シカゴ

2008年5月 5日 (月)

Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago(part 2)

もたもたしてたらシカゴネタも御大に先を越されてしまいましたが(*)、めげずに行ってみましょう。

 さて、前回の続き。20分間の休憩、セット換えを終え、シカゴの登場。 

 ヒューイ・ルイス&ニューズ同様、ホーンセクションが重要な役割を占めるグループ。しかし流石に、70年代初頭のブラスロックブームの時からその先頭に立っていた大ベテラン。ヒューイのバックのホーンセクションはステージ向って左手の奥にいたのですが、シカゴのブラスセクション、トロンボーンのジェームス・パンコウ、トランペットのリー・ローネイン、サックスのウォルター・パラザイダーは右手前面に並びます。この三人は、バンド結成以来40年、この位置を守り続けている。そのことに敬意を表して、健康に気をつけている話をするくらい、許してあげましょうよ。

Chicago Transit Authority

彼らの原点、デビューアルバム”Chicago Transit Authority”「シカゴ運輸局」(本当はグループ名もこうなる筈であり、セルフタイトルのつもりだった)からインストのかっこいい

Introduction

2 Questions 67 and 68のメドレーから。

“Questions…”は、最初の来日の時から、ピーター・セテラもずっとやっている、「幻の日本語バージョン」が披露されました。「オネガイ、オシエテオクレヨ…」ピーター・セテラが歌ったソノシートがあるとかないとか…

来日時に毎回歌っていても、憶え切れないのでしょうね。曲が終わった後、スタッフが出てきてロバート・ラムのキーボードの前とジェイソン・シェフの前から大きなカンペを剥がしていきました。

ピーターがシカゴに在籍していたのが18年、それにジェイソンが取って代わって22年、ジェイソンの方が長くなってしまいました。彼自身もヒット曲を書き、存在感もあります。

Chicago

3 Make Me Smile「僕らに微笑を」~

4        Color My World 「僕らの世界をバラ色に」

 ここもメドレーで。考えてみるとブラスロック時代のシカゴの曲の邦題には、エルトン・ジョンの次に「僕の…」何とかが多かったなあ。2枚目”Chicago” からの代表曲。

 “Color…”は数あるシカゴの曲の中でも最も素朴でシンプル。ピアノ、ドラム、ベース、ヴォーカル、フルートしか要りません。他は全員引っ込み、ヴォーカルをとるロバート・ラムもピアノはビル・チャンプリンに任せて前に出てきます。ベースのジェイソンも座ってしまいます。曲終わりのフルート・ソロは、ロバートが引っ込み、替わりにローネインが出てきて披露しました。

 ここでまた全員出てきて、パンコウがちょっとしたMC”I have a question for you(皆さんに質問があります)”と言って「イマナンジデスカ?」そして

5        Does Anybody Really Know What Time It Is?”

へ。「一体現実を把握している者はいるだろうか?」という大仰な邦題が付いていました。確かに深読みすればそういう内容に聞こえなくもないんですけど、正しくはパンコウの言ったとおり「今、何時何分か正確に分かってるやつなんかいるか?」が正しいですね。

 ここで飄々とヒューイが再登場し、見事にリードヴォーカルをとりました。そのまま、

6        I'm a Man

 ビッグバンドカバーやクリスマスアルバムなどの企画物を除いて、他人の曲のカバーを殆どやらないシカゴですが、これはTransit Authorityで録音したスペンサー・デーヴィス・グループのカバー。最近クラプトンとのコラボで新曲を発表して顕在ぶりを示したスティーヴ・ウィンウッドが16歳のときに作って歌った、とてもそんなに若かったとは思えない声のハリと黒っぽいノリで歌い上げた名曲。ピーターがいた時代には同じくスペンサー・デーヴィス・グループのもう一つの名曲”Gimme Some Lovin’”をライヴでよくやっていたようですが。

 この”I’m a Man”、とにかく誰でも参加できる曲なんです。マラカスでもパーカッションでも、リズム打楽器はいくらあってもいい、サビのコーラス、というかチャントに近い、も大合唱で、音程を外していても別に気づかれない、と言うわけで、ヒューイに引き続いてニューズの面々も全員再登場、思い思いの楽器を叩いて、叫んで、カーニバル状態でした。

 大人数の半分、ロバート・ラムも引っ込んで、ムードががらりと変わり、ギターのキース・ハウランドも座ってしまいます。

Chicago X

7        If You Leave Me Now「愛ある別れ」

X10枚目)から、76年、グループとしてはじめてのナンバー1ヒット、しかし今にして思えば転機になってしまった。ピーターの高音ヴォーカルとアコースティック12弦ギターのソロが印象的なバラード。それ以降の80年代の彼らの路線の布石となってしまった。しかし悪い曲じゃない。ジェフのヴォーカルもキースの12弦も、オリジナルそっくりに決まります。

Chicago VII Hot Streets

8        Call on Me「君は僕のすべて」

9        Alive Again

 またメドレーに戻り、VII7枚目)からのヒット曲と、「タキシードを破った」初代ギタリストのテリー・キャスが銃暴発事故で急逝し、初めてのメンバーチェインジ、初めてのプロデューサーの交代(ブラスロックが得意だったジェームス・ウィリアム・グルシオからビリー・ジョエルなんかを手がけたフィル・ラモーンへ)、アルバムに初めてタイトルをつけて、初めてシカゴのレタリングロゴではなく自分たちの写真をジャケットにした初物尽くし、78年の”Hot Street”から。メディアム・テンポの二曲をうまく繋げた感じ。

 ここでまたパンコウのMCが入り、「40年もやって、色々なことがあった。その中でも印象に残っていることの一つは、長いキャリアの中で最も売れたアルバムを出すのに、17枚もかかったことだよ」と、

Chicago 17

10    Hard Habit to Break「忘れえぬ君に」

11    You're the Inspiration

その84年の「17」からの2曲の大ヒットをメドレーで。これは彼らにとって第二期黄金時代というか、デヴィッド・フォスター、ビル・チャンプリンの得意路線、日本で言うAOR風お洒落バラード。これらが最も売れた、しかしこのような路線に走ったことに、今では多少の悔恨もあるという。この公演では、その「17」より新しい曲は演奏されませんでした(他の場所では演ったみたいですが)。

12    Beginnings

またファーストアルバムに戻り、ロバート・ラムも降りてきて12弦ギターを持ちます。これは僕が彼らの中で一番好きな曲かもしれません。彼らの「始まり」を飾った、12弦のストロークのイントロ、ブラスの絡み、綺麗なメロディで8分近く続く。そろそろ終盤戦か。

Chicago VI

13    Just You 'N' Me 「君とふたりで」

73年のVI(6)から。上の”…Inspiration”はこの曲と歌詞がよく似ています。でもまだバラードとはいえないミディアムテンポの曲。ギンギンのブラスロックで売っていた当時としては軟弱に聞こえたかもしれません。

Chicago V

14    Saturday in the Park

これも彼らの数多い代表曲の中の一つ、74日の歌、政治的メッセージも強かった72年のV(5)から。

15    Feelin' Stronger Every Day 「愛の絆」

 これもお馴染みの曲ですが、ここまでオリジナルのレコードではピーター・セテラが歌っていたパートはジェイソンが歌っていたのですが、ここではギターのキースがリードヴォーカルを取りました。彼もキーが高かったですね。

Chicago 16

16 Hard to Say I'm Sorry「素直になれなくて」 Get Away

 最後は、81年の「16」から、テリー・キャス逝去の後のスランプの時期から、デヴィッド・フォスターをプロデューサーに、新メンバーにビル・チャンプリンを迎えて、AOR路線で見事に復活した、賛否両論、だけど美しい代表曲でしめくくり。

 いったん引っ込みますが、再び登場、アンコールは

25 or 6 to 4 「長い夜」

 これがまだ残っていました。ブラスロック時代の誰でも知ってる代表曲。2枚目から。ピーターが去って新たなスタートとなった「18」でも改めて新バージョンで録音した、「それだけ彼らにとって大切な曲。午前4時に256分前。総立ち、大盛り上がりで閉めました。カーテンコールでは、メンバー全員が並んで、児玉清さんの「アタックチャンス!」のポーズで決めました(知ってるのかな?)。

 私が大きな会場のコンサートをあまり好きではない理由の一つに、ガードマンがさっと並んで、終わってもステージに近づくことができず、強請り物ができないことです。ところが人呼んでハイエナのハリー教授、転んでもタダでは起きません。客席側で操作していたミキサーさんと言葉を交わして、見事セットリストをゲットしました。さすが、お馴染みの曲がずらり、殆ど省略語か、一つか二つの単語でみんな分かってしまうのがすごい。

 ちなみにシカゴ、アメリカに帰ったあと、この夏のダブルヘッドライナーのパートナーは、ドゥービー・ブラザーズと決まっています。”Taking It to the Street”あたりを二グループ混じってジャムするのかな。この組み合わせでも観て見たいですね。

 あ、”Take Me Back to Chicago”「シカゴへ帰りたい」って、XI11枚目にはいっているマイナーヒット、彼らのテーマ曲じゃないかと私が勝手に思っている曲です。

Img_0146  

*5月「小林時々日記」より

ベスト・ヒットUSAのスタジオに

シカゴの二人がやってきた。
普通何かの宣伝でミュージシャンは

出てくれるのだが彼等は何もなし。
ウドーさんのおかげ!
「義理と人情」もロックなのか?
リー・ローネイン(トランペット)も
ジェイムス・パンコー(トロンボーン)も

60才台に入ってしまった。
レコード・デビュー40周年
41年前彼等はラスベガスのホテルで

ショーをやるかっこいいバンドだった。
オリジナルはやんない、有名曲のカバー・バンド。
全員タキシードを着て。
そのうちギターの故テリー・キャスが

一人暴走を始めた。
タキシードを破って着る。
表裏逆に着る。
この一人の反逆は他のメンバーに伝染し始めた。
タキシードも着なくなった。髪を伸ばし始めた。
やがてホテルから睨まれ、やめてしまった。
その年の夏、ビートルズの「

サージェント・ペパーズ」のアルバムが出た。
全員衝撃を受けた。
そしてバンドの向う方向がはっきりした。
あれから40年が過ぎ、
シカゴはグループとしてはビーチボーイズに次ぐ

影響力のバンドとなった。
実に30年振りの世界ツアーが

ヒューイ・ルイスを従え日本にきている。
リーもジェイムスも毎日楽器の練習をする。
何しろ楽器が楽器だ、

「ラッパの口」の筋肉を作っておかなければ。
それに肺活量も必要。
そりゃーなあ、若い頃は無茶やったよ。
セックス&ドラッグ&ロックンロール、
こんなに長くやるなんて思ってなかった。
今はミュージシャンの心境じゃないよ、
オレ達格闘技のファイターみたいだよ、
ジムで体鍛えるし、食べる物も気を使う。
それに病気、今、シカゴの第一関心事は

「健康」なんだよ。
あーヤダヤダヤダ、

シカゴからそんなハナシききたくなかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月24日 (木)

Heart of Rock'n Roll~Take Me Back to Chicago (Part 1)

何回連続でコンサートリポをやっているんでしょう?やっぱり書きやすいんでしょうね。

 今回も話題のシカゴとヒューイ・ルイス&ニューズのダブルヘッドライナーです。

 ダブルヘッドライナー形式、大流行で、いろいろな組み合わせでやられているようです。

 ちょっと前に単独来日していたナイトレンジャーは今度はファイヤーハウスと一緒に回ります。

 前回のネタだったボズ+TOTOもそうですね。

 以前に何回か取り上げた、DVDでも観られるスティクスREOスピードワゴン。最近はこれにデフ・レパードが入ったり入らなかったりしているようですが、これもそのまま日本で観てみたい組み合わせですね。

 組み合わせが成立するにはいろいろな事情があるのでしょうが、ボズ+TOTOみたいに、関係や音楽的共通性が多く見つけられるパターンだと、観る楽しみも倍増します。

 ここのところ毎年、シカゴはパートナーを換えつつ大きな全米ツアーをやっています。

 他にパートナーになったのは、アース・ウィンド&ファイア(EW&F)、アメリカ、リトル・リヴァー・バンドなどなど。

 シカゴ・ヴイエス・アース・ウィンド&ファイアー 「ライヴ・アット・ザ・グリーク・シアター」

EW&Fとの競演はLAでの公演をDVDで見ることができます。これは上の組み合わせの中でも最も良かったものではないかと思います。

 組み合わせ的にも、実は最も共通点があった二組ではなかったでしょうか。

 共にシカゴ(街の名前です。当然)が拠点。

 EW&Fのモーリス・ホワイトとシカゴのロバート・ラムはシカゴ大学の同窓生。

 共にブラスセクションが前面に出される音作りが特徴。

 シカゴのビル・チャンプリンはEW&Fのヒット曲 “After the Love has Gone”の作者。

 EW&Fは常にシカゴを意識していたという。78年、ビートルズの曲だけで繋ぐ、ピーター・フランプトン、ビージーズ三兄弟主演、RSOグループのマネジメントによる映画『サージェント・ペパーズ』の中で”Got to Get You into My Life゛を演奏するために出演する話は、実は最初はシカゴに行ったのだが断られたためEW&Fになったのだそうだ。そこでEW&Fは、もしシカゴがその曲を演奏するとしたらどうなるだろうか、ということを念頭にアレンジしたんだそうです。映画は大きくコケましたがEW&Fの登場場面と彼らのその曲は異彩を放っていた。

 そんなわけで、この2グループの競演はすごかったです。

 2バンドが同時に出てくるオープニングとクロージングは圧巻です。

 EW&F”In the Stone””Never, never my darlin, never will you be alone…”というコーラスと、シカゴの“Introduction””We can make it happen, yeah, we can make it happen”というコーラスを同時に掛け合いで演ってしまったり。この二つの曲がピタっとあってしまうなんて想像もできませんでした。

 それぞれのパートでも、リードヴォーカルの交換で、ビル・チャンプリンがEW&Fをバックに”After the Love…”を歌ったり、フィリップ・ベイリーがシカゴをバックに”If You Leave Me Now”「愛ある別れ」を歌ったり。このDVD70年代、80年代が好きな人には涙ものです。

 アメリカとは、ロバート・ラムが、アメリカのジェリー・ベックリー、ビーチボーイズの今は亡きカール・ウィルソンと共に Beckley-Lamm-Wilsonというユニットを組み”Like a Brother”というCDを発表したことがあります。でもその程度でしょうか。

 リトル・リヴァー・バンドと今回のヒューイ・ルイス&ニューズに関しては、そのような関連性が全く思い浮かびません。強いて言えば共にシカゴほどではないにせよ、やはりブラスとコーラスを重視しているグループ、といったところでしょうか。

 まあいずれにせよ、70年代、80年代に活躍していたグループの中から、スケジュールを睨みながら色々選んでいる、ということで、深く考える必要はないのでしょう。それを四の五のここまで引っ張る私は本当にロクな者ではない。

 さて、当日のコンサート。まずはヒューイ・ルイス&ニューズの登場です。

 ちなみに上記のダブルヘッドライナー全て、シカゴが後に登場しています。

 またEW&Fとの話に戻りますが、オープニングで必ず、どちらが先に演るかコイン投げで決めよう、とやって、2004年の48回の公演で、全て同じ結果が出てEW&Fが先になった、ということになっています。これはいくらなんでも嘘ですよね。コイン投げ約50回で全て同じ結果が出る確率は2の50乗分の1。天文学的数字になってしまう。そりゃそうでしょう。ただでさえ大人数のバンド二つなんですからセット換えの問題もあるし、順番は予め決めておかなければ。

 

SPORTS(紙ジャケット仕様) さて、真っ暗の中から心臓の鼓動が聞こえてきて、黒いシャツのヒューイが登場、やっぱり

 Heart of Rock & Roll

から始まりました。84年、彼らの人気を決定的にした金字塔アルバム”Sports”のオープニング曲。それ以来、彼らのライヴの第一曲目の座を一度も降りていないようです。ニュー・ヨークから始まって、アメリカ中の都市の名前が歌詞に出てきますが、肝心の「シカゴ」は出てこないんですよねえ。原曲は最後にクリーヴランド、デトロイト、と叫んでフェイドアウトしますが、デトロイトの替わりに「ナゴヤ!」と叫んで掴みにします。

 そのまま次の曲のイントロが始まり、「これは新しい曲だよ」と言いつつ、

Plan B

2 So Little Kindness

 新しい曲といっても、2001年の “Plan B”というCDに収められていた曲。7年前でも、それ以来はオリジナルアルバムが出ていないわけだから…

3 I Want a New Drug

4 Small World

 この2曲は完全にメドレー形式で。”Drug””Sports”からの2曲目のヒットで、同じ年に出てきたレイ・パーカーJrの「ゴーストバスターズ」は これの盗作だと騒がれ、リズムは確かに同じに聞こえるが、この”Drug”自体、リズムはM”Pop Muzik”から頂いている、などとちらほら。

Small World/Sports

 “Small…”の方は、88年のアルバムのタイトル曲。歯切れのいいキーボードから始まって、うまく繋がりました。

FORE!(紙ジャケット仕様)

5 Doin’ It All for My Baby

 “Sports”に続く、ノリにノッていた時期の86年の “Fore”から。こういう曲を聴くと、彼らはサンフランシスコ出身ながらウエストコーストロックの影響は少なく、ルーツは南部のメンフィスやニュー・オーリンズあたりのR&B、それにスワンプロックではないかと感じます。ブラス、特にサックスがブルージーですね。

6 The Power of Love

 ご存知、85年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のサントラから。映画の中でもマーティ・マクフライ役のマイケル・J・フォックスが学園祭の出演目指してバンドコンテストで演奏しますが、「ハイ、止めて、五月蝿いだけ、次!」と不合格を食らう。その審査員ですまして座っていたのがヒューイ自身だった。懐かしいですね。

7 Jacob’s Ladder

“Fore”から。87年の彼らの来日に前座で付いてきたブルース・ホーンズビーの曲ですね。

 ここでブラスセクションは引っ込み、バックの四人も楽器から離れマイクの前に横一列に並んで、「ここらでアカペラはどうだい?」と、

8 It's All Right

これはカーティス・メイフィールドやジェリー・バトラーがいたインプレッションズというグループがオリジナルで、ドゥーワップのスタンダードの一つです。やっぱりそういうところがルーツなんですね。かなり初期から彼らのライヴで一息つくときの定番になっていて、見事にオリジナルそっくりに決めます。

 そういえば、彼らがベストヒットUSAに初出演したとき、いきなり、やはりアカペラの定番で、山下達郎やティモシー・シュミットも演っているタイムスの”So Much In Love”をいきなり歌いだしたんですよね。

 彼らのコーラスワークは必ずしも綺麗だとは思わないのですが、音を外さない範囲でのある程度の荒さが、逆に60年代の南部R&Bの雰囲気を出していると感じます。

 またすぐ楽器の配置に戻って、終盤に突入します。

9 Heart and Soul

 “Sports”からの最初のヒット曲。オリジナルは”Kiss You All Over”のエグザイル(日本の同名グループとは関係ありません。もちろん)です。

10 But It's Alright

94年にR&B中心のカバーアルバム “Four Chorus and Several Years Ago”を出しますがその中から、スタックス・ソウルのエディ・フロイドの曲。ウィルソン・ピケットを髣髴とさせる曲です。

 ここまで、競演のシカゴへのエール交換が全くなかったのですが、この曲のホーンに“Does Anybody Really Know What Time It Is?”のフレーズを紛れ込ませていました。

11 We're Not Here for a Long Time (We're Here for a Good Time)

 「一番新しい」”Plan B”からの曲で、「アリガトーゴザイマシタ,ニホンゴカンタン」といったん袖に引っ込みます。

 アンコールに応えて再び登場

12 Back in Time

 さっきの映画「バック…」のエンディングテーマ。ここからシカゴの若い(といっても私と同い年らしい)ギター、キース・ハウランドが加わってきました。

13 Bad Is Bad

ここからビル・チャンプリンも登場、珍しくギターを持って出てきました。

  この曲は”Sports”に収録されている、レコードではドゥーワップっぽいアレンジですが、ライヴではよりアップテンポに、ヒューイのハーモニカも入ってサザンロックっぽくやります。ビルもリードヴォーカルを部分的にとりました。

 そして最後の最後

ベイ・エリアの風(紙ジャケット仕様)

14 Workin’ for a Living

 彼らがブレイクした82年の “Picture This”から労働者の歌。トレードマークのヒューイのハーモニカとブラスの大盛り上がりで、第一部の完全終了。セット換えのため休憩に入ります。

 彼らもベテランですがメンバーチェインジが殆どない、ヒューイと少年時代から付き合っている人たちばかり、そのチームワークのよさが改めて伝わってきました。

 考えてみれば、”Do You Believe in Love?””Stuck with You”,”If This is It”なんていう代表曲が聴けなかった(場所によっては演ったかもしれない)のですが、その分、彼らのルーツが前面に出ていたような選曲だったと思います。

 なんとシカゴのパートに全然届かず、こんなに長くなってしまいました。

 休憩時間明けの話はまた次回に。すぐ書きます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー ― オリジナル・サウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (0)