誕生したもののキリスト教に近い教義を持ったために迫害を受け、信者が世界中に散らばった歴史を持つようです。人種を超えた融和(ジム・シールズの奥さんはアフリカ系)、博愛、絶対平和が教条の柱のようで、司祭など信者の中で階級が全く存在しないのも特徴のようです。

 シールズ&クロフツ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのレコードの中ジャケには、必ずこのバハーイ教の宣伝が出ていました。

 小生は日本でのバハーイ教信者だという人に一人だけ出会ったことがあります。156年前、大学教員として駆け出しの頃、東京の某私立大学の学生さんでした。その人は、シールズ&クロフツは知っていましたが、イングランド・ダン…は知らなかったようです。もっと、日本にはどれくらい信者がいるのかとか、訊いておけばよかった。

 そしてその音楽的ルーツとは。

 この連載で数年前にチラッと書いたことがある、チャンプス「テキーラ」なのです。

 その時の文章も持ってきてしまいましょう。

 

さて、この流れで、ビルボード誌が最も歌詞の短いNo.1ヒットとして記録しているのは何でしょう? 

50年代の、チャンプスというグループの、「テキーラ」という曲です。聞いたことありますか?テキーラ!という掛け声しか入ってない。

 この曲についてもいつか書く機会があるかもしれません。

なんと20069月の記事でした。その後始末を今回することになろうとは。

このチャンプス、大人数のグループでしたが、全員がバハーイ教信者、ということで繋がっていたのです。シールズ&クロフツもこのチャンプスに参加していました。

 ここから派生したシールズ&クロフツは70年代前半になって、既出の「思い出のサマー…」や「ダイアモンド・ガール」、アメリカの大学の卒業式の「贈る言葉」並みの定番となった「この道はひとつだけ」などヒット曲を連発しました。

 シールズ…は、中近東の弦楽器を取り入れてみたり、曲としても宗教色が強く出ていたものがありましたが、70年代後半になって全盛期を迎えた弟のイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーは、時代の流行にうまく乗ったハーモニーを生かした爽やかポップス、「秋風…」の外にも「眠れぬ夜」「愛の旅立ち」、トッド・ラングレンのカバー「愛の証」などトップ10ヒットを連発しました。

Dowdy Ferry Road

 テキサス生まれながらなぜかイギリス訛りで喋っていたことから付いたあだ名。

 80年に入って解散。ジョン・フォード・コーリーはソロアルバムを出した後、宗教活動に専念し音楽の世界から遠ざかります。その間、バハーイ教からキリスト教に改宗したようです。それが運命のいたずらでフィリピンで復活したことは2回前に書いたとおり。

 イングランド・ダン・シールズは音楽を続け、80年代に入ってもデュエット時代の延長で、TOTOのメンバーをバックに従えたソロアルバムを作ったりしますがセールス的に成功できず、カントリーに転向して、80年代半ばから90年代にかけて大成功を収めます。これまた去年逝去したポール・デイヴィスとコラボレートしたり、マリー・オズモンドとデュエットしたり。

 そして近年、全盛期にはなかなか共演しなかった兄貴のジムと兄弟デュオユニットで活動し始めて古いファンを喜ばせていた、そんな最中でした。

 ちなみに小生がダン・シールズの訃報を知ったのは、ケーシー・ケイサムのカウントダウン番組でした。アメリカントップ40の黄金期に自分自身が紹介していた、自分よりも何歳も若いアーティストの訃報を、30年後に自分が読むことになる、などと想像していたでしょうか。

 小生でさえ、自分より若いアーティストの死を既に何度も見ているわけですから、克也さんは尚更でしょうね。でもまだケーシーに追いつくには10年ありますよ、克也さん。

 もう一つの、昔の記事の後始末。なんとこの連載第二回目、つまりこの克也さんサイトが産声を上げた直後のものです。20058。これも直コピペ。

御巣鷹山の墜落では、日本の洋楽ファンなら知る人ぞ知る悲しい損失がもう一つあるのですが、今日は長くなってしまったのでいずれ機会があれば。

 また今年も夏がやってきます。

坂本九に次ぐ、日本の洋楽ファンにとっての85年日航機墜落事故の損失とは。

 実はこの機に、このイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーの日本ファンクラブ副会長が搭乗していて、やはり犠牲になっていたのでした。女性で、新婚旅行の最中でした。やり切れません。

 We'll Never Have To Say Goodbye Again 彼らのヒット曲の一つ、「愛の旅立ち」の原題です。もうさよならなんて言う必要ない、恋人同士の仲直りの曲。

 そんな誓いを立てた恋人同士が添い遂げたとしても、人間である限り、どうしても死別のさよならはあるのですよね。

Some Things Don't Come Easy

 諸行無常。

 病室の窓から外の緑を眺めて、ついそんなことにも思いが及んでしまいました。

 でも小生はまたすぐ戻ってきますからね。克也さんのように。

Tequila: The Champs Greatest Hits

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年4月 7日 (火)

Open Arms

あら、珍しい。 

なんとメジャーで分かりやすいタイトルでしょう?!

まあ、いろいろなことに引っ掛けてあります。お楽しみに。

まずはご想像通り、ジャーニーのあの曲のこと。

前の記事でも書いたとおり、ちょっとブランクがあっていろいろ報告しなければいけないことがあって、順番が前後してしまいますが、こっちは時間的には近いほう。

 そのジャーニーのライヴ報告です。

 ベストヒットにも節目節目に出演多し、80年代の産業ロックの王道を辿った彼ら。

 80年代末の活動停止以来、分派がバッド・イングリッシュを作ったり、90年代は数度の企画的な再結成を経て、くっついたり離れたり。

 しかしまたここ数年の活動再開は本気のようです。

 全盛期からのメンバーは、ギターのニール・ショーン、キーボードのジョナサン・ケイン、ベースのロス・バロリー、これにニール、ジョナサンとはバッド・イングリッシュ以来の付き合いのディーン・カストロノヴォがドラム。

 そして今回の話題は、新リードヴォーカルのアーネル・ピネダ。

 フィリピンから新加入しました。

 そのためか、というかそれ以外に理由がないのですが、観客にフィリピーノ、フィリピーナが多かったこと。観客席からフィリピン国旗を大弾幕で広げたり。開始前のロビーでもタガログ語が飛び交う(ちなみに小生、タガログ語、タイ語、ほんのちょっと分かります。なぜでしょう?深い意味はありませんが。名誉のために言っておきますと、スペイン語、ロシア語はそれ以上に分かります。フランス語ドイツ語全然ダメ。クリスティナ・アギレラのあの曲程度)、記念写真をパチパチ。

 ちなみにフィリピンという国の音楽事情、暇があったら詳しく調べてみたいのですが、その暇というやつがないのが口惜しい。ひょっとしたらフィリピンは、日本以上に日本的な「おしゃれ洋楽」が好きな国のようです。

ボーン・フォー・ユー~ヒズ・ベスト&モア#紙ジャケット仕様#

 デヴィッド・ポメランツという人がいます。70年代ちょっと活躍したシンガーソングライター、しかし実際にはアメリカではソングライターとしてのみ捉えられていた人で、バリー・マニロウのヒット曲、”Trying to Get the Feeling Again”, “The Old Songs”なんかの作者です。

If I Should Love Again

 これらの曲、デヴィッドもレコードを出しますが、本国アメリカでは全然売れなかった。

 日本では、”The Old Songs”に関して、前長野県知事、現参議院議員のあのお方の処女作「なんとなくクリスタル」でポール・デイヴィスと共に取り上げられたり、また10年くらい前でしょうか、主演は草彅剛、瀬戸朝香で、ドラマ名をはっきり憶えていませんが「見合い結婚」だったかな、そこで剛君の好きなレコードとして毎回出ていてストーリーの横糸に使われたりして、知る人ぞ知る存在でした。

 その程度の人だったのですが、このデヴィッド・ポメランツのレコードはなぜかフィリピンだけでバカ売れしました。そこで彼自身、もう完全にフィリピンに移住しちゃって、録音もライヴも全てフィリピンのミュージシャンと活動しています。

I'd Really Like to See You Tonight and Other Hits

 これまた70年代に活躍した、爽やか系ポップスで「秋風の恋」などヒット曲も多かった男性デュエット、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー。

 これも90年代後半になってフィリピンでブームと呼ばれたくらいCDが異常な売り上げをして、30年近く音楽から身を引いて宗教活動をしていたジョン・フォード・コーリーが復活して、彼の場合移住までは至っていませんが毎年フィリピンでライヴをして、フィリピン向けのアンソロジーCDが発売されたりしています。ちなみに相方のイングランド・ダンことダン・シールズは、カントリーに転向して成功するなど音楽活動は続けていて、彼は「想い出のサマー・ブリーズ」などの大ヒットがある、もう一つの男性デュオ、シールズ&クロフツのジム・シールズの実弟なのですが、現在はその兄弟がSeals & Sealsとしてデュエットで活動しています。

 まあ、そんなことから、フィリピンというのは不思議な音楽志向性を持っていて、オシャレポップスが日本以上に受ける国だという想像ができるのですが。

 閑話休題。ジャーニーに話を戻します。

 スティーヴ・ペリーとは完全に決別、00年代前半の再結成企画ではペリーに声質に似た別のスティーヴが参加しましたが彼も体調不良を起こした。そこで新たなヴォーカルを物色していたニール・ショーン。たまたまYouTubeをサーフィンしていたら、フィリピンのライブハウスでスティーヴ・ペリーそっくりにジャーニーの曲を歌っている男の映像に出くわした。それがアーネルだった。ニールは早速メールでアーネルにコンタクトを取ろうとしたが、アーネルは最初、悪質ないたずらだと思って返事をしなかった。ところが周囲の人たちが返事だけでも出してみたら、と強く勧められたのでレスを送ってみたら、今度はニールに加えて、ジョナサン、ロスからもメールが返ってきたので、本物だと分かった。本当に、「あの」ジャーニーから加入を打診されているのだ、と。

 そんな、インターネット時代ならではの国境に穴を開けたシンデレラストリー。

 彼は母親を無くしたばかりで、今の自分の成功した姿を人目見せてやりたかった、という。第三世界の国にありがちですが、フィリピンも物凄く貧富の差が大きい格差社会で、実はアーネルはこんな運命のいたずらでもなければ下のほうの階級で場末のバーで歌っていたのでしょう。

 サンフランシスコ・ベイエリアをベースにしていたバンドにフィリピン人が入ってくる。

 いいじゃありませんか。

 以前書きましたが、僕はオバマ大統領を単なる黒人の大統領としてではなく、多民族社会アメリカの象徴として登場したのだと考えています。それとおなじことじゃないですか。異文化人を大きく「両腕を広げて」迎え入れたわけですから。

 それでとにかく、ご存知かもしれませんが、アーネルの声はスティーヴ・ペリーのそれにそっくりです。

 ルックスも似せようと長髪にしています。ただ、背は小さいですね。スティーヴは80年代の全盛期は長身に長いコートテールで「茶羽ゴキブリ」と一部であだ名されていましたが、長髪、小柄でちょこまか動くアーネルで、小生は、最初のシリーズの頃の20台の「金八先生」を思い出してしまいました。でも彼、実は既に40の大台を過ぎていて、つまり小生と殆ど変わらないんですよね。ニール、ジョナサンたちこそ今までジャーニーの名前を背負ってきたのに、ステージ上では無言で演奏に徹して、MCも盛り上げもアーネルに任せて、すでに信頼を得ている感じでした。

Journey_setlist

 今回も幸運にもミキサーさんからセットリストを頂きました。

REVELATION

ジャーニーの最新CD ”Revelation”は二枚組で、一枚目は新曲、二枚目は80年代のヒット曲をベスト盤形式で選曲し、アーネルをフィーチャーした再録音。その中から去年、一番ヒットした曲は”After All These Years”という、”Faithfully”を焼き直したようなロックバラードだったのですが(ちなみに先ほどの、ニール・ショーンがYouTubeでアーネルを発見したときの動画は、”Faithfully”を歌っていたものだったらしい。でも今回のライヴではその一曲だけ、ドラムのディーンがリードヴォーカルを取っていました)、その曲も演られず、80年代のおなじみの曲6割、ニューアルバムからの新曲4割という感じでしたが、ハードロック色を強く出そうとしていたように感じられました。

Frontiers

 ニューアルバムの1曲目でもある”Never Walk Away”から始まり、全盛期の後期の曲に怒涛のメドレーで続く。ちょこまか動くアーネルは前列席で手を伸ばす聴衆たちに、ウエーブを作るように右から左へと全員にハイタッチをしていく。バラードのヒット曲は、真ん中あたりの8曲目に”Lights” ”Still They Ride” をメドレーでやったり、それに続けて例の”Open Arms”に続けて、最後から2曲目に”Faithfully”を持ってきたり、要所要所でロックバラードを入れていましたが、例えばあの泣きの”Who’s Crying Now”なんかは演らなかったわけで全体的にハードな曲が中心の選曲、ニューアルバムからもそちらの方から、全体の中でも一番盛り上がったのはやっぱり”Separate Ways”,”Don’t Stop Believeing”など、”Escape”のアルバムからの曲でした。その当時、80年代初めのギターキッズたちのお手本となったニールの連符速弾きはいまだに健在と見ました。

Escape

 いい意味であまり自己主張をしそうでなく、つまりニールとあまり喧嘩しそうにない従順な、しかも全盛期の雰囲気を忠実に再現できる新たなフロントマンを得たことで、このジャーニーというグループ、もう少し長く続きそうだ、と感じました。

 

 もう一つの Open Arms

 43日放送のファンフラをお聴きになった方。克也さんに時々合いの手を入れていた子供の声に気づかれましたか?

 それは私の息子、阿南”Ricky”紀輝(のりき)8歳だったのです。

 春休みを利用して上京帰省し、金曜日が重なっていたので、銀座のスタジオに突然に親子でご挨拶、というかお邪魔しに行ってしまいました。いろいろ悪戯もしてご迷惑もおかけしました。でも放送事故には至らずほっとしています。大喜びで、「カンカン!」や「ブー!」に参加できた時ははしゃいでました(親も!?)

 放送でも、「君、小林克也の孫じゃないの?」とおっしゃってくださいましたが、本当に孫のようにゴム割り箸鉄砲で遊んでくださったり、感謝です。スタッフの皆様も、音に関係ない程度に機械をいじらせてくださったり、いい経験、思い出になったと思います。

 本当にありがとうございました。

Img_1584_janken Img_1585_hosei_oyatsu

おやつを賭けてじゃんけんポン。愚息が負けましたがちゃんと分けて下さった御大でした。

Img_1579_otetsudai Img_1587_kyomishinshin

ちゃんと原田Dのお手伝いもしました。未知の世界に興味津々、でも御大のお邪魔にはならないように・・・

Img_1583_hosei_katsuyaricky Img_1589_minasan

突然お邪魔して失礼したにもかかわらず、「もろ手を広げて」歓待してくださった克也さんと銀座ファンキーズの皆様、ありがとうございました。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

Here  I Go  Again

ご無沙汰してしまいました。

 まあいろいろ手違いがございまして、去年の暮れに書いた原稿が、年が明けてかなりたってからアップされたりして。

 新年のご挨拶をするにはあまりにも間抜けな時期になってしまいました。

 去年の年越しの瞬間は克也さんと同じ場所で、公開生放送スタジオで派手にカウントダウンをやっていい思い出になりました。今年も同じようなことがあると期待していたのですが、残念ながらうってかわって地味な年越しの瞬間となりましたが、それでもBSアサヒで、オノ・ヨーコさんやチャーがジャムする”Imagine”を観ながら、テレビ画面にテロップで映るカウントダウンで新年を迎えました。

 その後、年末、年度末の忙しい時期があったのもさることながら、なんと小生、入院をしてしまいました。

 簡単な静養と検査だったのですが。大手術をされながらレギュラーをほとんど2週間しか穴を開けなかった克也さん、現在手術入院中ながら病床から連載を欠かさない海老沢泰久さんを改めて尊敬申し上げます。

 実はまだ、かなり後になりますが入院はもう一度ある予定なのです。

 それやこれやで、殆どの人は気にも留めなかったでしょうが、極一部の希少な方々にはご心配をおかけし申し訳ございませんでした。

 そんなわけで、去年からペースが乱れて、ここに発表するべきことがややたまっています。その「蔵出し」を徐々にやっていきましょう。

 まずはなんと去年の11月、ホワイトスネイクとデフレパードのダブルヘッドライナーライブに行った時の報告です。

 今までもダブルヘッドライナーのライヴのリポートは何度か書いてきましたが、今回が少し違っていたのは、今までのものは全て、違う二つのバンド、アーティストがせっかく同じ場所時間でやるんだからちょっと一緒にギグしようよ、みたいな趣向があったのですが、この二つのイギリスのヘビメタバンドの場合、そういったことが全くありませんでした。ホワイトスネイク側からデフレパへのエールは全くなし、デフレパのジョーから一曲目の後にちょっと「ホワイトスネイク、最高だったよなー」みたいな謝辞(?)が一言あったのみ。二つの全く別々のライヴを立て続けに見た、という感じでした。ヘビメタという時点でそれぞれの個性が強すぎるから、一緒になんかやろうよ、という発想自体に無理があるのかな。

 この度も例によって客席側のミキサーさんに強請ってセットリストをゲットしちゃいました。しかもスタッフも総入れ替えだったのに、二グループ両方のを手に入れました。ヘビメタには、僕みたいにラジオでヒット曲中心に聴いている人と違ってコアなファンが結構いらっしゃいますから、ライヴ終了後の余韻に浸りながら家路を辿ろうとする雑踏の流れの中でこれを見つけられた人たちからはかなりやっかみを受けてしまい、ケータイ付属のカメラで写させてくれ、というリクエストを数件受けました。こんなことも今までなかった経験でしたね。

 

 最初はホワイトスネイク。これはもうカバーデイルの独り舞台、といった感じでした。メンバーもアメリカから連れてきた新しい人が多かったし。バックスクリーンにはアルバムジャケットなんかに使われるロゴマークを壁紙みたいにして曲によって変えていく程度でした。

Whitesnake's Greatest Hits

 結成時から、ディープパープルと比較されて軽くなったとか、いろいろ言われたバンドでしたが、80年代半ばになって割り切って商業ロックに近づいて(はっきりいえばポップな要素を取り入れて)、字の如くセールス的にも大成功して文句を言わせなかった彼ら。ちょうど真ん中に”Is This Love”、ラストに”Here I Go Again” 、アンコールに“In the Still of the Night”などその時代のおなじみの、みんなで歌える曲を配置しつつも、ハードなツインギターソロ、ドラムソロのパートも挟みヘビメタの面目躍如といったところでしょうか。

Defleppard_setlist 

 30分の休憩を挟んでデフレパ。こちらは、高校の同級生が32年前に結成したバンドで、そのときのメンバーが今なお3人も残ってやっている。ジョー・エリオットの高音カナキリ声シャウトはいまだ健在、克也さんのベストヒットUSA回顧にもあったけれど、84年の大晦日の事故で左手を失った片手ドラマー、リック・アレンも、バックスクリーンに大写しにされるとかえって迫力がありました。そのバックスクリーンの使い方もホワイトスネイクとは異なり、そうやってステージ上のメンバーの様子を追ったり、コミカルなビデオクリップを流したりと効果的に使っていた感じでした。

Best Of

 ハードさもデフレパのほうが上だったような感じ。それでも、「パイロメニア」「ヒステリア」と名盤を立て続けに出しただけあり、おなじみのヒット曲のオンパレードができるのはさすが。”Heartbreak”とは”Bringin’ on the Heartbreak””Sugar”とは “Pour Some Sugar on Me”のことです。念のため。アンコールで、「時間が余ったら」やるはずだった”Bad…”は残念ながらできませんでした。

 Here I Go Againとまた書きたいですが。まだリポートしたいライヴネタも溜まっていますし、恒例の「アナミー賞」もやってません。本家のグラミー賞も過ぎちゃったのに。でも、上のような事情で、まだペースを取り戻すには時間がかかるかもしれません。ボチボチやっていきますので長い目でよろしくお願いします。

 改編期も近いということで、「ポップ・ミュージック・マスター」終了は残念です。僕にとってはモバHoのサービス終了と重なるのでもし続いていたとしても聴けなくなるので残念さ半分ですが。ヒット曲のイントロループのテーマ、訳詞コーナー、何年前の今日のNo.1コーナーなど、後期のZIP Hot 100を髣髴とさせる番組だったのでやっぱり、終了は時の流れを感じてしまいます。

 「期限切れ遺失物移管所」にメールを下さった「折り紙菊ちゃん」さん、改めてありがとうございます。22日の放送でシンディ・ローパーのリクエストがかかった「トラック山ちゃん」ってひょっとしてあなたのことですか?番組にあなたに捧げるリクエストを出してあるんですけど、あと一回、録音はもう終わっているでしょうね。克也さん、大橋さんに採用する度量、あったかな?

 文末ながら、克也さま、早いですがお誕生日おめでとうございます。

Whitesnake_centerfold

Whitesnake_setlist_2 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月24日 (水)

(You Make Me Feel Like)A Natural Woman

実は、時系列的にはこの前にもうひとつ大きなコンサートに行っていて、物の順序からすればそこからリポートするべきなんでしょうが。

 129日のベストヒット、スター・オヴ・ザ・ウィークのゲストに合わせて、キャロル・キングのリポートを先に回しましょう。

 「私の居間へようこそ」”Welcome to My Living Room”ツアー、私も行ってまいりました。
Welcome to My Living Room [DVD] [Import]

 以前にTOTO+ボズ・スキャッグスを観たような例のハコモノ国際会議場が会場だったのですが、会場の大きさに不釣合いな、彼女のピアノ、あとアコースティックギターが二人、シンプルな編成で、薄暗い照明、小道具でソファや観葉植物などを置く、まさにマンションの一室、彼女の居間を再現したようなステージ上でした。これはベストヒットで流れた映像のとおりです。

 私の席番号は、なんとミキサー席のもろ隣でした。前売りが思ったほどに捌けていなかったのか、開演直前に、席を一列ずつ前に移動してくださいとの指示が会場案内からありましたが、小生は、このような大きな会場の場合の「例の作戦」がありましたのでこの幸運は譲れず頑として動きませんでした。周囲の人は、なんと身勝手な奴だ、と思ったことでしょう。私も心が痛みます。でもこうして、その結果をちゃんと役に立てていることに免じてご海容願えれば幸甚です。

 例の作戦とは、ステージまでいけない場合、客席側のスタッフと仲良くなって、セットリストを分けてもらうこと。スタッフさんだって、自分の近くに英語をわかってくれる観客がいると思うとほっとするみたいですよ。今回もちゃんとものにしました。それに沿ってライヴを振り返りましょう。
Carole_king_setlist_1Carole_king_setlist_2

 



 


  彼女がインタビューで言っていた、居間を再現するコンセプトは、ブッシュ政権を追い出して民主党政権を作る話し合いを始めたことから生まれた、というの、まんざら大袈裟でもないでしょう。彼女はニューヨーク生まれのユダヤ系。それにアメリカには直接民主制の伝統もある。町の小さな寄り合いの話し合いから、何か大きな運動が始まったりする。

 インタビューでは民主党政権の誕生をかなり喜んでいた様子でしたけれど、ステージでは政治色は一切感じられませんでした。
Music

 1曲目の”…Long Ago…”は彼女の3枚目のソロアルバム、72年の”Music”からで、まさに昔の曲が中心の選曲でした。というか、インタビューでも、今は本を書くのに熱中している、なんて言ってましたけど、彼女は80年代後半から音楽的には恐ろしく寡作になってしまいますね。

 それでも2曲目、正式には”Welcome to My Living Room”はまさにこのツアーコンセプトにあわせて書き下ろされた曲だし、3曲目”Now and …”93年、第二次大戦中に選手が兵役で取られてメジャーリーグが中止になったことに反発し、野球好きの女の子たちが自分たちでプロ野球を作ったという実話を綴った、トム・ハンクス、マドンナなんかが出演していた映画「プリティリーグ(A League of Their Own)」の主題歌でした。

 4曲目あたりから古くなってきます。
Writer/Rhymes & Reasons

 “…Roof”はドリフターズ(日本のあれじゃありませんよ)の63年の大ヒット、彼女も最初のソロアルバムでセルフカバーしています。
Tapestry

 6曲目 “Where…”7曲目”Home Again”と、名盤、71年の「つづれおり」からのナンバーがぼちぼち出てきました。

 ここでピアノに座って歌っていた彼女が立ち上がり、アコースティックギターにも誓え、三人が並びます。「イーグルスみたいなことをやりたかったのよ。ナッシュビルでは毎日、何人ものシンガーソングライターが一つのステージに集まって、交互に自分の歌を歌うのよ」といって、それまで地味にバックでギターを弾いていたゲリー・バーが二曲リードヴォーカルをとりました。
Juice/Quiet Lies

 9曲目の”Love’s Been a Little Bit Hard on Me”は、ベストヒットの創成期、82年のジュース・ニュートンのヒット曲です。彼はその作者だったんですね。他にも彼は2001年のリッキー・マーティン、クリスティナ・アギレラのデュエットでヒットした”Nobody Wants to Be Lonely”の作者でもあります。そんな感じでしぶとく業界で生き残っている人、ナッシュビルに行けばいっぱいいるんでしょうね。バックコーラスをやっているキャロルは実に楽しそうでした。

 そのままのポップなノリで10曲目”Smackwater Jack”へ。「つづれおり」で最も歯切れがよかった曲。
ゴフィン&キング・ソング・コレクション1961-1967

 その次は最初の夫ジェリー・ゴーフィンとの大ヒットメドレーでしたが、私はちゃんと全部書き留めておきました。”Take Good Care of My Baby(Bobby Vee)~”It Might as well Rain until September”62年、彼女自身)~”I’m into Something Good”Herman’s Hermits~”Go Away Little Girl” (Steve Lawrence, Donny Osmond)~”Hey Girl”(Freddie Scott)~”One Fine Day”(Ciffons)~”Will You Love Me Tomorrow?(Shirrells)

  場所によって、メドレーの内容は変えているみたいです。60年代は、とにかく数え切れないヒット曲を作っていましたからね。改めて脱帽です。

 ここで20分の休憩。

 前半は黒い衣装でしたが、少しオレンジがかった色に変身してきました。

 後半は、2001年、彼女自身8年ぶりだった”Love Makes…”の表題曲からスタートしました。

 2曲目の”Sweet…””Music”から、そしてメドレーのように矢継ぎ早に、「つづれおり」からの彼女の代表曲”It’s Too Late”「心の炎も消え」。

 これらの曲も含めて、この70年代前半の彼女のソングライティングのパートナーはToni Sternという女性で、女性二人で曲を作っていたわけで「つづれおり」の中にも女性の心の変化を題材にした曲が多い。社会的にも女性の進出が目立ち始めたころと一致しており、この”…Too Late”も「つづれおり」自体も、時代が違えばあれだけのヒットにはならなかっただろう、と彼女は回想しています。遅すぎなくてよかった?
Pearls (Mini Lp Sleeve)

 4曲目の”Chains”は珍しくビートルズもカバーしている曲。70年代後半から彼女はレコードはコンスタントに出すのですがセールス的にはスランプの時期を迎えてしまいます。そんな中、80年に “Pearls”という、ゴーフィン-キング時代に他人に提供した曲のセルフカバーアルバムを出しますが、その中でも印象的な一曲でした。

 5曲目”(You Make Me Feel Like) A Natural Woman”は「つづれおり」のセルフカバーもいいですが、なんといってもアレサ・フランクリンですね。

 「今晩、この後、SMAPSMAPに出演するから観てね」とMCが入りましたが、よほど近くに住んでいない限り無理ですね。僕でさえ40分かかるんだもの。

 6曲目 “Pleasant…”は彼女自身のスタジオ録音はなく、最近のライヴでは好んで歌っているようです。モンキーズの大ヒット曲の一つ。

 7曲目“…At War”は未発表作品で、まさに、最初に書いた、共和党政権を倒すために部屋に集まった、云々という話が本当に思えてくる、ベトナムの時代にはゴーフィンと明るいラブソングを中心に作っていた彼女の今になっての反戦歌に聞こえました。

 そして、”I Feel the Earth Move”「空が落ちてくる」。「つづれおり」の中で、”…Too Late”との両A 面ヒット(懐かしい表現だなあ)に続きます。あなたと一緒にいると大地が動き空が落ちてくるのがわかる、という恋の衝撃の歌ですが、その反戦歌と繋げてちょっと違った響きを持たせながら、いったん引っ込みます。

 アンコールは、”So…“「去り行く恋人」”You’ve Got a Friend”「君の友だち」と「つづれおり」の名曲二つのメドレー。後者はジェームス・テイラーのカバーでナンバー1ヒットになり、キャロルのレコードで彼はギター、バックヴォーカルで参加しています。今回はゲリー・バーがその役目を完全に果たしていました。前者は、96年、「つづれおり」へのトリビュートアルバムで、収録曲全部を別々のアーティストが独自の解釈で録音した”Tapestry Revisited”の中でのロッド・スチュアートのカバーがものすごくいいんですけれどね。
Tapestry Revisited: A Tribute to Carole King

 最後は”Locomotion”Little Eva, Grand FunkKylie Minogue3回もヒットし、彼女自身も“Pearls”で録音している。ただし今回はダンサブルでもロックっぽくもなく、彼女のピアノだけで割とゆったりめのアレンジで、「リトルエヴァでも憶えられるような簡単なABC」などど歌詞もいじっていました。

 最盛期もあればスランプもあり、別のことに関心を持つこともある。そんな自然体の彼女の今を自然に表現しようとしたステージ、という感じでした。
Grace Of My Heart 輸入盤 【CD】

 彼女の半生をモデルにした「グレイス・オブ・マイ・ハート」という映画についても前に書いたことがありますので、ついでにどうぞ。

 今年のことは、今年の中で終わらせたいけれど、無理そうだなあ。

 とにかく、メリークリスマス!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年11月25日 (火)

憧れのラジオガール

 ちょっと変則的ですが、一人時間差攻撃で別件入稿を簡単にさせていただきます。

 連載始めて3年以上、かつて一度だけ日本語のを表題に使ったことはありましたが、それ以外ずっと洋楽の曲を使ってきた。初めてJ-ポップの曲を使います。南佳孝さんの。

使わずにはいられません。

 半分、克也さんへの報告、言づて連絡になってしまうのですが。

 平瀬マミさん、憶えていらっしゃいますよね?

96年から98年にかけてZIP HOT 100の前番組、サンデー・スカイ・アイランドを担当していた、歌がものすごくうまい、あの女性。

 つい先日ひょんなことから再会してしまいました。といってもネット上だけの話なのですが。

 彼女の番組にもよく、ちょっと捻ったリクエスト投稿をしていたので、常連で名前を憶えてもらって、最終回には電話出演もさせてもらった思い出もあります。

 彼女、番組をやっていた頃からの遠距離恋愛(そうだったのか!チクショウ!)の彼と結婚し、お嬢さんも生まれて、幸せで元気そうです。

 なんと今、沖縄にいます。数年前から数度旅行して、沖縄の不思議な魅力に取り付かれて完全移住を決意されたとのこと。

 同時に、しばらく遠ざかっていた音楽活動も、沖縄でこそやるべきなんだと思い立ち、自主録音やライブ活動を精力的に再開したようです。

 そして今月から、地元のFM局で週2日、そのZIP以来のDJのレギュラー番組を始められました。

 彼女にとってDJRole Modelはあくまでも小林克也であり、克也さんとの思い出、慕情をブログに書くため、克也さんのホームページを探していたらここRADIOBAKAに辿り着いたそうです。そしてついでに、僕が以前、彼女に呼びかけていた原稿の痕跡を発見し、誰だろうと思って載せていたそうで。それで僕のほうの「期限切れ遺失物移管所」にアクセスが数回あり、逆探知して、全くご無沙汰だった彼女の近況を知ることになりました。早速彼女にメールを送り、そのコラムを書いた張本人は私です、お久しぶりです、お元気ですか?沖縄にいるなんてびっくり、てなことで、お互いの近況報告、情報交換が始まってしまいました。

 写真を拝見する限りあの頃と殆ど変わっていなくて、少しお母さんとしての落ち着きが加わった程度で、相変わらず魅力的ですね。可愛いお嬢さんと一緒の写真を見ていると、高校か大学の同窓会に行って、ちょっと好きだったあの娘に久しぶりに会ったら素敵なママになっていた、そんな甘酸っぱい気分に浸っています。

 僕のこともブログに記事にしてくれてありがとう。

 克也さんにくれぐれもよろしくとのことでした。克也さんもよかったら連絡を取ってやってください。きっと喜びますから。

 このサイトを沖縄からご覧になっている皆さん。今は、タグチマミさん、担当の、FM沖縄、毎週月曜と火曜、午後1時からのSouthern Stationという番組、僕が聴けない分も是非聴いてやってください。選曲リストを拝見した限りではかなりイケてる番組みたいですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

Ever Changing Times (Part 2)

10月、ちょっと穴を開けていた時期に観ていたライヴレポートを。全く別の日に見た二つを、ほんの僅かな共通点で無理やり結び付けます。

 一人目はデヴィッド・ロバーツという人。殆ど知られていないでしょう。しかし、彼の生まれ故郷カナダや、アメリカなんかよりも日本のほうが熱心なファンがいる、そんな人でしょう。

 ソングライターとして、微妙に知られている人です。

 例によって終了後にせしめてサインももらったセットリストを出して、演奏曲目から行きたいのですが。

David_roberts_setlist





 



 Knee Deep in the Hoopla
  この中で比較的有名な曲は、例えば
9曲目の”Before I Go”。これはスターシップの「シスコはロックシティ」「セーラ」が入っていた大ヒットアルバム”Knee Deep in the Hoopla”に収められた曲です。他にもスターシップにはその次の”No Protection”の中に”Say When”という曲を提供しています。
When I See You Smile

 また11曲目” Stay with Me Tonight”は、ソロとして85”Missing You”の大ヒットを持ち、70年代にはベイビーズ、ソロを経て80年代末にはバッド・イングリッシュと流れたジョン・ウエイトとの共作です。実際この曲はバッド・イングリッシュが取り上げるはずだったのがボツられたもので、代わりにデヴィッド、ジョン・ウエイト、そしてジョナサン・ケイン(ベイビーズ、ジャーニーを経てバッド・イングリッシュに参加したあの人です。念のため)の共作で”Tough Time Don’t Last”が収録されました。

6曲目 “Midnight Rendezvous”84年のラムゼイ・ルイスのアルバムに取り上げられています。

 それから、日本向けの企画物として録音されたのが5曲目の”Run Back”。これは93年の赤坂局系列のドラマ、確か高島政伸主演だったと思いますが「新幹線物語」のテーマで使われました。

 そんな感じで、80年代後半のお洒落AOR系の流れを汲んでいた人だったんですね。

 82年に一枚だけAll Dressed Upというアルバムを残していました。バックが当時全盛期だった、デヴィッド・フォスター、TOTO周辺の人脈で固められ、もうそれ以上説明が必要なく想像できるような音作りで、彼自身TOTOに入ってヴォーカルをとっても全く違和感のないような、ジョゼフ・ウィリアムズやトミー・ファンダーバークみたいな声質でした。

 なんと26年ぶりとなる新作“Better Late Than Never”(謂い得て妙だ)、プラス今までの他人提供曲、ボツ曲を集めた”Missing Years”を日本向けに発表しての来日でした。

 小さなライブハウスで聴衆は50人くらいしかいない、でもこういうのが自分としては一番好きですね。

 一曲一曲、誰のために書いた曲だ、どういう切っ掛けで書いた曲だ、丁寧なMCが入り、お客さんを大切にしている感じでした。

 ライヴが終わった後も、3枚のCD,セットリスト、宣伝ポスター2枚と7つもサインをもらってしまいました。バックに、ジミー・ウェッブ、バリー・マン、アメリカなどをプロデュースしたことがある、その筋の大物フレッド・モーリンという人がいて、その人にもサインをもらって話し込んでしまいました。
All_dressed_upBetter_late_than_never

 



Missing_years




 
  さて、その一週後、今度はスティーヴ・ルカサーのライヴがありました。

 デヴィッド・ロバーツとルカサーを無理やり繋げるとすると、その82年の”All Dressed Up”のバックにルカサーをはじめTOTOの面々が全面協力をしていたことと、あとランディ・グッドラムという人物。もうすでに何度か登場しましたが、アン・マレーの「辛い別れ」、スティーヴ・ペリー「OH!シェリー」など多くのメロウなヒット曲を書いた、今年の大統領選挙の民主党予備選挙でがんばった、今度の国務長官になりそうな女性のご主人の前大統領と高校の同級生で一緒にバンドをやっていたあの人。音楽上の人脈もやはり通じていて、ロバーツはグッドラムとの共作曲は”Run Back”その他多く(クリントン夫妻の話題もロバーツと話しました)、ルカサーはTOTO活動停止宣言と同時に発表したソロアルバム”Ever Changing Times”は殆どグッドラムとの共同プロデュースといっていい。

 大会場ではないけれども、ライブハウスとしては名古屋では新しく大きめの場所で。

 半年前にTOTOライヴも観て、そこで同じようなフロントマンの役割を果たしていた彼、今回はTOTOの曲こそ一曲も演奏しませんでした(当たり前)でしたが、その最新作では一人TOTOをやっている感じで、ライヴも、例えばラリー・カールトンと一緒にやった時の彼とは違い、TOTOの彼がそのままソロになってやってきたという違和感のない音作りや雰囲気でした。当然、ロバーツよりハードで聴衆ノリノリ!

 

1. Drive A Crooked Road
2. Twist The Knife
3. Ever Changing Times

4. Live For Today

5. How Many Zeros

6. Stab In The Back
7. Hate Everything About You
8. Song For Jeff

9 Party In Simon's Pants
10 Jammin' With Jesus

11. Fall Into Velvet > Never Walk Alone
12. Talk To Ya Later

13The Truth
14. Tell Me What You Want From Me

Ever Changing Times

そのニューアルバムからは、3561013143はタイトル曲で、この曲だけ聴衆と一緒にチャントをやった。6は、スティーリーダンそっくりの曲で、インスピレーションをくれた二人と、ジェフ・ポーカロに捧げる、とのMCで流れるようなギタープレイ。

7は、ボブ・シーガーの”Shame on the Moon”などのカントリー系のヒット曲を書いたロドニー・クロウエルとの共作曲で、「お前なんか大嫌い」という曲で、アコースティックギターで弾き語りしながらどさくさにまぎれて”SO Fuck YOU!”といったのを聞き逃しませんでした。僕は曲終わりの後、”FUCK YOU BACK!”と客席から返してやると、ルカサーはニヤリとして“Really?”と語尾下がりで返してきました。やる気か?てな感じ?

TOTOについていろいろな噂が飛び交っているのは知っている。まだ我々は仲間で、連絡をしょっちゅう取り合っているよ」と、本とか嘘かのMCのあと、またジェフに捧げる曲8と、一番の仲良しであるサイモン・フィリップスに変な意味でインスパイアされた9。高中正義みたいなインストロメンタルの13

ドラムが、ショーン・キングストンを10歳老けさせたような太っちょのヴァレンタインという人だったのですが、メンバー全員が彼がお尻丸出し全裸で子供と風呂に入っている写真をルカサーを含むバンド全員が首掛けIDカード入れに入れてぶら下げていたというおふざけ付でした。

Ever Changing Times、諸行無常。TOTO,ボズ・スキャッグスのダブルヘッドライナーの時と同じく再びタイトルにして見ましたが、共に80年代の洋楽の主流部分を、一方は裏方から、他方は表舞台で支えていた二人。一方は回顧的なライヴ、他方は過去の遺産は受け継ぎつつ新しい挑戦をしようとしていたライヴ。対照的といえばそのとおりですが、いい音楽はいい音楽、理屈抜きに楽しみましょう。

ライヴリポートはまだまだ続く。

Steve_lukather_ever_changing_times

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)