クイーン

2005年12月28日 (水)

Radio Ga Ga

2005年も押し詰まってまいりました。

一年365日、全てが何かの記念日になっています。1122日が「いい夫婦の日」だったり、無理やりの語呂合わせも多いですけど。

1228日は、なんと「ディスクジョッキーの日」なんだそうです。なぜかというと、「夜更けの音楽ファン、こんばんは、早起きの音楽ファン、おはよう、ゴーゴーゴーズオン」日本のDJの草分け、糸居五郎さんの命日だからだそうです。

糸居さんが引退されたのが81年で、亡くなられたのが84年。ちょうどベストヒットUSAやらMTVやらの登場の時期と重なり、音楽の受容方法の変化を象徴していたようです。

糸居さんはアメリカのDJよりもモア・ミュージック、レス・トークに拘り、選曲も自分、皿回しも自分、一曲でも多く曲を紹介するのがDJの務め、を座右の銘として、リスナーからの投書も音楽と関係なかったら一切読まない、そんなスタイルを貫いた人でした。

このDJというスタイル、アメリカ発信の文化かと思いきや、なんとルーツは日本なんだそうです。ラジオドラマとスポーツ中継が中心だった1930年代のアメリカの「ラジオ黄金時代」に対して、NHKが海外放送を始めたのが1935年で、その反響がすぐニューズウィーク誌にこう紹介されたそうです。「日本の放送は面白い。音楽あり、お喋りあり、天気予報あり、ディスクジョッキーとでも名付けてはどうか?」

安上がりの放送形態にアメリカの数多くの放送局が飛びついてあっという間に広まって定着して、それが60年代になって日本に逆輸入されたのだという。

B00006gfab01_sclzzzzzzz_ デーモン小暮閣下が、「聖飢魔ⅡがKISSの真似をしている?KISSのメイクアップは日本の歌舞伎をヒントにしているのだ、我輩たちが本流だ」とかつて言っていたのに似てるかな?

現在、このDJという言葉の意味そのものが変わりつつあるように、糸居さんの時代も、音楽に拘った糸居さんのスタイルから、ラジオが喋り中心に変わって、ラジオ・パーソナリティなんて言葉もできたりして、悩まれたのかもしれません。

二回前に引用した、アルクのFENガイド別冊の21年前の克也さんのインタビューで、克也さんのDJ観にも触れられていたので、また抜粋します。

問:克也さん自身はDJという職業に対する憧れはあったんですか?

克:十代くらいではありましたけど、今はDJはダサいって、長年DJをやってる人が思っていますよ。昔に比べてナウい商売じゃないってね。

問:どうしてですか?

克:給料よくないしね。アメリカのDJも、ほんの氷山の一角の人が年に1億とか2億とか稼いでいるけど、後はたかが知れているしね。アメリカは電波社会だから放送局も1万個くらいある。だから田舎の放送局に行くと、校内放送みたいな感じで、日曜日なんて誰も聴いてない。レコードも、すべて録音されているテープを回しているだけ。で、時間が来ると、地域のミニニュースを言ったり、「何とか商店で大売出し」みたいなコマーシャル流したりしている。だからDJは簡単に誰でもやれるけど、いい商売じゃないんですよ。本当に有名になった人にとってはいい商売だけど。

 僕が憧れていたのはアメリカのDJだけど、英語がわかってくると、結構くだらない仕事だな、と思ったのね。日本とアメリカはシステムが違うから比べること自体バカらしいけど、日本じゃアイドル歌手がやってるからね。DJやって食っていけないし、やること自体がおかしい。だから、DJは一つの目標だったけど、人生の目標はいろいろあっていいと思う。DJをバカにできるころは違う目標がありますよね。例えば俳優やってる人が、今度は演技してもダサくなって監督になろうとするんですよね。そういう意味で目標が変わっていく。

問:わかります、その気持ち。

克:だから僕にとって、もうDJは憧れじゃないんです。

 同じ頃、渋谷陽一氏も似たようなことを言っていました。

 「DJになりたい、と若い人からよく相談を受けるが、こう答えている。日本にDJという職業は存在しない。僕はDJじゃない、雑誌編集者だ。他のDJと呼ばれている人は、タレント、ミュージシャン、アナウンサーが片手間でやっているだけだ」

 確かに、糸居さんも正式な肩書きはニッポン放送アナウンサーだったかも知れない。克也さんは何だったんでしょう?

Dick_clark  その後、80年代半ばから日本でもFM局がやや増え、DJを中心に活動する人も増えましたが、結局彼らもそれ以外のタレント的な仕事に手を広げている人がほとんどで、中途半端な状態は変わってないように思います。でも別にアメリカのスタイルがいいとは思いません。ディック・クラークもウルフマンも他に商売の手を広げていたわけですし。でも、誰でもできる敷居の低さは、音楽が好きな人にとっては魅力かもしれません。

 B000000obl01_sclzzzzzzz__1            

  今年の最後はクイーンも来たことですしあの曲で閉めましょう。

Radio, what’s new? Radio, someone still loves you.

パラノイア阿南でした。皆様、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 3日 (木)

All Right Now~The Show Must Go On

先週のZIPの「言論の自由」では思いがけなく電話が繋がってしまい失礼いたしました。

しかし僕はあのコーナーに5回繋がって、審査対象楽曲を「好き」と言ったためしがありません。ちなみに僕が繋がった時の審査対象楽曲は

Dr. Bombay 「S.O.S

Me & My 「Dub-i-Dub-i

The Beatles 「The Long and Winding RoadLet It Be Nakedより)」

Daddy Yankee 「Gasolina

そして今回の森山直太郎。5回のうち3回がいわゆる「キワモノ」曲で、4回が、レギュラーではなく特集番組とかで2回目にリスナーの意向を調査した機会。僕のキワモノ嫌いは克也さんもご存知でしょうが。ビートルズあたりは好きと言いたかったんですけどねえ。「オリジナルに比べて嫌い」という条件付きでしたが。好きだと言いたい曲が対象になることもありますが、そういう時はあまり熱心にかけません。やっぱり捻くれてるかな。

 さて、先週の続き。行ってきてしまいました。111日のナゴヤドーム。クィーン+ポール・ロジャース。

 自宅から10分の距離の場所で、昔から好きなアーティストの大きなイベントを観れるのはいいですねえ。エルトン・ジョン&ビリー・ジョエル、イーグルス、いろいろ観ました。肝心の野球にはそれほど行ってません。まだそれほどドラゴンズを好きになっていないもので。

 「名古屋飛ばし」という言葉がありますが、今回は、埼玉、横浜各2回、名古屋、福岡という布陣で、「大阪飛ばし」でした。なぜでしょう。

 感想ですが、前回書いたことの延長なんですけど、ライブはすごく楽しめました。しかし後になって、彼らがあれをやった目的はなんだったのか、改めて考えてしまいました。

B000amjege01_sclzzzzzzz_  東郷かおる子さんは言う。金のためではない、なぜなら彼らは十分に金持ちだからだ、あれは彼らのミュージシャンとしての「夢の続き」なのだ、と。

 確かに彼らは別のバンドになっていました。選曲でフレディ色は極力排除する方向だったようで、クイーンのヒットパレードをやりたいなら当然入ってくる Killer Queen Somebody to Loveなどは演奏されず、John Deacon作のMy Best Friend Another One Bites the Dust「地獄へ道連れ」なんかも聴けませんでした(これらは別会場では演奏される可能性はあるようですが)。ポールもフレディ作品を歌うときはオリジナルの歌い回しを真似ることはぜず独自の解釈を展開していました。選曲はブライアン、ロジャー作品が中心だったと思います。またフリー、バッドカンパニーの曲も4曲も演奏されて、実は僕が行くことを決心した理由もバッドカンパニーの曲をナマで聴けるからで、僕が一番ノッていたのは他の聴衆が静かだったFeel Like Making Love Can’t Get Enoughでした。やっぱり捻くれてる。

B000002iit01_sclzzzzzzz_  しかし、そのように違う道を模索するなら、なぜそこまで昔の曲ばかりやるのか、なぜフレディをスクリーンで登場させるのか、というところが疑問でした。前回と同じ結論になってしまいますが、フレディのクィーンと決別するなら、彼らの新しいプロジェクトに期待したい。その時は、Rodgers-May-Taylor、みたいな名前でやってほしい、彼らならできる、と改めて思っています。 B000000oa801_sclzzzzzzz__1       

 前回の修正ですが、「手をとりあって」の日本語部分やI Was Born to Love Youを歌ったのはポールではなくブライアンでした。やっぱり個人的にはBornは必要なかったと思ってます。

 ちなみに今回は、ロンドンでのライブ模様を収録したDVDがあって、日本の洋楽DVDとしては記録的な売り上げになっているようですが、それを事前に観てしまいました。本業の「先生」として授業の予習は奨励しますが、ライブは、アーティストの曲を前もってわかっているのはいいですが、内容そのものを予習するのはよくありません。反省。

 今回のタイトルの二曲はアンコールで演奏されました。今の彼らはとりあえずオーライだよ、でも彼らのショーにはまだ続きがあるはず、と。ちなみに演奏された曲順は逆でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年10月26日 (水)

We Will Rock You!

23日のZIP HOT 100の「今日は何の日」で、「ピンボールの魔術師」Pinball Wizardがかかりましたが、Whoと紹介されましたが、かかっていたのはエルトン・ジョンのカヴァーヴァージョンのやつでしたよ。放送中に入れられたらよかったんですけど、今週、日曜日に仕事が入っていて、後で録音で聴いたんです。ごめんなさい

さて、今週の24日、ついに来てしまいましたねえ。

クィーン+ポール・ロジャースです。

 もともと賛否両論あったこの再結成でしたが、ライブが始まると評判はいいようで、批判は消えたようです。でも僕は正直言ってまだしっくりきていないんですけど。

 僕はポール・ロジャースというと、フリーは後になって聴いたんですけど、バッドカンパニーは同時代に聴いていて、すごく好きでした。フレディ・マーキュリーとも、音域も声質も違うような気がします。

B00004ytwm01_sclzzzzzzz_  それに、来日会見の模様もちょっと見たんですけど、日本公演に向けてサービスたっぷりで、日本のファンに向けた独自の選曲ラインアップになるとのこと。「手をとりあって」はいいんですけど(ポールもこの曲のために無理やり日本語を練習させられたんじゃないかなあ)、I was Born to Love Youを演るのはどうかなあ。いくら日本ではドラマやテレビCMに使われて良く知られているといっても、あれはもともとフレディのソロの曲、それを後に他のメンバーが音入れをしたというだけで、ポールには二重に関係ない曲になるはず、それを演るのはちょっとねえ。しかもブライアンが会見でキムタクのまねをして、「メイビー」と言ったとか言わないとか。僕としてはクィーンはあまり人に媚びない孤高のバンドのイメージが残ってますので、それがちょっと崩れてきています。

 以前に、スティクス、ジャーニー、シカゴ、アンブロージァなんかが、全盛期を担ったヴォーカルが抜けた後、そっくりの声の無名のヴォーカリストを擁して再結成するのがパターンになっていると書きましたけど。

 クィーンの場合は、ヴァン・へーレンがかつてデヴィッド・リー・ロスが脱退した後にサミー・ヘイガーを加入させたのと同じように、既にヴォーカリストとして名前が確立している人を後釜に据えるパターンで、こうなってきますと、ヴァン・へーレンをそう思ったんですけど、以前のテイストを色濃く残した別のバンド、になってしまうと思うんですね。クィーンやフレディみたいなビッグネームになると、取って代わるものはなく、フレディがいない以上、別の切り口を打ち出すしかないのでしょうね。クィーンもこのメンバーで新曲を録音するなら、それに期待したいと思ってます。克也さんはインタヴューできるのでしょうか。

B00092zmdy01_sclzzzzzzz_  そこへ行くと、昔ながらのメンバー(多少の出入りには目を瞑るとして)でやっているベテラングループ、ストーンズ、エアロスミス、フリートウッドマック、イーグルスなどは考えてみると凄いですね。イーグルスは新曲 No More Cloudy Daysが上がってきたし、「さよならツアー」をもうかれこれ足掛け三年やっている。まるで十回近く引退宣言したあと必ず復帰したモハメド・アリみたい(笑)

先週は、克也さんと誕生年が同じ、僕と誕生日が同じのレオン・ラッセルも来たようですし。おじさんロック、健在なり、です。

ポールは来日会見で、We Will Rock You!あんたらをノックアウトするぜ、といったようです。もう気分は完全にメンバーの一人なんですね。 0d24b340dca0a40b84c81010l この曲は、スポーB00004wzkv01_sclzzzzzzz_ B000002hm801_sclzzzzzzz__1 ツの大きな大会でもよく使われるし、Fiveやリンダ・ロンシュタットなんかもカバーするし、凄く有名になってしまいましたが、同時代に聴いていた同時代に聴いていた僕としては、アルバム「世界に捧ぐ」の中で「伝説のチャンピオン」の前奏曲扱いで、シングルでもその曲のB面だったイメージが強いんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)